サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ワールドミュージック
  5. Bar Buenos Aires Soiree -dedicated To Bill Evans

Bar Buenos Aires Soiree -dedicated To Bill Evans

  • 発売日:2014/11/09
  • レーベル:Bar Buenos Aires
  • カタログNo.:RCIP0214
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Bar Buenos Aires Soiree -dedicated To Bill Evans【CD】

かつてない、新たな名作コンピレイションの誕生。世界の繊細な音楽を紹介するbar buenos airesの世界観を象徴するコンピ・シリーズ最新第4弾。大人気コンピレイショ...

もっと見る

Bar Buenos Aires Soiree -dedicated To Bill Evans【CD】

2,484(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. MY BELLS / PAUL LIEBERMAN
  2. VERY EARLY / KRONOS QUARTET
  3. VALSA / CLAIRE RITTER
  4. SWARMOOSH / TOBIN CHODOS TRIO
  5. THE DOLPHIN / TONU NAISSOO TRIO
  6. PARA NAZARETH / JOÃO CARLOS ASSIS BRASIL
  7. LEFT BEHIND / MARC COPLAND - JOHN ABERCROMBIE
  8. ALWAYS BY YOUR SIDE / DANIEL MASUCH
  9. INTERMEZZO FROM THE OPERA “CAVALLERIA RUSTICANA” / DANILO REA
  10. 22 BROOLLYN TERRACE / PEO ALFONSI
  11. LULLABY / LISA MARONI
  12. SOIREE / THE DANNY GOTTLIEB TRIO
  13. PEACE PIECE / TORINO GUITAR QUARTET
  14. CHILDREN’S PLAY SONG / TONY GOULD
  15. SEPTEMBER FIFTEENTH / CARLOS AGUIRRE & QUIQUE SINESI

商品説明

かつてない、新たな名作コンピレイションの誕生。世界の繊細な音楽を紹介するbar buenos airesの世界観を象徴するコンピ・シリーズ最新第4弾。
大人気コンピレイション・シリーズの新たな幕開けとなる第4弾は、「エヴァンスと室内楽」を選曲コンセプトに、ビル・エヴァンスのMGM盤『From Left To Right』に収められた、彼の親友アール・ジンダース作の名ワルツ「Soiree」を選曲イメージの源泉にし、単なるエヴァンス・カヴァーや愛演曲だけではない、bar buenos airesならではの視点で自由に音楽を連想していきます。

本作最大のニュースは独占収録曲。今回はあのパット・メセニー&ライス・メイズがビル・エヴァンスの命日をタイトルにし彼に捧げた「September Fifteenth – dedicated to Bill Evans」の、カルロス・アギーレとキケ・シネシによる彼らの優しさがにじみでた新録カヴァーを収録!歴史的な名演に独創的な解釈が加わり、新たな歴史が刻みこまれました。

bar buenos airesのロングセラー・コンピ・シリーズは『カルロス・アギーレに捧ぐ』(’11年)、『風、光、水』(’12年)、『星の輝き』(’13年)とリリースを重ね、着実にリスナーの支持を得てきました。これまでの3部作を経て、今年は新たなコンセプトのもと、ビル・エヴァンスから広がる音の波紋をていねいに描きだします。

「室内楽とエヴァンス」をテーマに、オープニングの「My Bells」から、クロノス・カルテットの「Very Early」へ。カエターノによって命を吹き込まれた「Valsa」から穏やかな「The Dolphine」へ、そして滋味に満ちたジョアン・カルロス・アシス・ブラジルのこぼれるようなピアノから、エヴァンスとジム・ホールの稀代の名作『アンダーカレント』を彷彿させる「Left Behind」、ラルフ・タウナーの「Always By Your Side」の親密なカヴァー(世界初CD化)はまさにbar buenos airesの選曲を象徴する流れです。後半は「地中海と室内楽」をうたうイタリアEGEAレーベルの作品に代表される耽美的な音世界から、初代パット・メセニー・グループのドラマーであるダニー・ゴットリーブをリーダーとするピアノ・トリオによる静寂のカヴァー「Soiree」へとつながり、最後は「September Fifteenth」の感動の新録カヴァーで幕を閉じる、繊細かつ豊潤、選曲も曲順も含め、エヴァンスの美学をデリケイトに表現しています。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ワールドミュージック ランキング

ワールドミュージックのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。