サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 技術・工学・農学の通販
  4. 建築の通販
  5. 鹿島出版会の通販
  6. 図説付属屋と小屋の建築誌 もうひとつの民家の系譜の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2024/03/21
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:21cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-306-04714-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

図説付属屋と小屋の建築誌 もうひとつの民家の系譜

著者 大場 修 (編著),青柳 憲昌 (ほか著)

人々が住み、生活をする場となる「主屋」に対し、主に生業を担う作業場や保管・収納する空間などとして使用される「付属屋」。個性豊かな日本各地の「付属屋」の魅力をカラーでビジュ...

もっと見る

図説付属屋と小屋の建築誌 もうひとつの民家の系譜

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人々が住み、生活をする場となる「主屋」に対し、主に生業を担う作業場や保管・収納する空間などとして使用される「付属屋」。個性豊かな日本各地の「付属屋」の魅力をカラーでビジュアルに紹介する。本体は背表紙なし糸綴じ。【「TRC MARC」の商品解説】

これまで建築史で語られることのなかった「付属屋」に着目した初めての本。
人々が住み、生活をする場となる「主屋」に対し、主に生業を担う作業場や、保管・収納する空間などとして使用される「付属屋」。
主屋は木造軸組みが主であるのに対し、付属屋は石造、土蔵、石屋根木造、木骨石造など構法も様々で、それゆえ主屋以上に日本民家の地域性がより濃く反映され、地域の景観形成大きな影響を与えている。個性豊かな日本各地の「付属屋」の魅力をカラーでビジュアルに紹介する。

目次:まえがき――付属屋と小屋が面白い
第1章 はじめに
第2章 「生業(なりわい)」が生み出す小屋の形
第1節 生業を担う小屋
第2節 出雲東・畑集落の柿小屋
第3節 宇和島狩浜の養蚕小屋
第4節 佐渡ヶ島の棟持柱を持つ二戸一建ての舟小屋
第5節 隠岐の島の舟小屋
第6節 北山杉の磨き丸太倉庫
第7節 宇治茶の茶工場の集落
第8節 平戸市生月島、鯨組の納屋場

第3章 風土に向き合い、自然と共生する営み
第1節 砺波弊社の集落の成り立ちとその空間秩序
第2節 付属屋と屋敷構え
第3節 弘前の武家屋敷をつくる生垣と庭・樹木
第4節 上越市高田・雪国の居住システムとしての雁木
第5節 豪雪地帯秋田の類いまれな「鞘」
第6節 福井県旧今井宿の「雪囲い」

第4章 命を守る――生存のための小屋
第1節 水防の知恵と住まい
第2節 荒川・利根流域の水屋・水塚
第3節 和歌山県古座川の水揚げ小屋と石積み集落
第4節 富士山の山小屋――板屋と石室

第5章 石を積む営み――石と木のハイブリッドな世界
第1節 石積み建物から見えるもの
第2節 宇都宮の大谷石建物
第3節 国見の石蔵と高畠の外構
第4節 小樽の木骨石造倉庫
第5節 長崎の練塀民家と「ド・ロ壁」
第6節 新島の抗火石建築

第6章 石でつくるハンドメイドの風景
第1節 西日本の土を積んだ建築
第2節 奈良のドテヤ・広島のハンヤ・大分のネリビー
第3節 長崎のドヒョモタセ
第4節 石積みという「術」――農作業としての石積み

第7章 土蔵――究極の職人技
第1節 「土蔵」の成立と終焉
第2節 左官技術からひもとく土蔵
第3節 諏訪地方のダシが付いた土蔵
第4節 諏訪地方の「たてぐるみ」とは何か
第5節 会津喜多方の蔵座敷
第6節 横手市増田の蔵座敷
まとめ――もうひとつの民家の系譜
あとがき【商品解説】

目次

  • まえがき――付属屋と小屋が面白い
  • 第1章 はじめに
  • 第2章 「生業(なりわい)」が生み出す小屋の形
  • 第1節 生業を担う小屋
  • 第2節 出雲東・畑集落の柿小屋
  • 第3節 宇和島狩浜の養蚕小屋
  • 第4節 佐渡ヶ島の棟持柱を持つ二戸一建ての舟小屋
  • 第5節 隠岐の島の舟小屋
  • 第6節 北山杉の磨き丸太倉庫
  • 第7節 宇治茶の茶工場の集落

著者紹介

大場 修

略歴
〈大場修〉立命館大学衣笠総合研究機構教授。京都府立大学名誉教授。工学博士。著書に「近世近代町家建築史論」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。