サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. ワールドミュージック
  5. 天架ける橋 (2013年リマスタリング盤)

天架ける橋 (2013年リマスタリング盤)

  • 発売日:2014/11/08
  • レーベル:Disc Milk
  • カタログNo.:DM002
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

天架ける橋 (2013年リマスタリング盤)【CD】

古謝美佐子

「童神」のオリジナルを含む多くの名曲収録した、ネーネーズ脱退後の2001年に発表した初のソロ・アルバム。発表以来、長年に渡って好評を頂いている人気作。2001年発表の名盤...

もっと見る

天架ける橋 (2013年リマスタリング盤)【CD】

3,087(税込)

ポイント :28pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. サーサー節
  2. 橋ナークニ-~夢かいされ
  3. 天架きる橋
  4. 童神
  5. すーしーすーさー
  6. やっちー
  7. 恋ぬ初み
  8. 家路
  9. 恨む比謝橋
  10. ヒンスー尾類小
  11. 天架きる橋ii

その他のバージョン

CD 天架ける橋 国内盤 発売日 : 2001/06/09 購入できません

商品説明

「童神」のオリジナルを含む多くの名曲収録した、ネーネーズ脱退後の2001年に発表した初のソロ・アルバム。
発表以来、長年に渡って好評を頂いている人気作。
2001年発表の名盤を新リマスター盤で再発売いたします。


元ネーネ-ズのメイン唄者(うたさー)であった古謝美佐子のソロ・アルバム、“天架ける橋”。この作品は彼女自身の半生を振り返る、いわば自叙伝的内容となっている。沖縄の古い民謡で毛遊び(もーあしび)への誘いの唄“サーサー節”でこのアルバムはスタート、そして(2)へ、約8分にも及ぶ大作で弦楽四重奏等今までの沖縄民謡には無かった斬新なアレンジのナンバー。またタイトル曲となっている“天架ける橋”、ここでは姜小青の中国筝がフィーチャーされて独特のムード。また(8)の“家路”、このナンバーはまぎれもなくクラシックの名曲、ドヴォルザーク交響曲からの楽曲に沖縄詞を乗せたもの。全11曲どの曲にも愛があり、やさしさがあり、全ての曲に素直に感動してしまう...。プロデュースはネーネ-ズ、’90年、’95年のプロデュースを担当した佐原一哉。お薦めします!

アーティスト紹介

古謝美佐子

初代ネーネーズのリーダー。基地の町に生まれ、幼少の頃から沖縄民謡に親しみ、小学生から舞台に立つ。ネーネーズ脱退後、ソロ活動に入る。2008年セカンド・ソロ・アルバム『廻る命』をリリース・・・続きを読む 1954年沖縄県嘉手納町生まれ。沖縄民謡歌手。初代ネーネーズのリーダー。基地の町に生まれ、幼少の頃から沖縄民謡に親しみ、小学生から舞台に立つ。9歳でレコードデビュー。

1986年より坂本龍一のプロジェクトに参加(レコード、ツアー)。'90年から沖縄ポップグループ「ネーネーズ」リーダーとして参加し、6枚のアルバムなどを発表。'95年ネーネーズを脱退し、1996年よりソロ活動を再開する。特に伝統的な民謡や情け唄と呼ばれるしっとりとした情感を込めた島うたを得意とする。また、唄以外にも作詞や、三線、琉琴、指笛、三板、太鼓などの楽器演奏もこなす。

ソロ活動再開後は、コンサート(唄会)のほか、坂本龍一のオペラ「LIFE」(1999年)出演、アイルランドの国宝級アーティスト「チーフタンズ」のアジアツア(2001~2002年)に参加するなど、国内海外のミュージシャンとも共演多数。

2000年には初の本格的ソロアルバム「天架ける橋」を制作、2001年一般店頭発売。「21世紀の沖縄音楽の夜明けを告げるアルバム」と絶賛される。また、その中にも収録されている自作詞の「童神(わらびがみ)」(1997 作)は、新しい沖縄を代表する子守歌としてブームを呼び、「夏川りみ」「山本潤子」「花*花」「加藤登紀子」など数々の歌手によってカバーされている。

2004年には「モンゴル800」のアルバムに特別参加(唄・三線)するなど、その活動は多岐にわたっている。最新CDシングルは2005年発表の「黒い雨」「黄金ん子」。また、ソロ活動以外にも初代ネーネーズの宮里奈美子、比屋根幸乃と共に「さんさら」を結成。

また日本の権威的学者や音響研究者の研究発表により「古謝美佐子の声は、人を癒したり健康を促進する『高周波』と『ゆらぎ』を同時に持つ希有の存在である、ということが証明される。作家の五木寛之氏が、「いま最も凄い歌手」と絶賛する。現在も沖縄県在住。(アーティスト公式ホームページより)


【佐原 一哉(さはら かずや)】

1958年福岡県門司市生まれ。同志社大学卒業。音楽プロデユーサー、キーボード奏者、作曲編曲家。

主に、沖縄の民謡や関西の河内音頭や江州音頭等、日本の伝統的大衆音楽と関り、プロデユースする。過去のプロデュースアーテイストは『ネーネーズ』『桜川唯丸』(江州音頭)『河内家菊水丸』(河内音頭)など。

現在は主に沖縄民謡歌手の『古謝美佐子』『宮里奈美子』のプロデユースを全面的に手がける。
また、作曲家としては森進一、都はるみなどに曲を提供する。その他、映像音楽作品や著作も手がける。妻は古謝美佐子。福岡在住。DISC MILK主宰。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。