サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2024/03/06
  • 出版社: 東京ニュース通信社
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-534718-8

紙の本

日本一のボール拾いになれ (TOKYO NEWS BOOKS)新刊

著者 元永 知宏 (著)

“奇跡のバックホーム”はなぜ生まれたのか? 1996年夏の甲子園で松山商業を日本一に導いた澤田勝彦の野球人生を振り返りながら、松山商業が決勝戦で勝利した理由、澤田の指導哲...

もっと見る

日本一のボール拾いになれ (TOKYO NEWS BOOKS)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“奇跡のバックホーム”はなぜ生まれたのか? 1996年夏の甲子園で松山商業を日本一に導いた澤田勝彦の野球人生を振り返りながら、松山商業が決勝戦で勝利した理由、澤田の指導哲学を掘り下げる。【「TRC MARC」の商品解説】

【内容】
 夏の甲子園大会が開催されるたびに過去の名シーンとして流される”奇跡のバックホーム”。1996年夏の甲子園で熊本工業を決勝で下した松山商業の監督をつとめていたのが本書の主人公・澤田勝彦だった。
 1957年生まれの澤田は松山商業時代に西本聖(元・読売ジャイアンツほか)と、駒澤大学時代には石毛宏典(元・西武ライオンズほか)とチームメイトだった。しかし、プロ野球でも活躍した彼らとは違い、ずっと補欠として仲間を鼓舞してきた。

 澤田について西本は「選手として控えを経験したこともあって、忍耐力のある指導者だと思う」と言う。石毛は「澤田は高校、大学と裏方の仕事が多くて、気づきのある人間だった。裏方の立場でしっかりとものを見る目、それが彼の強み」と語る。

 大学卒業後に母校・松山商業のコーチになり、1988年に監督就任。1990年に初めての甲子園出場を果たした。1992年春のセンバツ、1995年夏の甲子園、1996年春のセンバツの出場したものの、いずれも初戦負けが続いた。1996年夏の甲子園で27年ぶりの全国制覇を果たした(2001年夏はベスト4)。    

 高校野球を代表する名門のコーチ、監督として厳しい指導をした澤田は選手たちから”鬼の澤田”と恐れられた。「松商では、伝統を守る大変さを感じていました。コーチ8年、監督18年。26年間は毎日が針のむしろで……でも、プレッシャーがあるから指導者も選手も成長することができた」と語っている。

 最後に指導した北条高校の監督を退いて1年あまり、現在は松山商業野球部の顧問として古豪復活に尽力する毎日を送っている。1000人を超える教え子に「日本一のボール拾いになれ」と言い続けてきた澤田は自らの指導者人生を振り返って何を思うのか?

 高校野球の指導者として40年以上のキャリアを持つ澤田の野球哲学に迫る!【商品解説】

目次

  • 【目次】
  • 第1章 奇跡のバックホームはなぜ生まれたのか?
  • キツく叱りつけることが厳しさではない/半レギュラーの選手が生んだ奇跡の瞬間/怖い監督が課す猛練習と厳しい上下関係/3段くらいギアを上げた鬼軍曹/ギリギリまで攻める厳しい指導/サヨナラ負けの大ピンチで「ライト交代、矢野!」/アウトにした瞬間、「矢野に代えてよかった」/最後まで見捨てることなくしっかり見てくれた/本気で怒られたからあのプレーが生まれた/報われない努力の先にあるもの
  • 第2章 レギュラーになれなかった7年間 
  • 澤田の弟はたいしたことないのう……/日本一監督の教えから学んだ言葉/選手の気持ちを動かす指導者に/恩師の強引に説き伏せられて駒沢大学へ/6シーズンで優勝5回の黄金期のあとに/裏方の立場でものを見る目/岡石部長のひと言でまた進路が変わった/生涯のパートナーとの出会い
  • 第3章 名門復活までの日々
  • 監督代行として四国大会に出場/窪田監督と澤田コーチの二人三脚/ヤンチャな生徒を追いかける日々/遠距離恋愛の末に最高の伴侶を/今も忘れられない初めての甲子園/桑田・清原のPL学園を追いつめる/指導者として関わった中で「最高のチーム」/澤田を驚かせた真冬の裸ノック/「素直で謙虚」なプレーでレギュラーに/嫌いだった監督とコーチが好きになる/力のなさを自覚して克服した人間/古豪を復活させた松商野球の「虎の巻」

著者紹介

元永 知宏

略歴
〈元永知宏〉愛媛県生まれ。愛媛のスポーツマガジン『E‐dge』の創刊編集長。著書に「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。