サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

Peace

  • 発売日:2014/11/20
  • レーベル:Sunnyside
  • カタログNo.:SSC1399
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Peace【CD】

Dayna Stephens

マット・ピアソン・プロデュースのデイナ・スティーブンス新作ブラッド・メルドー、ジュリアン・レイジ、ラリー・グレナディア、エリック・ハーランドという完璧な布陣!秋の夜...

もっと見る

Peace【CD】

2,365(税込)

ポイント :21pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. Peace
  2. I Left My Heart In San Francisco
  3. Zingaro
  4. The Good Life
  5. The Duke
  6. Brothers (From The Mission)
  7. Deborah's Theme (From Once Upon a Time In America)
  8. Oblivion
  9. Body and Soul
  10. Two for the Road
  11. Moonglow

商品説明

マット・ピアソン・プロデュースのデイナ・スティーブンス新作
ブラッド・メルドー、ジュリアン・レイジ、ラリー・グレナディア、エリック・ハーランドという完璧な布陣!秋の夜長にぴったりのバラード集


1978年生まれ、アル・フォスターや、ケニー・バロンといった今やレジェンドというべきアーティストに抜擢されてきた一方、アンブローズ・アキンムサリ(82年生)、テイラー・アイグスティ(84年生)といった同世代アーティストと、シリアスに音楽をクリエイトしてきたことで、大きな注目を浴びるデイナ・スティーブンスの最新作品。

オランダのCriss Cross からも作品をリリースする一方、Sunnysideでの第一弾作品『That Nepenthetic Place』は上記のアイグスティやアキンムサリ、そしてグレッチェン・パラート, ジャリール・ショーら長年の朋友らを迎えた作品で話題になったものでしたが、Sunnysi deレーベル第二弾は、その対極を行く意味で、また注目です。プロデューサーにはマット・ピアソンを迎え、ピアノにはブラッド・メルドー。ベースにはメルドーの紹介によりラリー・グレナディア。ドラムには、デイナ・スティーブンスのファースト・アルバムにも参加し、グレナディアとは名コンビであるエリック・ハーランド。そこに、まだティーンエイジャーであった頃から、ステファン自身も畏敬の念を抱いたというジュリアン・レイジが参加するという超豪華な布陣。しかもこのメンバーで、バラードに絞った作品なので、強いコンセプトを感じさせるものといえます。作品は、このメンバーだからこその、思慮に富み、美しいサウンド。期せずして、トリビュートとしての意味合いも加わった、ホレス・シルヴァーの名バラード「Peace」に始まり、カルロス・ジョビンにピアソラ、ジャズ史上の隠れた名作曲家ブルーベックなどによる巨匠の残した楽曲を描き上げるサウンドは、端正で折り目正しいものがあります。しかし、この端正さは豪華メンバーが集まったからだけではないでしょう。楽曲によって、スティーブンスは、ソプラノ、テナー、バリトンと、持ち替え演奏。中でもM4の「The Good Life」は、ドラムレスとして豊かでのびやかな音空間を創ることに成功。また白眉なのは、2つのモリコーネ・ナンバーで、「Good Life」同様にドラムを排した「Brothers (from the Mission)」は、ゴスペル的な哀愁をソプラノで優雅に響かせており、『ワンス・アポン・ナ・タイム・アメリカ』の「Deborah's Theme (from Once upon a Time in America)」では、楽曲が湛えたノスタルジックなメロディを哀歓深く演奏。繊細なメルドーのピアノ、スペイシーな音色でノスタルジーをかきたてるレイジのギター、懐深くつづるステファンスのテナー、そして寄り添うべースとドラム・・・。またトニー・ベネットのヴォーカルで知られるM2や4のようなナンバーも注目です。秋の夜長のバラード集。キリっとした空気に染みる作品です。

Dayna Stephens (ts,ss,bs)
Brad Mehldau (p)
Julian Lage (g)
Larry Grenadier (b)
Eric Harland (ds)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

モダンジャズ ランキング

モダンジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。