サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

Tougher Than Leather

  • 発売日:2014/11/21
  • レーベル:Music On Cd
  • カタログNo.:13188
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Holland
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Tougher Than Leather【CD】

RUN DMC

Tougher Than Leather【CD】

1,879(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Run's house
  2. Mary Mary
  3. They call us Run - DMC
  4. Beats to the rhyme
  5. Radio station
  6. Papa crazy
  7. Tougher than leather
  8. I'm not going out like that
  9. How's ya do it dee
  10. Miss Elaine
  11. Soul to rock

その他のバージョン

CD Tougher Than Leather 国内盤 発売日 : 2005/11/23 購入できません
CD Tougher Than Leather US輸入盤 発売日 : 2005/09/09 購入できません
CD Tougher Than Leather US輸入盤 発売日 : 1995/01/17 購入できません
CD Tougher Than Leather GER輸入盤 発売日 : 2009/08/28 購入できません
CD Tougher Than Leather US輸入盤 発売日 : 1999/06/01 購入できません
CD Tougher Than Leather 国内盤 発売日 : 2001/02/26 購入できません

アーティスト紹介

RUN DMC

ヒップホップの歴史の中で、一番重要なグループを挙げろと言われたら、真っ先に思い浮かべるのはRun DMCだろう。Aerosmithのヒット曲を下敷きにし、Joe PerryとSteven Tylerをゲストに迎えた"Walk This Way"は、ヒップホップとハードロックを融合した衝撃的作品だ。その後もハードコアな姿勢を変えず、翌年20周年を迎えようとしていた2002年10月30日、DJのJam Master Jayが何者かに狙撃され死亡。また1つ巨星が逝ってしまった。 1982年クイーンズのホリス出身のRun、Dmc、そしてJam Master Jayの3人が高校卒業直後にグループを結成。Runの兄であるRussell Simmonsは80年代初期からHIP HOPのマネージメントなどを行っており、DEF JAM RECORDINGの設立者でRun Dmcの活動に多大な助力をはらったと言われている。

 1983年にRun DmcはPROFILE RECORDSより初のシングル"IT’S LIKE THAT/SUCKER MCS"をリリース。当時衝撃的なスタイルだったこのシングルはR&BチャートでTOP20入りするヒットを記録、その勢いでデビュー・アルバム「Run Dmc」(1984年)も初のHIP HOPで大ヒットしたアルバムとなる。

 1985年には「King Of Rock」をリリース。タイトル通りHIP HOPとROCKの壁を打ち破ったこのアルバムからは"King Of Rock""You Talk Too Much"などのシングルがヒット、Russell SimmonsとともにDEF JAMを支えていた Rick Rubinが放ったBeastie Boys、歴史的HIP HOPグループであるPublic Enemyなどにそのスタイルが継承されていくこととなる。またこの年にはRun DmcやRussell Simmonsの自伝的映画ともいえる『Krush Grooves』が制作され、Sheila Eや若かりしLL Cool Jなども登場する伝説的HIP HOP映画となっている。

 1986年には歴史的名盤となったアルバム「Raising Hell」をリリース。このアルバムのハイライトは彼らにとって最大のヒットとなり、世界中にアディダス・ブームを起こした"MyAddidas"そしてAerosmithのヒット曲を下敷きにし、Joe PerryとSteven Tylerをゲストに迎えた"Walk ThisWay"という2曲の大ヒットを生んだ。この"Walk This Way"のヒットが当時迷走していたAerosmithの復活のきっかけとなったとも言われている。

 その後も同名の映画も制作された「Tougher ThanLeather」(1988年)、「Back From Hell」(1990年)、「Down With The King」(1993年)とアルバムをリリース、"RunsHouse""Down With The King "などのシングルをヒットさせる。「Down With The King」以降しばらくのブランクを経て1999年「Crown Royal」のリリースを発表するが、ゲストの権利関係などから延期となっていたが、2000年夏にはFUJI ROCK FESTIVALに登場、会場を埋め尽くしたROCKファンをも熱狂させた。その記憶も新しい2000年12月、ついに待望「Crown Royal」がリリースされた。

  「KING OF ROCK」以来常に"KING"という名称とROCKとのコラボレーションにこだわっていたRun Dmc。「Crown Royal」(王冠)というタイトル、Stephan Jenkins(Third Eye Blind)やKid Rock、Fred Durst(Limp Bizkit)といったROCKアーティスト、そしてNasやProdigy(Mobb Deep)、Method ManといったHIPHOPアーティストとのコラボレーションという内容で、デビュー以来変わらないRun、Dmc、そしてJam Master Jayというトリオが21世紀に新たな幕を開けたばかりであった。

2002年に入り、「Together Forever - Greatest Hits 1983-1991」「OriginalRhymes - Greatest Hits」とベスト盤が次々リリースされ、ラッパー達の間ではアディダス・ブームが再び盛り上がり、2003年には20周年を迎え記念アルバムの企画もありあったRun Dmcであるが、衝撃的な事件が彼らを襲う。

NY時間の10月30日夜7時30分ごろ、クイーンズのスタジオでJam MasterJayことJason Mizellが銃撃され死亡するという悲しい事件が起きてしまったのだ。

この事件が今まで起きたラッパー同士の襲撃事件とは同じものとは思いたくない...関係者皆がそう口を揃えるほど、彼はヒップホップ・コミュニティーの中で愛されリスペクトされた人格者であった。 11月5日にNYのGreater Allen CathedralでJamMaster Jayの葬儀は行われ、家族やメンバーの他に、彼を慕うJermaine DupriFoxy BrownA Tribe Called Questのメンバー、Whodini、Big Tigger、Chuck D、Harry Allen、Gregory Meeks議員、Russell & Kimora Simmons、Kevin Liles、Fearless FourのTito、Hurricane等多くの参列者の姿が見られた。

そして11月7日、Run Dmcの残された2人は遂に引退を表明した。彼らはAerosmithKid Rockとのツアー中であったが今後の公演をキャンセルし二度とステージには立たないと記者発表した...。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。