サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/05/30
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:20cm/264,35p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1651-8

紙の本

樹盗 森は誰のものか

著者 リンジー・ブルゴン (著),門脇 仁 (訳)

原生林で盗伐事件に出会った著者が、違法木材市場の深い闇を暴く。環境保護・地域社会・文化の絡みを深掘りし、陰謀、犯罪、森林の内部に隠された真実に迫る。北米で出版されるや、大...

もっと見る

樹盗 森は誰のものか

税込 2,970 27pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原生林で盗伐事件に出会った著者が、違法木材市場の深い闇を暴く。環境保護・地域社会・文化の絡みを深掘りし、陰謀、犯罪、森林の内部に隠された真実に迫る。北米で出版されるや、大きな反響を呼んだ異色の環境リポート。【「TRC MARC」の商品解説】

ロビンフッドの時代から、木を盗むことは根の深い抗議行動である。

北米の原生林を守るための自然公園の拡張によって立ち退かされ、
追いやられる地域社会の奥深くに暮らす樹盗に寄り添って
口述史家として取材することで生まれた深掘りノンフィクション。

深く調べつくした取材、異彩放つ人物たち、森林伐採史、政策分析、最新の樹木科学。
陰謀、犯罪、そして森林の内部に隠された信じがたい複雑性へのスリリングな旅へ読者を誘う。

【賛辞および書評より抜粋】

善意ではあるが熱心すぎる環境保護主義の危険性についての、
さわやかで思いやりのある警告(ニューヨーク・タイムズ)

誰が本当に野生の土地を所有し、誰がそれで生活することを許可されているかについて、
歴史と現地を自分の足で歩く調査ジャーナリズムの魅力的なブレンド(Kirkus Reviews)

フットワークで稼ぐジャーナリズムと口述史との魅惑的な融合。
原生自然は誰のものか、誰がそれを生活の糧にできるのかといった、古くからの悩ましい問題を果敢に掘り下げる。
本書は名著の役割をしっかりと果たしている。読者の心を広げ、深め、より繊細にするという役割を。
――ロバート・ムーア(『トレイルズ』の著者)

著者は、盗伐者、密採者、資本家を追いながら、物怖じせずに刑事の役目までこなし、
複雑で隠蔽された木材闇市場の世界に光をあてる。
人目を忍んで盗まれる樹木と、その木が倒されたことの影響は森林だけにとどまらない。
本書はそのことへの証左である。
――ハーリー・ラスタッド(『Lost in the Valley of Death』の著者)【商品解説】

目次

  • 主な登場人物
  • プロローグ―メイクリークの闇の中で
  • 第1部 根(ルーツ)
  • 第1章 乱伐
  • 原生林で盗伐事件に出会う
  • 10億ドルの違法伐採取締りがむずかしい理由
  • 森の圧倒的な美しさに囲まれて暮らす人びとがなぜ盗伐を?

著者紹介

リンジー・ブルゴン

略歴
〈リンジー・ブルゴン〉カナダのブリティッシュ・コロンビア州を拠点とするライター、口述史家。環境と、歴史、文化、地域社会に根差したアイデンティティとの絡み合いについての執筆が多い。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2024/02/12 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。