サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

牙

  • 発売日:2014/12/17
  • レーベル:Kix Entertainment
  • カタログNo.:KIX1031
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

牙【CD】

妄走族

2013年末、8万DLを記録したFREE DL曲"塗りつぶせ"でグループ再始動を果たし、1月に"走-RUN-"のFREE DL、2月には"PRIDE"、4月には"PROJ...

もっと見る

牙【CD】

3,024(税込)

ポイント :28pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. 日本語ぱわー
  2. 226
  3. 壊したいモノ守りたいモノ
  4. まぁ呑めや
  5. 街とshitとshout
  6. 走 -RUN-
  7. ピラミ ~陰謀説とか都市伝説とかソノテノヤツ~
  8. PROJECT TOKYO feat. ZEUS, RAW-T, YOUNG FREEZ, SIMON JAP, 輪入道 & 十影
  9. ハブリーバブリーの脅威
  10. 積み木崩し feat. RAW-T, SIMON JAP, G.O, CAZINO, スナフキン
  11. SKIT
  12. 塗りつぶせ
  13. 蹴ッ飛バセ 90s
  14. 不動の背中
  15. ヴァンガード96' feat. 十影

商品説明

2013年末、8万DLを記録したFREE DL曲"塗りつぶせ"でグループ再始動を果たし、1月に"走-RUN-"のFREE DL、2月には"PRIDE"、4月には"PROJECT TOKYO"をiTunesでデジタル配信、5月には妄走族名義初のMIX CD "PROJECT TOKYO Mixed by DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSH!"をリリース。その怒濤のリリース攻勢とイベントを連動したその再始動の動きは"411"、"Samurai magazine"、"Amebreak"、"Ollie"、"超流派"、"BARKS"、"ナタリー"、"Yahoo!ニュース"などを始め、各メディアに大々的に取り上げられ、2014年上半期の日本語ラップシーンを席巻、再始動の狼煙と共に、改めて圧倒的な存在感を示し、東京ヒップホップシーンの再燃に一役買った。また、主宰するイベント"核MIX"も隔月で開催(2014年は2月、4月、6月、8月が既に終了し、現時点での総動員数は3000人超!!!)、10月6日(月)には渋谷HARLEM、12月27日(土)には川崎クラブチッタで"核MIX SP"の開催が決定している。また、9月に日比谷野外音楽堂でのワンマンを終えた般若がまさかの脱退。般若、妄走族から同日に発表され、ヘッズに衝撃と物議を醸した。ヒップホップヘッズならずとも、般若脱退を乗り越えた、東京マル妄サウンドの進化が気になるところだろう...トラックを手掛けたのはNY在住の新メンバー: WAKAを迎えた、新生GAS CRACKERZ。2014年最後の日本語ラップのリリースの大トリを務める妄走族、10年ぶりの5枚目のアルバム"牙"(キバ)に乞うご期待!


●妄走族 (モウソウゾク)●
妄走族とは日本のヒップホップ史には欠かすことのできない渋谷・三茶を中心とするDEN、神、般若(2014年脱退)、ZORRO、K5R、565、MASARU、剣桃太郎、鬼頭(ACC)の面々で形成されている東京最重要ヒップホップグループである。デビューする前までは渋谷近辺で催されていた有名ラッパーが集うイベントに無断で「カチコミ」マイクジャックを繰り返しシーンに圧倒的な存在感をアピールし話題になり、1998年にはインディーズデビュー、2003年にはユニバーサルミュージックよりメジャーデビューを果たし東京ストリートヒップホップのヒーロー的存在としてシーンを牽引する。その圧倒的存在感で、ストリートだけではなくテレビ・新聞・雑誌・ラジオなど、様々なメディアを巻き込み数々の伝説を築き上げる。妄走族名義としては2004年に4枚目のアルバム「進攻作戦」のリリースを最後にグループ名義としてのリリース活動を休止、以降自身らのレーベル「妄RECORDS」を設立し各々が力をつけ再度集結するためソロでのリリース、ライブ攻勢を開始。現在では妄RECORDSの経験を経て、メンバーそれぞれ「KIX ENTERTAINMENT」、「LEGENDARY inc」などのレーベルを主宰し、各々がアーティスト活動、事業を展開する迄に至った。妄走族としては約10年間グループとしての活動はほぼないものの、各々のリリース展開やレーベル・イベント等の主宰・運営により確固たる地位を築き上げる。日本のヒップホップシーンでは類を見ない東京屈指の金字塔、モンスターグループ、それが"妄走族"だ。その"妄走族"が約10年ぶりに再始動。シーンに新たなる伝説が起こるのは言うまでもないだろう。

アーティスト紹介

妄走族

メンバー

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。