サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. マイアベーア・オン・レコード第2集 1899~1925(3CD)

マイアベーア・オン・レコード第2集 1899~1925(3CD)

  • 発売日:2014/08/08
  • レーベル:Marston *cl*
  • カタログNo.:530122
  • 組み枚数:3枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

マイアベーア・オン・レコード第2集 1899~1925(3CD)【CD】 3枚組

マイアベーア(1791-1864)

1899~1925年の録音! マイアベーア・オン・レコード第2集!マイアベーア・オン・レコード、第1集(530092)に続き、マイアベーア没後150周年記念...

もっと見る

マイアベーア・オン・レコード第2集 1899~1925(3CD)【CD】 3枚組

8,629(税込)

ポイント :79pt

現在お取り扱いができません

商品説明

1899~1925年の録音! マイアベーア・オン・レコード第2集!

マイアベーア・オン・レコード、第1集(530092)に続き、マイアベーア没後150周年記念の2014年に第2集が発売。今回は第1集に収録された主要3作、『悪魔ロベール』『ユグノー教徒』『預言者』を除いた諸作からのアリアなどが収録されています。マイアベーアの遺作『アフリカの女』からの録音が多く収録されていますが、『北極星』や『ディノーラ』など、今日ではあまり取り上げられない作品の録音も多く、20世紀初頭にはマイアベーアのオペラがまだ高い人気を誇っていたことが伺えます。
 最古の録音は1899年、まだ19世紀のもの。新しくても1925年という、マーストンらしい発掘精神に溢れた内容。歌手は、今でこそ歴史に名が埋もれてしまった人が多いのですが、いずれも当時のスター歌手ばかりで、スタイルの違いや録音の古さを超えて訴えかけてくるものがあります。(TOBU)

【収録情報】
「マイヤベーア・オン・レコード 第2集」


● 『北極星』から
・『ウクライナの子供たち』 エクトル・デュフランヌ(バリトン) 1907年
・『彼らを見守ってください(祈りとバルカロール)』 リズ・ランドゥジ(ソプラノ) 1911年
・『ああ、幸せな日々』 ポール・パヤン(バス) 1910年頃
・『ラ、ラ、ラ、大好きなアリア!(イタリア語)』 ルイーザ・テトラッツィーニ(ソプラノ) 1913年9月26日
・『ラ、ラ、ラ、大好きなアリア!」~カデンツァ エレン・ビーチ・ヨー 1899年3月18日

● 『ディノラ』から
・『眠れ、かわいい子、静かに眠りなさい』 ジュゼッピーナ(ジョセフィーナ)・ウゲット(ソプラノ) 1906年
・『神は私たち各々に分け前を与えてくれる』(イタリア語) ガエターノ・ピーニ=コルシ(テノール) 1906年
・『ああ、力強い魔力よ』 ガブリエル・スラクロワ(バリトン) 1900年7月
・『ああ、力強い魔力よ … ついに時が来た』 アンリ・アルベール(バリトン) 1912年
・『その時から、夜が来ると」(イタリア語) カロリーナ・ラッザーリ(メゾ・ソプラノ) 1917年
・『軽やかな影』 ジャヌ・メレイ(ソプラノ) 1904年12月
・『軽やかな影』 セシル・メルギリエ(ソプラノ) 1905年
・『軽やかな影』 ガブリエル・リッテ=シャンピ(ソプラノ) 1924年
・『ああ!なんと寒い!なんと恐ろしい!』(イタリア語)  ガエターノ・ピーニ=コルシ(テノール) 1906年
・『狩りへ、狩りへ』 イポリート・ベロム(バス) 1908年
・『小麦は刈り取り時』 セザール・ヴェッツァーニ(テノール) 1912-13年頃
・『ああ!私の後悔はあなたの復讐だ』 マックス・ブヴェ(バリトン) 1903年3月
・『ああ!私の後悔があなたの報復になればいい』 ダニエル・ヴィノー(バス) 1907年

● 『アフリカの女』から
・『さようなら、私の優しい海岸よ』 ベルト・オギュエ・ドゥ・モンタラン(ソプラノ) 1909年3月24日
・『神よ、この世が崇めるお方』 ポール・パヤン(バス)、ウジェーヌ・フレヴィーユ(バス)、ベルナール・ブサゴル(バス) 1910年12月23日
・『私は見たのだ、高貴な方々よ』(イタリア語) アントーニオ・アランブーロ(テノール) 1901年
・『不信人者と反逆者に』 アギュスタレッロ・アフル(テノール)、ウジェーヌ・フレヴィーユ(バス)、リュシアン・リゴ(バス)、アンリ・ルキアン(バス)、アルマン・ナルソン(バス) 1908年
・『私の膝の上に』 フェリア・リトヴァンヌ(ソプラノ) 1912年
・『私の膝の上に … ああ!私は死ぬ、ああ!」(ドイツ語) ザビーネ・カルター(ソプラノ) 1923年4月13日
・『王の娘 … 愛が私を捉えた時』 ルイ・レステリ(バリトン) 1914年1月14日
・『彼らの無力な怒りは無駄だ … 私にとってあなたがどれほど愛しいか』 マリー・ラファルグ(ソプラノ)、レオン・ベイル(テノール) 1912年12月5日
・『枝の嘆く音の中で」(七重唱) リズ・ランドゥジ(ソプラノ)、アメリ・タレクシス(ソプラノ)、ガストン・デュボワ(テノール)、ティナ・デュボワ=ロジェ(メゾ・ソプラノ)、ジョルジュ・レジス(テノール)、リュシアン・リゴ(バス)、エティエンヌ・ビロ(バス) 1907年
・『起きろ、水夫たち!』 ガストン・ドゥ・プメラク(テノール)、ルイ・ナンセン(テノール)、アンリ・ダンジェ(バリトン)、イポリート・ベロム(バス) 1909年
・『ああ、偉大な聖ドミニク』 ベルト・オギュエ・ドゥ・モンタラン(ソプラノ)、合唱 1908年12月2日
・『おい、水夫たち』 ピエール・ゲラール(バス) 1904年
・『アダマストル、深い波の王は』 レオン・メルシセデク(バリトン) 1907年
・『アダマストル、深い波の王は』 エクトル・デュフランヌ(バリトン)、合唱 1907年
・『憎んでいるが、あなたの元へ行こう」(イタリア語) ジーノ・マルティネス=パッティ(テノール)、チェーザレ・プレーヴェ(バス) 1905年
・『素晴らしい土地 … ああ、楽園よ!』 レオン・エスカライス(エスカレ)(テノール) 1905年
・『私を船の方に連れて行ってください』 アギュスタレッロ・アフル(テノール) 1906年
・『彼女を愛していた … 私を打ち砕け、雷よ!』 ルイ・レステリ(バリトン) 1916年4月18日
・『ブラマ!ウィシュヌ!シヴァ!』 ピエール・ダシ(バス)、合唱 1909年
・『ああ、大きな喜び!』 マリー・ラファルグ(ソプラノ)、レオン・ベイル(テノール) 1912年12月18日
・『薄布の覆いよ』 アントワネット・ロト=ブリュン(ソプラノ)、合唱 1905年
・『ここから海が見える … ああ、壮麗な寺院よ』 オデット・カーリル(ソプラノ) 1911年7月3日

● 『北極星』から
・『彼らを見守ってください(祈りとバルカロール)』(イタリア語) ロサリア・カリア(ソプラノ) 1900年
・『ああ、幸せな日々』 ポル・プランソン(バス) 1908年4月14日
・『ラ、ラ、ラ、大好きなアリア!』(イタリア語) イヴォンヌ・ドゥ・トレヴィーユ(ソプラノ) 1916年

● 『ディノラ』から
・『軽やかな影』(イタリア語) エルヴィーラ・デ・イダルゴ(ソプラノ) 1924年3月20,22日
・『軽やかな影』(ドイツ語) マルガレーテ・ジームス(ソプラノ) 1903年
・『狩りへ、狩りへ』 ジュスト・ニヴェット(バス) 1908年
・『ああ!私の後悔があなたの報復になればいい』(イタリア語) マリオ・アンコーナ(バリトン) 1908年3月20日

● 『アフリカの女』から
・『私の膝の上に … ああ!私は死ぬ、ああ!』 ローザ・ポンセル(ソプラノ) 1925年1月14日
・『王の娘』 ガブリエル・スラクロワ(バリトン) 1904年
・『私にとってあなたがどれほど愛しいか』 アメリ・タレクシス(ソプラノ)、ガストン・デュボワ(テノール) 1907年
・『ああ、偉大な聖ドミニク』 アントワネット・ロト=ブリュン(ソプラノ) 1905年
・『おい、水夫たち … アダマストル、深い波の王は』(イタリア語) リカルド・ストラッチャーリ(バリトン) 1925年3月23日
・『素晴らしい土地 … ああ、楽園よ!』 ポール・ダンジェリ(テノール) 1910年
・『素晴らしい土地 … ああ、楽園よ!』 レオン・ベイル(テノール) 1905年
・『ああ、楽園よ!(断片)』 ジャン・ド・レスケ(テノール) 1901年3月15日
・『セリカとヴァスコの二重唱の断片』 リュシエンヌ・ブレヴァル(ソプラノ)、ジャン・ド・レスケ(テノール) 1901年3月15日
・『ああ、大きな喜び!』 アメリ・タレクシス(ソプラノ)、ガストン・デュボワ(テノール) 1907年
・『ここから海が見える … ああ、壮麗な寺院よ』 バルバラ・ケンプ(ソプラノ) 1917年
・『ああ、素敵な色 … 何と言う天の調べ!』(イタリア語) チェレスティーナ・ボニンセーニャ(ソプラノ) 1905年

 録音:1899-1925年、ADD、229'13

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。