サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン(1004-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/05/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-532129-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史 (講談社現代新書)

著者 辻田 真佐憲 (著)

右派も左派も誤解している、神話に支えられた「大日本帝国」の本当の姿とは。「原点回帰」「特別な国」「世界最古」といった5つの「罠」の観点で、戦前の「国威発揚」の物語を批判的...

もっと見る

「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史 (講談社現代新書)

税込 1,078 9pt

「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史

税込 1,023 9pt

「戦前」の正体 愛国と神話の日本近現代史

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 19.8MB
Android EPUB 19.8MB
Win EPUB 19.8MB
Mac EPUB 19.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

右派も左派も誤解している、神話に支えられた「大日本帝国」の本当の姿とは。「原点回帰」「特別な国」「世界最古」といった5つの「罠」の観点で、戦前の「国威発揚」の物語を批判的に整理。【「TRC MARC」の商品解説】

神武天皇、教育勅語、万世一系、八紘一宇……。
右派も左派も誤解している「戦前日本」の本当の姿とは?

神話に支えられた「大日本帝国」の真実。
「国威発揚」の物語を検証するーー!


「筆者はここで、同じく昨年、凶弾に斃れた安倍元首相が唱えた「日本を取り戻す」「美しい国」というスローガンを思い出さずにはおれない。それはときに戦前回帰的だといわれた。
 だが、本当にそうだっただろうか。靖国神社に参拝しながら、東京五輪、大阪万博を招聘し、「三丁目の夕日」を理想として語るーー。そこで取り戻すべきだとされた「美しい国」とは、戦前そのものではなく、都合のよさそうな部分を適当に寄せ集めた、戦前・戦 後の奇妙なキメラではなかったか。
 今日よく言われる戦前もこれとよく似ている。その実態は、しばしば左派が政権を批判 するために日本の暗黒部分をことさらにかき集めて煮詰めたものだった。
 つまり「美しい国」と「戦前」は、ともに実際の戦前とはかけ離れた虚像であり、現在の右派・左派にとって使い勝手のいい願望の産物だったのである。(中略)
 このような状態を脱するためには、だれかれ問わず、戦前をまずしっかり知らなければならない。」 (「はじめに」より)


【本書の構成】

第1章 古代日本を取り戻す   明治維新と神武天皇リバイバル
第2章 特別な国であるべし   憲法と道徳は天照大神より
第3章 三韓征伐を再現せよ   神裔たちの日清・日露戦争
第4章 天皇は万国の大君である 天地開闢から世界征服へ
第5章 米英を撃ちてし止まむ  八紘一宇と大東亜戦争
第6章 教養としての戦前    新しい国民的物語のために


【本書の主な内容】

・「新しい戦前」と「美しい国」の共通点
・「神武創業」に新政府がこだわった意図
・「建国記念の日」が生まれた背景
・君が代はなぜ普及したのか?
・明治維新は「中世キャンセル史観」
・神武天皇に似ている「あの人物」
・フェティシズムとしての教育勅語
・女子天皇・女系天皇を排した井上毅
・忘れられる神功皇后と理想の女性像
・神社参拝は軍国主義的なのか?
・「東京」の名付け親・佐藤信淵
・天地開闢とイザナミ・イザナギ神話
・「弱小国家コンプレックス」が生んだ妄想
・戦意高揚に貢献した北原白秋と山田耕筰
・実証なき物語は妄想、物語なき実証は空虚   ……ほか

【商品解説】

目次

  • 第1章 古代日本を取り戻す   ーー明治維新と神武天皇リバイバル
  • 第2章 特別な国であるべし   ーー憲法と道徳は天照大神より
  • 第3章 三韓征伐を再現せよ   ーー神裔たちの日清・日露戦争
  • 第4章 天皇は万国の大君である ーー天地開闢から世界征服へ
  • 第5章 米英を撃ちてし止まむ  ーー八紘一宇と大東亜戦争
  • 第6章 教養としての戦前    ーー新しい国民的物語のために

著者紹介

辻田 真佐憲

略歴
〈辻田真佐憲〉大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。評論家・近現代史研究者。著書に「防衛省の研究」「超空気支配社会」「古関裕而の昭和史」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ネタがベタになる」が深い

2023/06/20 21:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新を達成するために編み出した庶民を納得させる方便、「復古」はそもそも「よくわからない」神代を持ち出すことで成り立っていた・・・というのが面白かった。そして、最初は方便だったのに、だんだん言い出した方がそれに縛られて・・・・という流れも、的を射ているのではないかなと思います。
そういう意味では天皇家の万世一系もこの類かも。これに縛られて、いつか日本国民は天皇家という存在を手放すことになるのではないかと心配しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神話を侵略に利用した政治家たち

2023/07/03 11:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の神話は著者が言うとおり豊穣である、でも日本をどん底に突き落とした戦前の右翼政治家たちは「古代日本を取り戻す」「三韓征伐を再現せよ」「天皇は万国の大君である」と、その豊穣な神話を曲解して利用した、先に銃弾に倒れたあの人も同じ穴の貉だったかもしれない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本筋からは外れるが

2023/05/22 14:21

16人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は皇紀より西暦の方が「合理的」だと書いているが、同じ講談社現代新書から出ている「聖書vs.世界史」を読んでいるのだろうか?西暦なるものは「教会の迫害者」であるディオクレティアヌスの即位を元年としてディオクレティアヌス暦を使って、年ごとに日にちが変わる復活祭の表が時間切れになるので、新たに「教会の迫害者」ではなく「主イエスの誕生」から年を数える紀年として生まれた暦だ。「聖書vs.世界史」にあるように当時の伝承を元にして算出された暦であり、新約聖書には何の根拠もない。おそらくタイムマシンでも出来ない限りはナザレのイエスの誕生年度は分からないのではないか。著者は「聖書vs.世界史」を知らないのか、それとも長谷川三千子とは大学の同僚で、「バベルの謎」のあとがきに名前が出て来るので忌避したのか。西暦の根拠の無さには気がついているらしいが、それならキチンと書くべきだ。
 それ以外は幻冬舎新書から出ている本に比べれば穏当なところだ。右も左も宗教も自分達が「理解」する範囲で「戦前」を語っているのだから。それに加えて左ならマルクス主義やソ連に対する認識も加わる。スターリンの独裁体制を批判しているのに、「日本革命が起こった方がよかった」とでも思っているらしい人もいるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/07/28 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/07 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/18 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/02 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/26 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/07 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/23 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/09/01 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/12 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/30 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/16 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/30 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。