サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタル』 フィストゥラーリ&ロンドン響、モラルト、クリップス、ウィーン・フィル

『インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタル』 フィストゥラーリ&ロンドン響、モラルト、クリップス、ウィーン・フィル

  • 発売日:2014/09/02
  • レーベル:Decca Most Wanted Re
  • カタログNo.:4808139
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタル』 フィストゥラーリ&ロンドン響、モラルト、クリップス、ウィーン・フィル【CD】

インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタルドイツのソプラノ歌手インゲ・ボルク[1921-]。活動の初期は女優として、その後は歌手として活躍。「歌う女優」とい...

もっと見る

『インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタル』 フィストゥラーリ&ロンドン響、モラルト、クリップス、ウィーン・フィル【CD】

1,944(税込)

ポイント :18pt

CDをカートに入れる

商品説明

インゲ・ボルク/オペラティック・リサイタル

ドイツのソプラノ歌手インゲ・ボルク[1921-]。活動の初期は女優として、その後は歌手として活躍。「歌う女優」という異名を取りました。彼女の当たり役は『サロメ』と『エレクトラ』でしたが、ヴェルディ、プッチーニなどのリリカルな役も好評でした。1973年に引退後も様々な活動を続けています。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
● ドヴォルザーク:歌劇『ルサルカ』~月に寄せる歌(ドイツ語)
● グルック:歌劇『アルチェステ』~よみじの神々よ(ドイツ語)
● マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』~ママも知るとおり
● ヴェルディ:歌劇『マクベス』~光は萎えて
● ドビュッシー:カンタータ『放蕩息子』~リアのアリア

 インゲ・ボルク(ソプラノ)
 ロンドン交響楽団
 アナトール・フィストゥラーリ(指揮)

 録音時期:1957年11月
 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

● ヴェルディ:歌劇『運命の力』~やっと着いたわ、感謝いたします、神様!・・・あわれみの聖母よ
● ヴェルディ:歌劇『仮面舞踏会』~ここがあの恐ろしい場所
● ヴェルディ:歌劇『マクベス』~勝利の日に
● ジョルダーノ:歌劇『アンドレア・シェニエ』~亡くなった母を
● チレア:歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』~私は創造の神の卑しい僕

 インゲ・ボルク(ソプラノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ルドルフ・モラルト(指揮)

 録音時期:1958年11月
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

● ウェーバー:歌劇『オベロン』~海よ! 巨大なる怪物よ!
● ベートーヴェン:ああ、不実なものよ Op.65

 インゲ・ボルク(ソプラノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヨーゼフ・クリップス(指揮)

 録音時期:1956年6月
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:モノラル(セッション)

 リマスター

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。