サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第1番『巨人』(1985ライヴ)、『さすらう若者の歌』 テンシュテット&ロンドン・フィル、ハンプソン

交響曲第1番『巨人』(1985ライヴ)、『さすらう若者の歌』 テンシュテット&ロンドン・フィル、ハンプソン

  • 発売日:2006/05/24
  • レーベル:Lpo
  • カタログNo.:LPO0012
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

交響曲第1番『巨人』(1985ライヴ)、『さすらう若者の歌』 テンシュテット&ロンドン・フィル、ハンプソン【CD】

マーラー(1860-1911)

テンシュテット/『巨人』『さすらう若者の歌』

テンシュテット指揮によるマーラー『巨人』が登場。なんといってもこの指揮者の十八番であり、これまでセッション録音(1977...

もっと見る

交響曲第1番『巨人』(1985ライヴ)、『さすらう若者の歌』 テンシュテット&ロンドン・フィル、ハンプソン【CD】

2,689(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. Lieder eines fahrenden Gesellen
  2. Lieder eines fahrenden Gesellen
  3. Lieder eines fahrenden Gesellen
  4. Lieder eines fahrenden Gesellen
  5. Symphony no 1 in D major "Titan"
  6. Symphony no 1 in D major "Titan"
  7. Symphony no 1 in D major "Titan"
  8. Symphony no 1 in D major "Titan"

その他のバージョン

SACD Sym.1: Tennstedt / Lpo +lieder Eines Fahrenden Gesellen: Hampson(Br) (Hyb) EUR輸入盤 発売日 : 2006/05/31 購入できません

商品説明

テンシュテット/『巨人』『さすらう若者の歌』

テンシュテット指揮によるマーラー『巨人』が登場。なんといってもこの指揮者の十八番であり、これまでセッション録音(1977年、ロンドン・フィル)とライヴ録音(1990年、シカゴ響)の2種がありましたが、今回は手兵ロンドン・フィルとの実演レコーディング、しかもこれが初登場となります。
 1985年といえば、テンシュテットが喉頭癌を発病した年でもあります。この『巨人』のコンサートの8ヵ月後、アメリカ演奏旅行中のテンシュテットは喉に違和感を訴え、病院で診察を受けると喉頭癌であることが判明、その後入退院を繰り返し、小康状態にある時はつかの間の復帰を果たしたものの、残念ながら「奇跡の復活」はならず、1998年1月12日、テンシュテットは北ドイツのキールの自宅で静かに世を去ることとなります。71歳の生涯でした。
 今回のアルバムに収録された『巨人』は、癌告知前、テンシュテットがまだまだ元気だった頃のライヴで、かの第九より7ヶ月前ということもあって、爆発的な盛り上がりを見せる演奏が期待されます。

 カップリングは、『巨人』と使用動機などで密接に関連する歌曲集『さすらう若者の歌』。バリトン独唱は、前年の1990年2月にバーンスタイン&ウィーン・フィルと共演してこの歌曲集を歌っていたトマス・ハンプソン。2年連続での強烈なマーラー指揮者との共演ということになります。なお、テンシュテットはこの作品のセッション録音を残していないため、今回のリリースは、大変に有意義なものといえるでしょう。
 当時の新聞評も好評で、デイリー・テレグラフ紙は、「オーケストラは、美しい集中力を発揮して、マーラーの『さすらう若者の歌』を伴奏していた。」と指揮者とオケを絶賛、一方、ザ・タイムズ紙は、「トーマス・ハンプソンは、いたるところで印象的に長いラインを引き伸ばしていた。うらやましいほど多彩な色彩感を歌の間や中から紡ぎ出していた。」とハンプソンの歌唱を絶賛しています。

・マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・テンシュテット(指揮)
 録音時期:1985年2月12日(ライヴ)
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール

・マーラー:歌曲集『さすらう若者の歌』
 トマス・ハンプソン(Br)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウス・テンシュテット(指揮)
 録音時期:1991年9月26日(ライヴ)
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール

アーティスト紹介

マーラー(1860-1911)

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。