サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

Jazz Meets The Classics

  • 発売日:2014/09/20
  • レーベル:Sunnyside
  • カタログNo.:SSC4555
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Jazz Meets The Classics【CD】

Paquito D'rivera

キューバが誇る偉大なる音楽家、パキート・デリベラによるジャズとクラシック音楽の融合作品。パキートと言えば、チューチョ・ヴァルデスと共に、オルケスタ・クバナ・デ・ムジカ・モ...

もっと見る

Jazz Meets The Classics【CD】

2,365(税込)

ポイント :21pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Fantasia Impromptu (6:05) Based on Chopin’s Fantaisie-Impromptu in C# minor, Op.posth.66(ショパンの幻想即興曲)
  2. Beethoven Peru (10:06) Based on Beethoven’s Piano Sonata No.8, Op.13 “Pathetique”, II. Adagio cantabile(ベートーヴェンの悲愴ソナタ)
  3. Paquito Introduces Adagio (0:43)
  4. Adagio (6:04) Based on Mozart’s Clarinet Concerto in A Major, K.622, 2.Adagio( モーツアルトのクラリネット協奏曲第2楽章)
  5. Die Zauberclarinete (6:06) Based on Mozart’s Queen of the Night aria from The Magic Flute( モーツァルトの「魔笛」~夜の女王のアリア)
  6. Al Fin Te Vi (2:43) Composed by Ernesto Lecuona(レクオーナの「やっと会えた」)
  7. Las Abejas (8:55) Composed by Augustín Pío Barrios Mangoré(バイオスの蜜蜂)
  8. Vals de la Media Hora (7:32) Based on Chopin’s “Minute Waltz”, Op.64, No.1(ショパンの小犬のワルツ)
  9. Nocturno en la Celda (6:30) Based on Chopin’s Nocturne, Op.9. No.2(ショパンのノクターン)
  10. Pa Bebo (8:04) Composed by Pepe Rivero
  11. E minor Prelude (6:36) Based on Chopin’s Prelude Op.28, No. 4(ショパンのプレリュード・ホ短調)

商品説明

キューバが誇る偉大なる音楽家、パキート・デリベラによるジャズとクラシック音楽の融合作品。

パキートと言えば、チューチョ・ヴァルデスと共に、オルケスタ・クバナ・デ・ムジカ・モデルナ、1973年には、チューチョ・ヴァルデス、またアルチューロ・サンドヴァルらとイラケレを結成するなど、一番最初にイメージするのはやはり、ラテン音楽といえましょう。しかし、昨年の来日東京公演でも小曽根真、東京都交響楽団との共演を見せてくれたように、原点はクラシック!クラシックのサックス奏者であった父親の影響で、幼少のころからクラリネットを演奏し、クラシック楽曲を多数演奏。神童とまで言われたその時期のレパートリーは、モーツァルトに、ベートーベン、そしてエリントン、グッドマンだったのです。

本作はそんなパキートがレギュラーのセクステットで、<<クラシック>> に向き合い、<<自らのルーツであるキューバン・ミュージック>>と<<ジャズ的即興>>を、想像力豊かに融合した演奏。
★昨年の来日公演でも披露された、ヒラリオ・デュランのアレンジを取り入れた、ショパンの幻想即興曲をベースにしたオープニングは特に聴きもの。アップテンポのビートで、めくるめくピアノに、一糸乱れず絡まっていくパキートの演奏。その圧巻のテクニックも見事ですが、まさかのラテン・リズムとの融合にも、思わず、びっくり。超絶アンサンブルに、灼熱、情熱のソロ演奏、そして、ユーモアもミックス。一体、こんな幻想即興曲、だれが想像したでしょう? NYのジャズ・アット・リンカーン・センター、ディジーズ・クラブ・コカコーラで行った2012年のライブを収めた作品。格式高いクラシック音楽と、楽しさ溢れるキューバ音楽の興味深い融合。パキート・デリベラの新たなる魅力を発見できる一枚です。

Paquito D'Rivera (ss, cl)
Diego Urcola (tp,v-tb)
Alex Brown (p)
Oscar Stagnaro (el-b)
Arturo Stable (perc)
Mark Walker (ds)
Pepe Rivero (p on M8~10)

アーティスト紹介

Paquito D'rivera

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

モダンジャズ ランキング

モダンジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。