サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

Collected

  • 発売日:2014/11/11
  • レーベル:Universal
  • カタログNo.:UNIV5342744
  • 組み枚数:3枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Collected【CD】 3枚組

Colin Blunstone

Collected【CD】 3枚組

3,229(税込)

ポイント :29pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. She's Not There - the Zombies
  2. Tell Her No - the Zombies
  3. Summertime - the Zombies
  4. Time of the Season - the Zombies
  5. Say You Don't Mind
  6. Caroline Goodbye
  7. Misty Roses
  8. I Don't Believe in Miracles
  9. How Could We Dare to Be Wrong
  10. Andorra
  11. Keep the Curtains Closed Today
  12. Exclusively for Me
  13. Weak for You
  14. Planes
  15. Dancing in the Dark
  16. Ain't It Funny
  17. If I Said
  18. Tearing the Good Things Down
  19. What is Love
  20. You Make Love So Good
  21. Slowburn
  22. Second Avenue
ディスク2
  1. I Want Some More
  2. What Becomes of the Broken Hearted - Feat. David A. Stewart
  3. Wonderful
  4. The Tracks of My Tears
  5. Old and Wise -the Alan Parsons Project
  6. The Eagle Will Rise Again -the Alan Parsons Project
  7. Miles Away
  8. Losing You
  9. I've Always Had You
  10. Home -feat. Rod Argent
  11. Mystified -feat. Rod Argent
  12. Sanctuary -feat. Rod Argent
  13. In My Mind a Miracle -album Version / the Zombies
  14. I Want to Fly -the Zombies
  15. Memphis -the Zombies
  16. Love Left a Long Time Ago
  17. Any Other Way -the Zombies
  18. The Ghost of You and Me
  19. Though You Are Far Away
  20. So Much More
ディスク3
  1. Turn Your Heart Around
  2. Tiger in the Night - with Mike Batt / Royal Philharmonic Orche
  3. Emma, My Dear (Love Theme) - with the Bolland Project
  4. Love Leads You - Duncan Browne
  5. Misunderstood - Duncan Browne
  6. For Absent Friends - Steve Hackett
  7. She's Not There - Neil Macarthur
  8. Don't Try to Explain - Neil Macarthur
  9. Ignorance is Bliss - the Alan Parsons Project
  10. Splendid Morning - with Nadieh
  11. Julie (If You Leave Me) - Don Airey
  12. Somebody out There - the Alan Parsons Project
  13. Night Full of Voices - Keats
  14. Losing Your Way in the Rain - with Mike Batt
  15. I Fall Again - Duncan Browne
  16. Politics of Love
  17. Dancing on a High Wire - the Alan Parsons Project
  18. Way of the Evolution - with the Bolland Projec

アーティスト紹介

Colin Blunstone

90年代に入ってからのこと。世界に先駆けてCD再発となった 一年間(One Year) CD化のとき、ソフト・ロックや60’sテイストなポップスを好む若いリスナーを中心に話題となったコリン・ブランストーンは、1999年末~2000年にかけてまたもや注目を集めることとなった。その憂いと甘さ、ハスキーさとスムースさを併せ持った歌声は独自のものだ。 90年代に入ってからのこと。世界に先駆けてCD再発となった 一年間(One Year) CD化のとき、ソフト・ロックや60’sテイストなポップスを好む若いリスナーを中心に話題となったコリン・ブランストーンは、1999年末~2000年にかけてまたもや注目を集めることとなった。この時期、インディ・ギター・ポップ系リスナーを中心に大きな話題をさらったタヒチ80のヴォーカリストの歌声は、確かにコリン・ブランストーンの歌声を連想させるものだったし、そのメンバー達自体がゾンビーズコリン・ブランストーンがフェイバリットだというのだから、それまで聴いていなかったファンは一度聴いてみたいと思ったはずだろう。ときにハスキーで吐息まじりの柔らかなヴォーカルを聞かせる点は、確かにコリンタヒチ80のヴォーカリストの共通点だ。ただレコードを聴く限りでは、個人的にはコリン・ブランストーンのほうに、繊細な歌声の中に、より太いのどを思わせる「低音の鳴り」を感じるのだけれども(どちらがいい、という話ではありませんが)。

コリン・ブランストーンは1945年1月24日、イギリスのハットフィールドというところで生まれている。彼の名を世間にしらしめたのは、いわずとしれた英国ビート・バンド、ゾンビーズのヴォーカリストとしての活躍でだった。60年代初頭にロンドンのセント・アルバンズ・パブリック・スクールで結成されたゾンビーズは当初、いわゆる学生バンドだった為、卒業とともに解散する予定だったが、皮肉なことに解散記念に出演したバンド・コンテストで優勝してしまう。そして彼らに惚れ込んだのちのマネージャーがデッカ・レコードと契約させたので活動を続けることになったのだった。その頃、イギリスはビートルズ登場後ビート・グループのブームに沸いていた時期。ゾンビーズもそうした一群のなかからデビューした。1964年にデビュー・シングル"She's Not There"をリリース。いきなり全米2位、全英12位の大ヒットを記録する。切なさを感じさせるメロディとコリン・ブランストーン独特の憂いと甘さのミックスされたハスキー・ヴォイス。そしてロッド・アージェントのジャズ的要素を含んだ印象的なオルガン。ゾンビーズのマイナー・メロディ系の大衆性とヒップなセンスの良さが両立したサウンドはこの後も特徴として続いていく。

3枚目のシングル"Tell Her Know"も名曲(全米6位、全英30位)。曲の途中でマイナー調のメロディになり、また開放的なメロディに戻るという構成で、起伏のあるユニークなポップ・ソングに仕上がっている。1stアルバム Begin Hereはよくある英ビート・バンドに終わらない、先述のゾンビーズ独自のセンスが生かされた作品だ。収録曲の中では、日本ではカーナビーツがカヴァーしたことで有名な"I Love You"がユニークなメロ展開を持つ曲で面白い。しかし、この後バンドはシングル・ヒットが飛ばせず、苦しむことになる。

結局、68年にはコリンらメンバー二人がゾンビーズを脱退。コリンは遂には音楽業界からも離れてしまう。残されたロッド・アージェント、クリス・ホワイトは自費で録音してあったテープをミックスダウンしてゾンビーズのアルバムとして発表した。これが今でも60’sロック/ポップス・ファンに人気の高い名作 Odessey And Oracle(’68年4月発表。タイトルの英語のスペルが間違っていることも有名)だ。

正直言って初期のヒット・シングルと1stアルバムのみの発表だったら、ゾンビーズは現在まで語り継がれるような価値あるグループとして認識されなかっただろう。このアルバムはそれだけ普遍性のあるポップスとして現在でも充分に聴けるし、時代もあってトータル・アルバムの趣きがあるところもいい。

一曲目の "Care Of Cell 44"のピアノのイントロからコリン・ブランストーンの歌い出しだけでもうノック・アウト! サビ前のタメのある部分にはビーチ・ボーイズ風のコーラスが。そしてコリンのいつになく鋭いサビが…正にこの世のものとは思えない美しさ(若いロック・ファンにはティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクが、人生を変えられたこの10曲みたいなアンケートに、この曲を挙げていた、と紹介したい)...このままでは、全曲紹介してしまいそうになるので、この辺で当時の反響を…ところが英国では全然ダメだった。ほとんど無視状態。しかしこの作品は数奇な運命を辿る。たまたまこのアルバムを聴いた、当時CBSのプロデューサーだったアル・クーパー(60’sロック伝説の人物。ブルース・プロジェクトを経てブラッド・スウェット&ティアーズ結成。脱退後はソロ・アーティストで活躍)が作品を非常に気に入り、’68年9月にCBSからシングル"Time Of The Season"(繰り返されるため息とリズム・パターンが特徴的な曲)をアメリカで発売。すると同曲は全米3位、200万枚の売り上げを記録する大ヒットとなったのだった。しかし、この時、すでにロッド、クリスは別のプロジェクトに入っており、ゾンビーズは解散ということになっていた。

その後コリンゾンビーズ解散後、一度音楽業界を離れたが、1971年一年間(One Year)で復帰。その後もソロ作をいくつか発表していき、90年代にはいってからの再結成ゾンビーズにも参加している。

冒頭でも触れたようにタヒチ80などに影響を与えたコリン・ブランストーンだが、その憂いと甘さ、ハスキーさとスムースさを併せ持った歌声は独自のもので、なかなかフォロワー的シンガーというものも、コリン自身に影響を与えたシンガーというのも思い浮かばない。あえて言えばコリンのヴォーカルはゾンビーズのジャズっぽさと同様、そうした米国のジャズ~ポピュラー・ヴォーカルの系統にどこか一脈通じているのではないか、とは思うのだが。

コリン・ブランストーンのユニークでどこか心の襞を刺激してくる歌声は、これからも次世代のポップス・リスナー達に、その都度「再発見」されていくだろうと思う。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ポピュラーロック ランキング

ポピュラーロックのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。