サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 絵本の通販
  5. 玉川大学出版部の通販
  6. あしたの動物園 熊本市動植物園のおはなしの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2023/01/18
  • 出版社: 玉川大学出版部
  • サイズ:31cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-472-05994-0
絵本

紙の本

あしたの動物園 熊本市動植物園のおはなし (未来への記憶)

著者 野坂 悦子 (作),いたや さとし (画)

2016年4月に熊本を襲った大地震。動物園も大きな被害をうけ、休園に。そのとき飼育員のセイさんの頭に浮かんできたのは…。動物園の復活までの日々を飼育員の目を通して描き、い...

もっと見る

あしたの動物園 熊本市動植物園のおはなし (未来への記憶)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2016年4月に熊本を襲った大地震。動物園も大きな被害をうけ、休園に。そのとき飼育員のセイさんの頭に浮かんできたのは…。動物園の復活までの日々を飼育員の目を通して描き、いまある命、未来の命を守る大切さを伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

2016年4月、熊本をおそった大地震。動物園も大きな被害をうけ、休園となってしまいます。そのとき飼育員のセイさんの頭にうかんできたのは、ある光景でした……。動物園の復活までの日々をひとりの飼育員の目をとおして描きながら、いまある命、そして未来の命を守る大切さを伝えます。「未来への記憶」シリーズ第4弾。【商品解説】

目次

  • あしたの動物園
  • 災害と動物園

著者紹介

野坂 悦子

略歴
〈野坂悦子〉東京都生まれ。オランダの子どもの本と文化の紹介に力を注ぐ。
〈いたやさとし〉埼玉県生まれ。ボローニャ国際絵本原画展入選を機に絵本や児童書の挿絵を中心に活動。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

動物園は何度行っても楽しい

2023/08/27 07:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬や猫、小鳥といったペット類は私たちの身近にいる動物です。
 牛や馬、鶏といった家畜類も、私たちの生活に欠かせない動物です。
 では、動物園で飼育されている動物たちはどうでしょう。
 やっぱり私たちの生活を潤わしてくれる動物たちに間違いありません。
 そんな動物園の動物たちが時にとてもひどい仕打ちを受けることがあります。
 それは、戦争の時。
 動物園にいるライオンなどの猛獣は処分された悲しい体験があります。
 日本で6番めに開園した古い動物園である熊本市動物園(現在は「熊本市動植物園」でも、
 戦争中に同じことがありました。
 そして、戦争以外にも地震などの大きな災害の時、
 動物園は休園しなくてはいけない時があります。

 絵本『あしたの動物園』(作 野沢悦子/絵 いたやさとし)は
 2016年4月14日と16日に起こった熊本地震で休園を余儀なくされた
 熊本市動植物園がどう動き、どう再開していったかを描いた物語です。
 そして、動物たちを一時的に避難させた際に
 戦時中の悲しい話も描かれていて、
 動物園と私たちの関係性がきちんと描かれていきます。

 野坂さんの文章は丁寧な取材と熊本市動植物園の協力もあってとてもわかりやすく、
 それでいてきちんと物語となっています。
 そして、いたやさんの絵は動物たちの姿だけでなく、
 動物園の飼育員の皆さんや来園客の楽しそうな表情もほのぼのとして
 物語ととてもよく合っています。

 たくさんの時を経て、動物園の姿も動物たちとのかかわりも変化しています。
 この絵本から「あしたの動物園」を夢見るものいいかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/06/24 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/27 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/04 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。