サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ロック
  5. Communion (+blu-ray Audio)(Sped)

Communion (+blu-ray Audio)(Sped)

  • 発売日:2014/09/02
  • レーベル:Roadrunner
  • カタログNo.:1686.175735
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Communion (+blu-ray Audio)(Sped)【CD】 2枚組

Opeth

~(メーカー資料より)~ブルータルかつプログレッシヴな独自の音空間で聴く者を飲み込んでいくスウェーデンが誇る孤高の存在、オーペスによる待望の最新作!最新作の5.1chオー...

もっと見る

Communion (+blu-ray Audio)(Sped)【CD】 2枚組

3,024(税込)

ポイント :28pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. Eternal Rains Will Come / エターナル・レインズ・ウィル・カム
  2. Cusp of Eternity / カスプ・オブ・エタニティ
  3. Moon Above, Sun Below / ムーン・アバヴ、サン・ビロウ
  4. Elysian Woes / エリシアン・ウォウズ
  5. Goblin / ゴブリン
  6. River / リヴァー
  7. Voice of Treason / ヴォイス・オブ・トリーズン
  8. Faith in Others / フェイス・イン・アザーズ
ディスク2
  1. Eternal Rains Will Come
  2. Cusp Of Eternity
  3. Moon Above, Sun Below
  4. Elysian Woes
  5. Goblin
  6. River
  7. Voice Of Treason
  8. Faith In Others
  9. Solitude (Live)《Bonus Live Tracks》
  10. Var Kommer Barnen In (Live)《Bonus Live Tracks》

商品説明

~(メーカー資料より)~

ブルータルかつプログレッシヴな独自の音空間で聴く者を飲み込んでいく
スウェーデンが誇る孤高の存在、オーペスによる待望の最新作!
最新作の5.1chオーディオ・ミックスとライヴ・トラック2曲を収録したBlu-Ray Audio Discを含む2枚組スペシャル・エディションも登場!

★「このアルバムは今まで俺達が発表してきた作品のようでもあり、新しいサウンドも入ってる。前作『ヘリテイジ』よりもちょっとヘヴィになってるけど、同時にメロディアスさも増量しているんだ。メロディという要素を重視したから、ある意味聴きやすさのある作品になっていると言えるね。でも俺達はプログレッシヴ・バンドだ。時に思い切りメタルになることもあるし、時にメタルじゃないものになることもある」 ─ ミカエル・オーカーフェルト

★その深遠なる世界観と獰猛なる音像で絶大な支持を得る、現代プログレッシヴ・ロック/メタルの雄、オーペスによる、前作『ヘリテイジ』より約2年振りとなる通算11作目のニュー・アルバム、堂々完成!

★しかも今作にはCD1枚組の通常盤に加え、アルバム本編の5.1chオーディオに2曲のライヴ・トラックを収録したBlu-Ray Audio Discoを加えた2枚組デラックス・エディションも登場!

★バンドの頭脳であるミカエル・オーカーフェルトによると、今作は全ての要素をオーペス流に取り入れた作品だという。深遠な静けさを感じさせるような曲や、獰猛に炎を吹き出すかのようなヘヴィな曲、さらには、初期オーペスを想起させるようなオールド・スクールなオーペス・サウンドも収録しているという。バンドにとって一つの区切りとなる10枚目の前作『ヘリテイジ』で、誰もの予想を覆すような方向性を提示した彼らが、新たな区切りのスタートともいえるこの11枚目の作品で、どのように進化したオーペス・サウンドを聴かせてくれるのか、興味は尽きない。

★この最新作『ペイル・コミュニオン』では、バンドの頭脳であり中心人物でもあるミカエル・オーカーフェルト本人がプロデュースを、そして彼の長年のコラボレイターであり、ポーキュパイン・トゥリーのフロントマン/ギタリストでもあるスティーヴン・ウィルソンがミックスを担当。

★その本作でオーペスは、今まで以上にエクストリーム・ミュージックの持つ可能性に挑戦することとなる。最近行われた海外のインタビューでミカエル・オーカーフェルトは今作についてこう語っている。「このアルバムで、俺は何かもっとメロディアスなものをやりたかった。最終的に、今作には、作品全体にわたって、より力強いヴォーカル・メロディが存在している。曲作りの段階から、一貫してこのメロディへのこだわりを持ち続けていたんだ」。早い段階で今作の音源を聴けたというMetal Injectionのグレッグ・ケネルティは、今作をこう評している。「徹底的にスタイルを強靭に推し進めていく、その独自性に満ちた作品だ。2014年に発表された作品の中で間違いなくお気に入りの一枚になるだろう。もしかしたら2014年で唯一お気に入りの作品になるかもしれない」。

★『ペイル・コミュニオン』は、2011年に発表され、大絶賛を受けた前作『ヘリテイジ』に続く作品だ。前作『ヘリテイジ』は、オーペスにとってもマイルストーン的な作品であり、より幅広い層に受け入れられ、増え続けるファンの数を増大させた作品だった。ドイツ、オランダ、フィンランド、スウェーデン、そしてノルウェイでTOP 10入りを果たし、アメリカ、オーストラリア、スイス、オーストリア、日本といった国でも、TOP 20入りを記録、他の国々でも、バンド史上最高のチャート・アクションを見せたアルバムとなった。

その大成功を収めた前作に続くこの最新作で、オーペスというバンドはどこまでの高みに上りつめていくのか…、今後のオーペスの情報を、今後ともご注目いただきたい。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。