サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~12/7

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 207件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/12/13
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391633-0

紙の本

踏切の幽霊

著者 高野 和明 (著)

都会の片隅にある踏切で撮影された、一枚の心霊写真。雑誌記者の松田は、読者からの投稿をもとに心霊ネタの取材に乗り出すが、やがて彼の調査は幽霊事件にまつわる思わぬ真実に辿り着...

もっと見る

踏切の幽霊

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

都会の片隅にある踏切で撮影された、一枚の心霊写真。雑誌記者の松田は、読者からの投稿をもとに心霊ネタの取材に乗り出すが、やがて彼の調査は幽霊事件にまつわる思わぬ真実に辿り着き…。『別冊文藝春秋』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

第169回直木三十五賞候補作
『ジェノサイド』の著者、11年ぶりの新作!


マスコミには決して書けないことがある――

都会の片隅にある踏切で撮影された、一枚の心霊写真。
同じ踏切では、列車の非常停止が相次いでいた。
雑誌記者の松田は、読者からの投稿をもとに心霊ネタの取材に乗り出すが、
やがて彼の調査は幽霊事件にまつわる思わぬ真実に辿り着く。

1994年冬、東京・下北沢で起こった怪異の全貌を描き、
読む者に慄くような感動をもたらす幽霊小説の決定版!【商品解説】

著者紹介

高野 和明

略歴
〈高野和明〉脚本家、小説家。「13階段」で江戸川乱歩賞、「ジェノサイド」で山田風太郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。ほかの著書に「幽霊人命救助隊」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー207件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

余韻…

2023/01/16 17:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:P - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルや心霊写真から敬遠していたのですが、先が気になり一気読みして切ない余韻に浸っています。
若くして殺されるまで一瞬でも幸せな時があったのだろうか?と思われる女性ですが、最後に松田さんによって救われたのではないかと思いました。読んで良かった作品です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あるいみ、感動的な幽霊譚

2023/07/03 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

幽霊の話が、おどろおどろしく始まり、いつの間にかミステリーとなっていく。被害者が身元不明人の殺人事件に、途中でたどり着くのだが、作り笑いしか写真や印象が残ろなかった謎も、次第に明らかになる。幽霊が関わる不思議な展開になるのだが、なぜかとても現実味があるような気がした。幼いころに楽しいことがあまりないと、作り笑いをするだけの大人になってしまう悲しさは、心に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホラー小説ではなくゴースト・ストーリー。

2023/02/12 00:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌記者である主人公は2年前に妻を亡くしたことで、生きる気力や希望を失っている。
仕事に対する以前の様な熱意は見る影もなく、淡々と日々の業務を繰り返していると編集長から直々に心霊現象の取材を依頼される。
取材を進めていくと、東京の下北沢三号踏切に女性の幽霊が出没するという情報が。
幽霊となった人物は一体誰なのか。なぜその場所に出没するのか。どうして死んでしまったのか。

この謎を解くことが本作のメインストーリーとなってくるのだが、どの情報をどのタイミングでどこまで提示するのか、が完璧に管理されており我々読者はなかなか点と点を結びつけることができない。
この歯がゆさを解消したいという思いを胸にページを繰る手が止まらなくなるはず。
思わぬところに張り巡らされた伏線も随所にあり、ミステリー小説として非常にフェアで質が高いのだ。
「13階段」や「グレイヴディッガー」、「ジェノサイド」といった傑作を世に送り出した高野和明による11年ぶりの新作だけあって、期待していたが見事その期待に応えてくれた。

そして本作の特筆すべき点は、ゴースト・ストーリーでありながらも社会派ミステリーでもあるということ。
恐怖の対象としての幽霊ではなく、死者を悼む気持ちや社会から搾取され続けた報われない人々の存在を浮き彫りにするための幽霊なのだ。
そのため本作には恐怖よりも哀切な雰囲気が常に漂っている。
また、一人の人間の人生を追うことで、歪な社会の構図が見えていくという物語の構成は宮部みゆきの「火車」を彷彿させるだろう。
亡くなった妻を想い続ける主人公が辿り着いた幽霊の正体とは。
そして彼がそれを知った後にどう行動するかを是非見届けてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽霊の名前を探す

2023/06/01 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

心霊写真と映像が残る踏切の事を調べ始めた雑誌記者たちは、やがて殺人事件とその裏に隠された取引へとたどり着きます。
そこそこ幽霊話としても怖いし、凶悪な事件の醜悪さと、踏みにじられる女性たちの悲哀もあり、さまざまな要素が絡み合った展開でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽霊小説

2023/05/30 04:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

高野作品なので、期待大。最初は、普通の幽霊小説かと思っていたが、読み進めていくと、どんどん面白くなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サスペンスドラマの雰囲気

2023/05/17 10:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

高野和明さんの作品は乱歩賞受賞作の「13階段」の頃に何冊か読んで以来久々でした。タイトルや表紙でホラーっぽさを煽っていますが、探偵役にあたる雑誌記者が少しずつ真相に近づいていく展開は、1990年代という舞台設定もあって、サスペンスドラマの雰囲気を感じさせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホラー小説や怪奇小説というよりは、サスペンス系?

2023/02/28 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題になっていたので。あらすじからノンフィクションかと思っていたら普通に小説だった…w
幽霊の目撃情報から殺人という真相と陰謀が判明するという展開なのだけど、実行犯が幽霊を見て発狂したり、殺害を指示した黒幕は被害者の死亡時刻に死んだりと、記者である主人公が関わる事で被害者の復讐が進んでいくという、ある意味正統派のホラー小説だった。ただ新聞記者が真実を探っていく内容で彼の前には幽霊はほぼ出てこないので、どちらかというと社会派なサスペンス系…かな? ホラー小説だと期待すると肩透かしかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/08/17 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/11 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/22 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/28 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/12 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/15 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/02 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/23 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。