サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ジャズ
  5. Inglewood Jam 1952 Complete

Inglewood Jam 1952 Complete

  • 発売日:2014/11/12
  • レーベル:Ssj
  • カタログNo.:XQAM1632
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Inglewood Jam 1952 Complete【CD】

Art Pepper

アート・ペッパーが1952年にロス郊外のジャズ・レストランで繰り広げたジャム・セッションの記録。後半2曲は偶然から生まれたバップ・ピアノの名手、アル・ヘイグとの唯一の共演...

もっと見る

Inglewood Jam 1952 Complete【CD】

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

商品説明

アート・ペッパーが1952年にロス郊外のジャズ・レストランで繰り広げたジャム・セッションの記録。後半2曲は偶然から生まれたバップ・ピアノの名手、アル・ヘイグとの唯一の共演として特に貴重だ。チェット・ベイカーも参加。

「トレード・ウィンズ」は、ロサンゼルス国際空港から車で10分ほど行ったイングルウッド市マーケット・ストリートの334番地にあったポリネシアン風のレストランで1940年代後半にオープンした。そのレストランのオーナーがジョー・チャステック(Joe Chastek)という人物で、ジャズ・ベース奏者のハリー・ババシンと親交があった。1951年の暮れにババシンは、チャステックにレストランのバー・ラウンジのスペースをジャズのライヴ演奏に使わせてくれるよう交渉し、月曜日のみジャズ演奏の場を提供してもらうことになった。ラウンジのスペースは狭く50~60人分の席しかなかったそうで、有名ミュージシャンが来ると立ち見のほうが多かったという。当時月曜日というのは大半のジャズ・クラブは休業日としていたので、ババシンは多くのジャズメンたちに呼びかけて、いわゆる「マンデー・ナイト・ジャム・セッション」の仕掛け人として活躍することとなった。

本アルバムには8月18日の2つのグループによるセッションが収録されている。以前はセッションごとに別のアルバムとしてリリースされたが、今回は1枚にまとめられて理想的なかたちとなった。両方のセッションに参加しているのは、チェロで参加しているプロデューサー的存在のハリー・ババシン以外に、アルト・サックスのアート・ペッパー、テナー・サックスのジャック・モントローズ、そしてトランペットのジャック・シェルドンの3人である。この夜の主役的存在であるペッパーは当時ハンプトン・ホーズとカルテットを組んで「サーフクラブ」に長期出演中であったが、月曜日は休みなのでこのジャム・セッションに参加したのだろう。テープをまわしていたボブ・アンドリュースによると、最初のグループの演奏は午後5時ごろから始まったが、ピアノのラス・フリーマン、ベースのボブ・ウィットロック、ドラムスのビリー・スナイダーのリズム・セクション3人は7時過ぎから映画スタジオでの仕事が入っていた。当日その旨を知って驚いたババシンは西海岸に引っ越してきたばかりのピアニスト、アル・ヘイグに電話をして急遽来てもらうことにしたという。ベースのギル・ビーコンとドラムスのディック・ステイトンはアンドリュースの知り合いということだった。第2セットが始まったのは10時過ぎで、第1セットとは相当な時間差がある。第2セットにはこのレストランンでのジャムの常連だったチェット・ベイカーも参加しているが、彼はいつも第2セットにしか現れなかった。

ジャム・セッションは、ほとんどアレンジメントがなくジャズメンたちのソロのたらいまわしで面白くないという人も多いが、若いジャズメンにとって腕を磨く上で不可欠なものである。ペッパーはもとよりモントローズ、ベイカー、シェルドン、フリーマンなどみな当時は20歳代の若手だった。ジャム・セッションのもう一つの楽しみは、レコードでは通常めったに共演しない面子の共演である。このセッションの目玉は、アル・ヘイグとアート・ペッパーの一期一会の顔合わせだ。共演によるプレイは2曲のみで、しかもそのうち1曲ではペッパーのソロはないが、大変貴重な記録であることに変わりはない。ヘイグは共演者を選り好みするが、ペッパーを非常に高く買っていた。

アート・ペッパー(as on M1~3,5,6)
ジャック・モントローズ(ts on M1~6)
ジャック・シェルドン(tp on M1~6)
ハリー・ババシン(Cell on M1~6)
ラス・フリーマン(p on M1~3)
ボブ・ウィットロック(b on M1~3)
ビリー・スナイダー(ds on M1~3)
アル・ヘイグ(p on M4~6)
ギル・ビーコン(b on M4~6)
ディック・ステイトン(b on M4~6)
チェット・ベイカー(tp on M4~6)
1952年8月18日 カリフォルニア州イングルウッド、トレード・ウィンズ

アーティスト紹介

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。