サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/05/06
  • 出版社: エクスナレッジ
  • サイズ:26cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7678-3140-4
  • 国内送料無料

紙の本

最高の建物と街を描く技術 (建築知識)

著者 建築知識

マテウシュ・ウルバノヴィチ、大童澄瞳、吉田誠治、よー清水、藤ちょこ…。建築設計・イラスト・マンガ・アニメ、各界から集結した50人のプロが教える「ひと味違う」と思わせるため...

もっと見る

最高の建物と街を描く技術 (建築知識)

税込 3,520 32pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マテウシュ・ウルバノヴィチ、大童澄瞳、吉田誠治、よー清水、藤ちょこ…。建築設計・イラスト・マンガ・アニメ、各界から集結した50人のプロが教える「ひと味違う」と思わせるための背景作画術。『建築知識』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

建築のプロ×イラスト、マンガ、アニメのプロ=無敵の背景画。

建築誌ならではの視点でつくられた背景画・パース特集として話題になり、
専門誌としては珍しい重版出来で注目された「建築知識」2019年10月号が、
その続編となる2021年6月号と合体してパワーアップ!

「ハリボテみたいな背景になってしまう」
「実際の建物を参考にしたいけど、”あの部分”の名前が分からないから調べられない!」
「キャラクターが背景から浮いてしまう」
「階段や屋根が描けない!」…etc.
その悩み、建築が分かれば全部解決します。

絵がうまい人ほど、情報収集能力と観察眼に優れているもの。
「それっぽい」建物や街並みを描きたいなら、実際の建築がどんなルールでできているかを知るのが一番の近道です。

本書では、リアリティのある建物と街を描くコツを「建築の知識」と「表現技法」の両面から紹介。
リビング・和室などの内観、木造とRC造の外観の違い、照明の配置方法、屋根・窓などの部位ごとのつくりから、
それらが街を形づくる時のルール、はたまた神社・江戸時代・学校など住宅以外のシチュエーションまで、建物を表現するなら知っておきたい寸法・名称・知識をさまざまな切り口でまとめました。

もちろんパースと構図の基礎や、遠近法の種類、陰影と色のつけ方、モチーフの配置方法などイラストの魅力を高める作画のコツも満載。
この1冊で「知識」と「表現」の両方から幅を広げれば、背景画は怖いものなし!

イラスト、アニメ、3Dモデル、プレゼンパース、小説…すべてのクリエイター必見、
いざという時に必ず役立つ、"最強の背景画"テクニック集の永久保存版です。


【豪華執筆陣を一部紹介(敬称略)】
アーティスト/マテウシュ・ウルバノヴィチ(「君の名は」背景美術、画集『東京夜行』など)
背景グラフィッカー/吉田誠治(ワンドロ、『ものがたりの家』など)
コンセプトアーティスト/よー清水(『絵がふつうに上手くなる本』『「キャラ背景」描き方教室 』など)
漫画家/大童澄瞳(『映像研には手を出すな!』など)
イラストレーター/藤ちょこ(『彩幻境』『極彩少女世界』など)
アニメ美術設定/谷内優穂(「東京リベンジャーズ」「進撃の巨人」など)
漫画アシスタント/MAEDAX(アシスタント背景美塾塾長、『MAEDAXの背景萌え!』など)
画家/塩谷歩波(『銭湯図解』『湯あがりみたいに、ホッとして』)
漫画家/殿ヶ谷美由記(『だんだらごはん』『氷属性男子とクールな同僚女子』など)
一級建築士/遠藤慧(ホテルスケッチ)
イラストレーター/埜々原(#萌え建築、ゲーム「断崖のカルム」など)
建築イラストレーター/山田雅明(日建設計イラストレーションスタジオ前室長)
ほか多数【商品解説】

目次

  • 1章 ルールがわかれば建築が描ける
  • イマドキな木造住宅を描く/おしゃれなRC造マンションを描く/建築基準法を意識して街を描く/屋根のパースをとる/屋根の表現にバリエーションをつける/開口部の描き方/和室のモジュールと寸法/和室で使える添景/洋室のモジュールと寸法/洋室で使える添景① 洋室で使える添景②/階段の描き方/移動空間のモジュールと寸法/移動空間で使える添景/キッチンのモジュールと寸法/水廻り空間のモジュールと寸法/水廻り空間で使える添景/屋外空間のモジュールと寸法/屋外空間で使える添景
  • 2章 リアリティを演出する作画術
  • 陰影表現の基本を知る/陰影は色味を統一する/陰影を効果的に用いてドラマチックに/昼夜の光の変化を魅せる/温かみのある懐かしい住宅の明かり/にぎやかな店舗の明かりを表現する/色彩の基礎知識を身につける/ロジカルに着色する/色彩遠近法で統一感とメリハリを!/遠いほど青く見える「レイリー散乱」/空気が白くかすむ「ミー散乱」/知っておきたい画材と道具/目的ごとにタッチを使い分ける/物体の質感を色で表現する/ライティングをモノクロ変換で確認/寒色系線画で細密イラストを引き立てる/線画は描き込みを少なくシンプルに/線画のみで世界観を構築/線画を活かして着彩する/今すぐ使える「コピックスケッチ」テクニック/色鉛筆はハッチングで素材感・立体感を出す/透明水彩は着色の順序が大切/ウェット・イン・ウェットで繊細さを演出/材料のエイジングを描く/質感を描き分ける/建物を際立たせる雲の表現/添景は戦略的に配置する/添景を置いてはいけない場所もある/空間表現はスケール感に注意!/添景は大まかなかたちを捉える程度に描く/生活感は小物に語らせる/人はモジュールで描き分ける/街並みにモブを描き込む/建物の魅力を高める植栽の描き方①/建物の魅力を高める植栽の描き方②/樹木は幹と葉の比率が決め手/樹木を重ねて高低差を表現する/ハイライトで生き生きとした植物を描く/自然描写で土地柄を表現する/添景で心地よいごちゃまぜ感を演出する/家具は細部の描写と陰影が鍵/アニメーションの美術設定に学ぶ世界観の出し方
  • 3章 舞台設定別建築の知識と演出の技術
  • 江戸時代の街並みを描く/雰囲気のある神社を描く/レトロな建物を描く/レトロ団地は狭さと生活感で表現/あえての野暮ったさが懐かしさになる/設備を描いてリアリティを出す/典型的な学校の普通教室/最先端の教室にアップデート/学校の理科室を描く/学校の保健室を描く/宿場町のつくり/港町のつくり/城郭と城下町のつくり/ニュータウンのつくり/ファンタジーの建物を創作する/オリエンタルな雰囲気を演出する
  • 4章 図法と構図の基礎知識

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

建築も学べる

2023/08/19 08:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梅亜蘭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本では背景画を寸法や構造などの建築学の面からも学ぶことができ、ただただ絵がかけるようになるのではなく、意味のある背景が描けるようになると思うのでオススメします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。