サイト内検索

詳細検索

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/3

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 93件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/10/03
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-529671-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

窓ぎわのトットちゃん 続

著者 黒柳 徹子 (著)

【新風賞(第58回)】東京大空襲の数日後、青森を目指して、ひとり夜行列車に乗ったトットを待ち受けていた試練とは? NHKの専属女優になりたての、トットが救われた一言とは?...

もっと見る

窓ぎわのトットちゃん 続

税込 1,650 15pt

続 窓ぎわのトットちゃん

税込 1,650 15pt

続 窓ぎわのトットちゃん

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 8.6MB
Android EPUB 8.6MB
Win EPUB 8.6MB
Mac EPUB 8.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新風賞(第58回)】東京大空襲の数日後、青森を目指して、ひとり夜行列車に乗ったトットを待ち受けていた試練とは? NHKの専属女優になりたての、トットが救われた一言とは? 「窓ぎわのトットちゃん」、42年ぶりの続編。【「TRC MARC」の商品解説】

国民的ベストセラー、42年ぶり、待望の続編!
国内で800万部、全世界で2500万部を突破した『窓ぎわのトットちゃん』。
世界中で愛されている、あのトットちゃんが帰ってくる!
泣いたり、笑ったり……トットの青春記。

【本書の内容】
・東京大空襲の数日後、青森を目指して、ひとり夜行列車に乗ったトットを待ち受けていた試練とは?
・「おめえのジンジョッコ、描いてみろ」。疎開先の学校で、みんなとなかよくなりたいトットが、考えついた方法とは?
・「咲くはわが身のつとめなり」の言葉を胸に、トットが通った女学校や音楽学校の思い出は、映画、オペラ、ラーメン、それから?
・「そのままでいいんです」。NHKの専属女優になりたての、トットが救われた一言とは?
・アルバムからお借りした写真や、いわさきちひろさんの絵もたっぷり。

【黒柳徹子さんからのメッセージ】
私は、どう考えても『窓ぎわのトットちゃん』よりおもしろいことは書けない、と思っていました。私の人生でトモエ学園時代ほど、毎日が楽しいことはなかったから。だけど、私のようなものの「それから」を知りたいと思ってくださる方が多いのなら、書いてみようかなと、だんだん思うようになったのです。よし!と思うまで、なんと42年もかかってしまったけど、書きはじめると、笑っちゃうこと、泣いちゃうこと、それから戦争のことも次々に思い出されて……。【商品解説】

著者紹介

黒柳 徹子

略歴
〈黒柳徹子〉東京都生まれ。俳優、司会者、エッセイスト。ユニセフ親善大使。著書に「トットチャンネル」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー93件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

まさかの出版に驚きました

2023/11/09 16:27

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和の結婚式のスピーチでよく使われていた「3つの坂」。
 「長い結婚生活には3つの坂があります。「上り坂」「下り坂」そして「まさか」。
 思いもしないことがことがあっても、夫婦で協力し合っていって下さい」というもの。
 どうも、出版業界にも「3つの坂」があるようです。
 黒柳徹子さんの大ベストセラーから42年。
 「まさか」、あの『窓ぎわのトットちゃん』に続篇が作られるとは。
 もしかしたら、出版不況で「下り坂」の業界も、これで「上り坂」になるかもしれません。

 『窓ぎわのトットちゃん』(以下、正篇と書きます)が刊行されたのは1981年。
 色んな版のものが出て、国内だけでシリーズ累計800万部を超え、
 さらには世界各国で翻訳されています。
 正篇の表紙の挿画はいわさきちひろさんの絵。(装幀は和田誠さん)。
 今回の『続 窓ぎわのトットちゃん』もいわさきさんの絵が使われています。
 でも、和田誠さんは亡くなっているので、名久井直子さんが装幀しています。

 正篇のおしまいの場面を思い出してみましょう。
 トットちゃん(もちろん、黒柳徹子さんのこと)に
 「きみは、本当は、いい子なんだよ」と教えてくれた小林宗作先生のいる
 トモエ学園が空襲で焼けてしまいます。
 その頃、トットちゃんは満員の疎開列車で東北で向かっていました。
 続篇は、その疎開列車の中のトットちゃんのおかしいけれどかわいい姿も
 ちゃんと書かれています。
 戦争が終わって、トットちゃんがどんな大人になりたかったかも綴られています。
 またNHKに入局してからの失敗話も(これらはすでに有名なエピソードです)
 たくさん書かれています。

 でも、黒柳徹子さんがこの続篇で本当に書きたかったことは、
 自身が体験した戦争のことを書き残しておきたかったとあります。
 戦時中に出征兵士を見送った場面があります。
 その挿話の最後に黒柳さんはこう書きます。
 「どんな理由があっても、戦いにいく人たちを「バンザーイ!」なんて言って
 見送るべきではなかった。」
 世界には戦争が途切れることはない。
 だからこそ、42年ぶりに書かれた『続 窓ぎわのトットちゃん』は意味深いのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

永遠の少女、トットちゃん

2023/12/31 18:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田呂宋兵衛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前編で、トモエ学園に入る前、前の小学校で、
チンドン屋さんが通るたび窓際から演奏をリクエストして、退学になったトットちゃん。
続編でも、考え方や生き方は、変わっていませんね。
大人になっても、今に至るまでも。ずーっと、少女のままなんですね。
ステキだな、面白いな、と思ったら、即、行動せずにはいられない。
人がどう思うとか、恥ずかしいとか、自信がないとか、損だ得だとか、後先のことは考えない。
オペラ歌手になりたいと、東洋音楽学校に進学。
それで挫折すると、今度は人形劇がやりたいと、NHK専属俳優「わかぼしめい」(若干名)に応募。
大人の常識で考えたら、無茶な行動なんだろうけど、
「トットさま」と呼んで、芝居をイロハから教えてくれた大岡先生、
先輩に日本語が変だ、人まねだと言われて泣いたあと、
「そのしゃべり方がいいんです」と言ってくれた、劇作家の飯沢匡さんなど、
良い出会いに助けられています。
テレビドラマのスタジオで出会った、渥美清さんのエピソードが面白い。
「寅さん」のだいぶ前、浅草の演芸場から出てきて、何としてでも売れたいと突っ張ってた頃ですね。
挨拶した時の目つきの怖さ、「なんだこのアマ!」と凄みをきかせた声。
「星の王子さま」をプレゼントした時の照れくさそうな様子。
打ち解けたあとの、「腕の立つ奴」の話。
いかにも、若き日の彼らしい。
トットちゃんの戦争中の話は悲しい。
配給が少なくて、15つぶの大豆が一日分の食べものだったり、
スルメの足が欲しくて、出征する兵隊さんに「バンザーイ」と旗を振った話。
だから、実に素朴に「戦争はいけない」と思い、
世界のお腹を空かせた子供たちを思うと、じっとしていられず、
偽善だ何だと言われても、ユニセフの仕事を続けているのでしょう。
NHKでは紅白の司会を務めるまでになり、バラエティやドラマ出演で多忙を極めているのに、
今度は演劇を本格的に勉強したいとNHKの専属を辞め、単身ニューヨークに渡るところで、
本作は終わっています。
これも思い切った決断というか、無茶というか・・・。
でも、「徹子の部屋」も「ザ・ベストテン」も、帰ってきてからの仕事ですね。
舞台での活躍もありますが、お芝居だけでない「何か」をつかんで帰ってこられたのでしょう。
続々編も、読んでみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待望の続編

2024/02/28 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

トットちゃんの活躍と、戦争を背景とする哀しみが、胸に迫ります。
劇で、羊役の子に、「お食べなさい」と言って、紙を食べさせてイエスの役を外される場面は秀逸だと思います。ぜひ、本文で触れてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった

2023/11/02 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

さまざまな困難を乗り越えてきたことに感銘を受けました。コンサルタントの話ではなく、実際の経営者がやってこられたことなので、経営に苦労している全国の中小零細企業経営者のバイブルになるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

実は

2023/12/17 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

続編は最近読みました。やはり、黒柳徹子さんの学校は、よかったんですねえ、だからこそ、今の黒柳徹子さんがあるんですねえ、つくづく思います。これからもご活躍されますように

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/10/08 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/21 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/25 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/15 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/28 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/31 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/12 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/30 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/06 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/30 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。