サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

Hyperdub 10.3

  • 発売日:2014/09/23
  • レーベル:Hyperdub
  • カタログNo.:HDBCD027
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:UK
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Hyperdub 10.3【CD】

レーベル設立10周年記念コンピ第3弾!!!全曲が解体、ダブのアイデアに基づき再構築された、超実験的音響電子音楽。なんと新曲を14曲も収録!!!<Hyperd...

もっと見る

Hyperdub 10.3【CD】

2,257(税込)

ポイント :20pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Burial - In McDonalds
  2. Dean Blunt - Urban
  3. Kode9 & The Spaceape - Hole In The Sky
  4. Inga Copeland - I Am Your Ambient Wife
  5. Kode9 - Pink Sham Pain Down The Drain
  6. Laurel Halo - Melt
  7. The Bug - Siren
  8. Dean Blunt & Inga Copeland - Untitled 13
  9. Walton - City Of God
  10. King Midas Sound - Blue
  11. Lee Gamble - DSM
  12. Cooly G – Mind
  13. Burial - Night Bus
  14. Ikonika - Completion
  15. Darkstar - Ostkreuz
  16. Fhloston Paradigm - Liloo's Seduction
  17. Ikonika - Time/Speed
  18. DJ Earl - Hexgonic Sound
  19. Cooly G – Trying
  20. Laurel Halo - Wow
  21. Fatima Al Qadiri - Shanxi
  22. DVA - Reach The Devil
  23. Jeremy Greenspan and Borys - Gage

商品説明

レーベル設立10周年記念コンピ第3弾!!!
全曲が解体、ダブのアイデアに基づき再構築された、
超実験的音響電子音楽。なんと新曲を14曲も収録!!!



<Hyperdub>の10周年を記念し、レーベルの作品を切り取って別の角度から再解釈するコンピレーション・シリーズの第三弾となる『Hyperdub 10.3』。今回はBurialによるアトモスフェリックでビートレスな音楽を筆頭に、全体的にメランコリーで儚い世界感を表現している。コンピレーションでは、陰鬱な雰囲気のアンビエントな楽曲が満載で、Kode9, The Bug, Dean Blunt, Inga Copeland, Lee Gamble, Cooly G, Fatima Al Qadiri, Ikonika, DJ Earl (Teklife)、Jeremy Greenspan (Junior Boysの片割れ) & Borysの新曲が収録されているほか、過去作品からはBurial, Laurel Halo, Fhloston Paradigm, Darkstar, Kode9 & The Spaceape, Dean & Ingaのトラックに加えて、殺人的なベースの太さで迫り来るKing Midas SoundとWaltonのトラックも収録されている。

『Hyperdub 10.2』は歌ものにフォーカスした作品であったが、今回の23曲は映画のためのミニ・サウンドトラックともいえる作品である。本作は、フロア向けのベース・トラックというのレーベル・コンセプトのオフ・シュート的作品であり、なんと、それぞれの楽曲がダブのアイデアを下に再解釈されたものとなっている。ヴォーカルやメロディーを減らしてエコーやリバーブを残す代わりに、『10.3』に収録されているのは、音楽の痕跡がほんの僅かな痕跡しか残っておらず、ドラムやベースが抜かれ、シンセサイザーやサンプル、ループの音だけの、ゆらめく煙や低気圧のような独特のエネルギーを感じさせる楽曲である。霞みがかったアーティストの意識、ダークかつアトモスフェリックな音像、消え去っていくメランコリーなインストの咆哮、まさにフィルム・ノワールを最新のエレクトロニック・ミュージックのみで表現したかのごとく不穏かつ幾ばくかのロマンスすら感じさせる本作は、モジュラーのフラットな音色が8分間に渡って続くトラックで幕を下ろす。そこには、脈拍も鼓動も残されてはいない。。。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。