サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0217-23)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『春の祭典』(1913年初稿版&1967年版) ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(2CD)

『春の祭典』(1913年初稿版&1967年版) ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(2CD)

  • 発売日:2014/12/09
  • レーベル:Rca
  • カタログNo.:88843095462
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『春の祭典』(1913年初稿版&1967年版) ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(2CD)【CD】 2枚組

ストラヴィンスキー(1882-1971)

もっと見る

『春の祭典』(1913年初稿版&1967年版) ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団(2CD)【CD】 2枚組

3,132(税込)

ポイント :29pt

CDをカートに入れる

商品説明

ストラヴィンスキー:春の祭典(1913年初稿世界初録音+1967年決定稿)
ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
こんなにも違うのか! 初演から100年を経てその原初の姿が蘇る!


ジンマン+チューリヒ・トーンハレの最新盤は、昨年6月に行われた『春の祭典』初演100年記念演奏会のライヴ。『春の祭典』は何度も改訂されていますが、当アルバムの目玉は、作曲者が構想した最初の姿である1913年の初稿の世界初録音。チューリヒのパウル・ザッハー財団所蔵になる自筆譜を使用し、初演にかける前の作品の原初の姿を再現。「初稿はよりソフトで印象主義的」というジンマンの言葉通り、細部のオーケストレーションが異なり、演奏を繰り返していく過程でストラヴィンスキーが改訂を加えた意図がよく判ります。
 ジンマン盤の特徴は、今年発売され話題となったロト指揮ル・シエクルの再現稿とは異なり、初演にかける前に作曲者が思い描いた作品の形態を、記譜のミスと思われる個所も含め、そのまま演奏していることにあります。
 同じコンサートでは、作品の最終形である1967年稿が休憩後に演奏され、さらにジンマンによるプレコンサート・レクチャー(約35分)も行われており、それらすべてをCD2枚組に収録しています。ジンマンの師モントゥーは作品の初演指揮者であり、1963年の「初演50周年記念演奏会」ではジンマンがアシスタントとしてリハーサルを指揮。それゆえこの100年記念演奏会はジンマンにとって感慨深いものであり、円熟の棒が冴えわたっています。

【プレコンサート・レクチャー】
ジンマン(英語)、司会(ドイツ語)による語りのほか、作品の部分的なデモンストレーション演奏も含まれています。初稿と決定稿の差異や、フランス国立管とトーンハレ管のファゴット奏者による「バソン」と「ファゴット」の音色を比較したりするデモ演奏に加えて、特筆すべきは、アンセルメが1922年にチューリヒ・トーンハレ管弦楽団で第2部の序奏のみを単独で取り上げた際にストラヴィンスキーが5小節のコーダを書き足した稿(世界初録音、ジュネーヴ音楽院所蔵)、『春の祭典』冒頭の有名なファゴットの旋律のもととなったユスキエヴィッツの「婚礼の歌」がジンマンによるオーケストラ編曲で含まれている点でしょう。

【ジンマンのレクチャーより】
「自筆譜による初稿と現行版の差異は、オーケストレーション、小節の区切り方、そして演奏についての指示にわたって数多くあります。例えば冒頭の有名なファゴットのソロは、初稿ではダイナミクスの指示がなく、演奏者の解釈にゆだねられています。これまた有名な≪春の兆し≫には下げ弓の指示がなく、現行版の脅迫的な趣きがありません。音楽の内容にかかわる重要な変更もあります。練習番号28では、後の改訂では18小節分の音楽が削除されています。リズムの上で複雑な≪いけにえの踊り≫でも非常に多くの差異が見られるのです。」(デイヴィッド・ジンマン)

【豪華装丁&充実の英文解説】
ハードカバー・ブックタイプのパッケージ使用。写真・図版を多数含む104ページの解説付き
 ①デイヴィッド・ジンマン・インタビュー「『春の祭典』との人生」
 ②マイケル・マイヤー「ストラヴィンスキー『春の祭典』の起源、影響とさまざまな争点について」
 ③インガ・マル・グルーテ「1913年のパリ~ストラヴィンスキーの『春の祭典』」
 ④カーステン・レール「イーゴル・ストラヴィンスキー」
 ⑤マルギット・キッチュ「『春の祭典』の初演」
 ⑤「作品のインスピレションとなったもの」 ほかを掲載。

【収録情報】
Disc1
● ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』(1913年初稿) 世界初録音

Disc2
● ストラヴィンスキー:バレエ音楽『春の祭典』(1967年決定稿)

 チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
 デイヴィッド・ジンマン(指揮)

● デイヴィッド・ジンマン、『春の祭典』とその2つの稿を語る

 デイヴィッド・ジンマン(語り)
 アンドレアス・ミュラー=クレポン(司会)
 フィリップ・アノン(フランス国立管弦楽団団員:バソン)
 マティアス・ラッツ(チューリヒ・トーンハレ管弦楽団員:ファゴット)

 録音時期:2013年6月8,9日
 録音場所:チューリッヒ、トーンハレ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ:『春の祭典』初演100年記念演奏会)
 プロデューサー:アンドレアス・ヴェルナー
 サウンド・エンジニア&エディティング:ヨエル・コルミール

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。