サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/07/26
  • 出版社: ボーダーインク
  • サイズ:19cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89982-448-0
コミック

紙の本

琉球怪談デラックス

著者 小原 猛 (物語),太田 基之 (漫画)

太陽雨と榕樹の影に隠れてあなたに忍び寄る琉球の怪異! 「嘉数高台」「カジョーラー」「真夜中のカマオバア」「フッケーラのアクマ」など、太田基之の漫画60編と沖縄怪談界の第一...

もっと見る

琉球怪談デラックス

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

太陽雨と榕樹の影に隠れてあなたに忍び寄る琉球の怪異! 「嘉数高台」「カジョーラー」「真夜中のカマオバア」「フッケーラのアクマ」など、太田基之の漫画60編と沖縄怪談界の第一人者・小原猛の新作怪談14編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

太陽雨(ティーダアミ)と榕樹(ガジマル)の影に隠れてあなたに忍び寄る怪異!
怖かったり、ちょっと笑えたりします。
大人気「琉球怪談」シリーズ最新刊は、「奇妙な人びとを描かせたら今、日本一・静岡の鬼才」漫画家・太田基之の漫画60編と、ご存じ沖縄怪談界の第一人者・小原猛の新作怪談14編を収録したデラックス版!【商品解説】

目次

  • ◎前口上
  • #01 声
  • #02 通り道
  • #03 龍
  • #04 おじさん
  • #05 キジムナー
  • ◎怪談
  •  マーブル
  •  キブシ
  • #06 ウガン

著者紹介

小原 猛

略歴
〈小原猛〉京都生まれ。沖縄本島はもちろん、先島諸島まで巡り怪談を採取する沖縄怪談界の第一人者。著書に「琉球怪談」シリーズなど。
〈太田基之〉静岡生まれ。代表作に「高梨さん」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

強く生きようとする死んだ人たち

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

沖縄には一度だけ行ったことがあります。バスに一人で乗ったらいきなりパワフルな知らないおじさんに、「おじょうちゃん、お金をあげようね!」と言われて、無理やり小銭をたくさん両手に掴まされ断りました。その後、動揺して道に迷いました。その後の記憶はあまりありません。
そんな沖縄。小原猛さんの実話琉球怪談と、太田基之さんの漫画がたくさん入っている本です。読んでいると、今までに触れてきた怪談よりも、なんだか「おばけたち」の「生きよう」とする姿勢を強く感じます。すごくおもしろい。死んでいるのだから生きようも何もないのですが、とにかく沖縄の霊は、何かを食べたいと思ったり、ほしいと思ったり、いらないとはっきり言ったり、笑ってしまうようなエピソードが多いのです。まるで、生きている人みたい。
死んだ人にも、思いっきり、生きているときがありました。兵士の霊は死後、生きている人が飲んでいるコーヒーをみて「飲んで・・・みたい」と思います。そうして生者のコーヒーの味を奪い、立ち去る。すごいなと思いました。
沖縄の暑さ、風の匂い、森で頭に絡みついてくる植物、そんな、「生の匂い」が、本土よりも色濃く立ち込める場所にいると、死者も、生者と同じような力をつけるのかもしれません。いえ、もしかしたら生きているときからそんな力を持っていたのかも。スーパーの一角で「神様の通り道がある」と言い、線香をたく人の話を読んでからは、なおさらそう思うようになりました。
思いっきり生きて、死んだ後も思いっきり何か成し遂げたいと、強く願う。こういう人になりたいなあ、と思いました。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2023/08/15 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/19 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。