サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

Bringing Back The Sunshine

  • 発売日:2014/11/15
  • レーベル:Wb
  • カタログNo.:2.544918
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Bringing Back The Sunshine【CD】

Blake Shelton

今やNo.1男性カントリー・シンガーとしてだけでなく、人気オーディション番組「THE VOICE」の審査員としても全米のお茶の間にその存在が広く知れ渡っている、シンガーソ...

もっと見る

Bringing Back The Sunshine【CD】

2,052(税込)

ポイント :19pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. Bringing Back The Sunshine
  2. Neon Light
  3. Lonely Tonight (feat. Ashley Monroe)
  4. Gonna
  5. A Girl
  6. Sangria
  7. Buzzin' (feat. RaeLynn)
  8. Just South Of Heaven 
  9. I Need My Girl
  10. Good Country Song
  11. Anyone Else 
  12. Just Gettin' Started

その他のバージョン

CD Bringing Back The Sunshine US輸入盤 発売日 : 2014/10/28 購入できません
CD Bringing Back The Sunshine AUS輸入盤 発売日 : 2014/09/26 購入できません

商品説明

今やNo.1男性カントリー・シンガーとしてだけでなく、人気オーディション番組「THE VOICE」の審査員としても全米のお茶の間にその存在が広く知れ渡っている、シンガーソングライター、ブレイク・シェルトン。これまで17枚のNo.1カントリー・シングル、3枚のプラチナ・ディスクに、5枚のゴールド・ディスク、そして4年連続CMA年間最優秀男性ヴォーカリスト賞を獲得している彼は、今やカントリー界のみならず、アメリカ音楽シーンを牽引するヴォーカリストとしての貫録もついている。

彼にとって11作目となるスタジオ・アルバム『BRINGING BACK THE SUNSHINE』のプロデュースを手掛けるのは、長年の友人でコラボレートも何回も行っているスコット・ヘンドリックス。その結果完成したアルバムは、ブレイク・シェルトン史上最高のパワフルなヴォーカルが堪能できる作品となった。それについて、ブレイク本人はこう語っている。「自分にとって重要なものを一つ上げよと言われれば、何よりも歌だと答えるだろう」その理由について彼はこうも述べている。「俺は色んなアーティストのファンだけど、いつもシンガーに惹かれるんだ。だから、アール・トーマス・コンリー、トラヴィス・トリット、ロニー・ミルサップ、コンウェイ・トゥイティといった人たちを尊敬していた。彼らはヴォーカルをレコーディングすることになれば、ただ歌ったつもりで済ませることは絶対ない」

そんなブレイクだからこそ作れる、余計な影響も流行にも左右されない、最高にストレートな現代カントリー・アルバムが本作『BRINGING BACK THE SUNSHINE』である。「俺達にとって、現時点で出来る限り素晴らしいアルバムを作ることが毎回の目標なんだ。余計な政治やなんやらに邪魔されることなくね。スタジオに入って可能な限りベストなシンガーになろうとして頑張っている俺と、その俺をアルバム制作の作業をしながら、俺がベストを出すようにプッシュするスコットで作っているんだ」

いくつか曲が出来ると、ブレイクは妻のミランダ・ランバートをトラックに乗せ、彼女に聞かせるという。今作の中で、彼女が何回も繰り返し聞いていたのがアルバムの8曲目「Just South Of Heaven」だったそう。そんな彼女の様子を見て、ブレイクは直ちにスコットに、この曲をアルバムに収録すると伝えたとのこと。

また3曲目に収録されているアシュレイ・モンローとのデュエット「Lonley Tonight(feat. Ashley Monroe)」はブレイク本人にとって、一番タフなヴォーカル録りだったという。

「Good Country Song」というタイトルの楽曲があるように、ブレイクにとって「カントリーはお日様のようなものだ」という。アーティストとして、そして音楽的にも常に成長をし続け、新たな領域を開拓していこうとする彼が作り上げた、太陽の日差しのように眩しい最高にストレートなコンテンポラリー・カントリー・アルバム、それが本作『BRINGING BACK THE SUNSHINE』だ!

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。