サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

Blood In, Blood Out

  • 発売日:2014/10/22
  • レーベル:Ward Records
  • カタログNo.:VQCD10411
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Blood In, Blood Out【CD】

Exodus

~(メーカー資料より)~キャリア30年におよぶUSベイエリア・スラッシュの立役者“エクソダス”最新アルバムがリリース決定! スレイヤーのサポートギターからゲイリー・ホルト...

もっと見る

Blood In, Blood Out【CD】

2,700(税込)

ポイント :25pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. ブラック13
  2. ブラッド・イン・ブラッド・アウト
  3. コラテラル・ダメージ
  4. ソルト・ザ・ウーンド(with カーク・ハメット)
  5. ボディ・ハーヴェスト
  6. Btk
  7. ラップド・イン・ジ・アームス・オブ・レイジ
  8. マイ・ラスト・ナーヴ
  9. ナム
  10. オナー・キリングス
  11. フード・フォー・ザ・ワームス
  12. *日本盤限定ボーナストラック追加収録予定

その他のバージョン

CD Blood In, Blood Out (+dvd)(Ltd) 国内盤 発売日 : 2014/10/22 1~3日

商品説明

~(メーカー資料より)~
キャリア30年におよぶUSベイエリア・スラッシュの立役者“エクソダス”最新アルバムがリリース決定! スレイヤーのサポートギターからゲイリー・ホルトが完全復帰し満を持して制作されたサウンドは、高速ビートに攻撃的なギターリフがタイトに刻まれる、まさにスラッシュ・メタル原点回帰! プロデューサーにはアクセプト、メガデス、アーチ・エネミーを手掛けるアンディ・スニープを起用!さらにゲストとして過去メンバーとしても在籍していたメタリカのカーク・ハメットが参加!【日本先行発売/日本盤限定ボーナストラック追加収録/日本語解説書封入】

エクソダスがファースト・アルバム『ボンデッド・バイ・ブラッド』を録音したのは1984年。レコード会社の都合でリリースが1985年にずれ込んだが、2014年は実質、彼らにとってデビュー30周年を記念するアニヴァーサリー・イヤーとなる。ニュー・アルバム『ブラッド・イン、ブラッド・アウト』は、彼らの熱くたぎる“ブラッド=血”を再びタイトルに冠した作品だ。ギタリストのゲイリー・ホルトがスレイヤーに助っ人参加(ジェフ・ハンネマンの代役)。そのせいで“本業”であるエクソダスのツアーに不参加のこともあったため、バンドの存続が危ぶまれたものの今年3月には『スラッシュ・ドミネーション』で来日、もちろんゲイリーも同行、健在ぶりを見せつけてくれた。そして今年6月には、バンドの絶頂期を彩ったヴォーカリスト、スティーヴ・“ゼトロ”・スーザが10年ぶりに復帰。世界中のスラッシャー達が待ち望んでいたコンビが復活して作られたのが『ブラッド・イン、ブラッド・アウト』なのだ。

ゲイリーが「どでかいスケールの攻撃的なアルバム」と呼ぶ本作。『ジ・アトロシティ・エキシビション/エキシビットA』(2007)、『エキシビットB:ザ・ヒューマン・コンディション』(2010)の2部作では複雑な展開の長めの曲も多かったが、今回はオープニングの「ブラック13」から全編、よりスピード感を重視。初期の彼らを彷彿とさせるアプローチを取っている。ゲイリーのギターは今やバンドに欠くことの出来ない存在となったリー・オルタスと鋭角的に斬り込みあうスラッシュ・リフの応酬を繰り広げ、ゼトロのひとクセあるヴォーカルは、バンドがあるべき姿に戻ったことを告げている。

現メタリカのカーク・ハメットが「ソルト・ザ・ウーンド」でギター・ソロを弾いているのも、本作の話題のひとつだ。カークはメタリカ加入前にエクソダスに在籍していたことで知られており、その意味でも本作は、エクソダスの原点に立ち返ったアルバムだといえる。

本作はアンディ・スニープがプロデュース。アクセプトの最新作『ブラインド・レイジ』からメガデスやアーチ・エネミー、カーカス、キルスウィッチ・エンゲイジまで多数のメタル・アーティストを手がけてきた彼だが、エクソダスの作品も『アナザー・レッスン・イン・ヴァイオレンス』(1997)以来、ほとんどの作品のプロデューサーを務めてきた。実質“6人目のメンバー”といえるスニープの手腕を得て、 エクソダスの新章が始まる。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。