サイト内検索

詳細検索

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 162件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2024/04/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721312-6
新書

紙の本

なぜ働いていると本が読めなくなるのか (集英社新書)

著者 三宅 香帆 (著)

「仕事と趣味が両立できない」という苦しみは、いかにして生まれたのか。労働と読書の歴史をひもとき、日本人の「仕事と読書」のあり方の変遷を辿り、日本の労働の問題点を明らかにす...

もっと見る

なぜ働いていると本が読めなくなるのか (集英社新書)

税込 1,100 10pt

なぜ働いていると本が読めなくなるのか

税込 1,100 10pt

なぜ働いていると本が読めなくなるのか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.0MB
Android EPUB 3.0MB
Win EPUB 3.0MB
Mac EPUB 3.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「仕事と趣味が両立できない」という苦しみは、いかにして生まれたのか。労働と読書の歴史をひもとき、日本人の「仕事と読書」のあり方の変遷を辿り、日本の労働の問題点を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

【人類の永遠の悩みに挑む!】
「大人になってから、読書を楽しめなくなった」「仕事に追われて、趣味が楽しめない」「疲れていると、スマホを見て時間をつぶしてしまう」……そのような悩みを抱えている人は少なくないのではないか。
「仕事と趣味が両立できない」という苦しみは、いかにして生まれたのか。
自らも兼業での執筆活動をおこなってきた著者が、労働と読書の歴史をひもとき、日本人の「仕事と読書」のあり方の変遷を辿る。
そこから明らかになる、日本の労働の問題点とは?
すべての本好き・趣味人に向けた渾身の作。

【目次】
まえがき 本が読めなかったから、会社をやめました
序章 労働と読書は両立しない?
第一章 労働を煽る自己啓発書の誕生―明治時代
第二章 「教養」が隔てたサラリーマン階級と労働者階級―大正時代
第三章 戦前サラリーマンはなぜ「円本」を買ったのか?―昭和戦前・戦中
第四章 「ビジネスマン」に読まれたベストセラー―1950~60年代
第五章 司馬遼太郎の文庫本を読むサラリーマン―1970年代
第六章 女たちのカルチャーセンターとミリオンセラー―1980年代
第七章 行動と経済の時代への転換点―1990年代
第八章 仕事がアイデンティティになる社会―2000年代
第九章 読書は人生の「ノイズ」なのか?―2010年代
最終章 「全身全霊」をやめませんか
あとがき 働きながら本を読むコツをお伝えします

【著者略歴】
三宅香帆(みやけかほ)
文芸評論家。
1994年生まれ。
高知県出身。
京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了(専門は萬葉集)。
著作に『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』、『推しの素晴らしさを語りたいのに「やばい!」しかでてこない―自分の言葉でつくるオタク文章術―』、『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』、『人生を狂わす名著50』など多数。【商品解説】

【人類の永遠の悩みに挑む!】
「大人になってから、読書を楽しめなくなった」「仕事に追われて、趣味が楽しめない」「疲れていると、スマホを見て時間をつぶしてしまう」……そのような悩みを抱えている人は少なくないのではないか。
「仕事と趣味が両立できない」という苦しみは、いかにして生まれたのか。
自らも兼業での執筆活動をおこなってきた著者が、労働と読書の歴史をひもとき、日本人の「仕事と読書」のあり方の変遷を辿る。
そこから明らかになる、日本の労働の問題点とは?
すべての本好き・趣味人に向けた渾身の作。

【目次】
まえがき本が読めなかったから、会社をやめました
序章労働と読書は両立しない?
第一章労働を煽る自己啓発書の誕生—明治時代
第二章「教養」が隔てたサラリーマン階級と労働者階級—大正時代
第三章戦前サラリーマンはなぜ「円本」を買ったのか?—昭和戦前・戦中
第四章「ビジネスマン」に読まれたベストセラー—1950〜60年代
第五章司馬遼太郎の文庫本を読むサラリーマン—1970年代
第六章女たちのカルチャーセンターとミリオンセラー—1980年代
第七章行動と経済の時代への転換点—1990年代
第八章仕事がアイデンティティになる社会—2000年代
第九章読書は人生の「ノイズ」なのか?—2010年代
最終章「全身全霊」をやめませんか
あとがき働きながら本を読むコツをお伝えします

【著者略歴】
三宅香帆(みやけかほ)
文芸評論家。
1994年生まれ。
高知県出身。
京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了(専門は萬葉集)。
著作に『(読んだふりしたけど)ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法』、『推しの素晴らしさを語りたいのに「やばい!」しかでてこない—自分の言葉でつくるオタク文章術—』、『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』、『人生を狂わす名著50』など多数。【本の内容】

著者紹介

三宅 香帆

略歴
〈三宅香帆〉高知県出身。京都大学大学院人間・環境学研究科博士前期課程修了。文芸評論家。著書に「推しの素晴らしさを語りたいのに「やばい!」しかでてこない」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー162件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

ノイズを楽しめる働き方

2024/05/19 01:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぐらうり - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分が思っていることととても近くて良かった。
情報はノイズキャンセリングされたもの。知識はノイズを含んだもの。つまり読書はノイズ。ネットやゲームはノイズがない。ノイズを楽しめる働き方の提案書。
転職前は移動時間(それも眠くないときだけ)が読書タイムだった。今は働きながら、月に10〜15冊ほど読めている。
読めることの相対的な特権は置いておいて、働きながら読むならやはり電子かなと思う。安いしね。働きすぎな仕事や家庭や育児をしながら細切れ時間を有効に使うのは、やっぱり大事。
ノイズを受け取れるアンテナを立たせておくためにも、文字に触れておくのが、「読みたい」を促進させることになるのだと思う。
自分の仕事に引き当ててもかなり示唆に富んだ内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生は優先順位

2024/04/26 01:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金賢守(キムヒョンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生は優先順位
読めなくなるのではなく、読まなくなる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読書と労働

2024/05/27 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だんぱ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと時間を潰さなくてはいけないことがあり、あまり期待しないで読んだ。実際、私が、最近、読書が妙に億劫になってきたので、タイトルに惹かれた。実際読んでみると思いの他良かった。

表題の問の答えは、現代は「もっとできる」「もっとやれる」文化で疲れるから、ということになるので、そうなるまでの経緯が興味深い。話は大正から始まり、今に至るのだが、昭和あたり、特に戦後から高度成長期になると身近で起こったことも多く、楽しめた。私が子供の頃の親の書棚がなんで、ああいうラインナップだったのかあらためて理解できた。

情報と教養の差やノイズという言い方も、私には非常にしっくりきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

働いているけど本を読みまくる自分にとってこの本はどのような意味をもつか

2024/05/11 23:14

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ttmm - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから実際に本を読んでない人が読みのではなく、普段から本を読んでいる人がなぜ周りが本を読まないのかその背景や歴史を知る著書であった。年代によって娯楽が細分化した部分もあるが、活字に触れる機会が少ないという背景は年々気になるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2024/05/23 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/26 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/31 04:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/06/09 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/06/01 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/21 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/29 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/24 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/24 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/06/05 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/05/24 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。