サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 グッリ、チェリビダッケ指揮、ロッシ指揮(1957、59)

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 グッリ、チェリビダッケ指揮、ロッシ指揮(1957、59)

  • 発売日:2014/12/16
  • レーベル:Istituto Discografic
  • カタログNo.:IDIS6689
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Italy
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 グッリ、チェリビダッケ指揮、ロッシ指揮(1957、59)【CD】

プロコフィエフ(1891-1953)

チェリビダッケの名伴奏も光る、グッリの至芸フランコ・グッリ[1926-2001]はシゲティ門下のイタリアのヴァイオリニスト。ローマ合奏団のメンバーを務め、東...

もっと見る

プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 グッリ、チェリビダッケ指揮、ロッシ指揮(1957、59)【CD】

2,149(税込)

ポイント :19pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チェリビダッケの名伴奏も光る、グッリの至芸

フランコ・グッリ[1926-2001]はシゲティ門下のイタリアのヴァイオリニスト。ローマ合奏団のメンバーを務め、東京音大でも教鞭を執ったため、日本にも教え子が多くいます。ここでは20世紀のヴァイオリン協奏曲名作2篇に挑戦。いずれもシゲティ譲りの辛口で深い精神性が特徴で、明るい音色に魅せられます。
 さらにプロコフィエフ作品はチェリビダッケが指揮を務めているのも注目。チェリビダッケのプロコフィエフ演奏は、録音に残されたものの素晴らしさからうかがえますが、このヴァイオリン協奏曲第1番の伴奏は驚愕の巧さ。独奏にピッタリ合わせつつ、完全にチェリの音楽となっていて面白さの極みです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
2. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.19

 フランコ・グッリ(ヴァイオリン)
 トリノRAI交響楽団(1)
 ナポリ・アレッサンドロ・スカルラッティ放送管弦楽団(2)
 マリオ・ロッシ(指揮:1)
 セルジウ・チェリビダッケ(指揮:2)

 録音時期:1959年12月31日(1)、1957年12月22日(2)
 録音方式:モノラル(ライヴ)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

協奏曲 ランキング

協奏曲のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。