サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. レオポルト侯のための葬送音楽 ピション&アンサンブル・ピグマリオン

レオポルト侯のための葬送音楽 ピション&アンサンブル・ピグマリオン

  • 発売日:2015/01/06
  • レーベル:Harmonia Mundi
  • カタログNo.:HMC902211
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

レオポルト侯のための葬送音楽 ピション&アンサンブル・ピグマリオン【CD】

バッハ(1685-1750)

もっと見る

レオポルト侯のための葬送音楽 ピション&アンサンブル・ピグマリオン【CD】

2,905(税込)

ポイント :26pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明


バッハの失われていた音楽、復元録音の登場!
マタイ受難曲などが取り入れられた『レオポルト侯のための葬送音楽』
ピション&アンサンブル・ピグマリオン


消失していた『レオポルト侯のための葬送音楽』の復元録音が登場! これを手掛けたのは、ラファエル・ピション。彼はアルファ・レーベルからリリースされた『ミサ・ブレヴィス ロ短調』で、たび重なる改訂などで謎が多い『ロ短調ミサ曲』の原点を見事に再現してみせた、研究と演奏両面にひいでた指揮者。あくなき探求と研究が、またひとつの素晴らしい成果を生み出しました。
 J.S.バッハは、アンハルト=ケーテン侯レオポルト[1694-1728]の宮廷で1717~23年の間楽長を務めました。侯は音楽を愛し、音楽に精通した主君で、優れた宮廷楽団を有し、バッハのよき理解者でもありました。バッハはこの時期に『ブランデンブルク協奏曲』『無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ』『インヴェンション』『平均律クラヴィーア曲集第1巻』など多くのすぐれた器楽曲を作曲、充実した日々を送っていました(ただしこれらのほとんどは浄書であり、作品自体がこの時期に成立したかどうか明確でない部分もあります)。
 この『レオポルト侯のための葬送音楽』は、1728年に亡くなった侯のために1729年3月24日に演奏されたもの。楽譜資料は消失しているものの、『マタイ受難曲』のテキストも手掛けたピカンダーによる、この作品のためのテキストが残されています。このテキストが、マタイ受難曲(初版、1727年版)などの既存のアリア楽曲旋律にそのままあてはめられる構造であることから、この葬送音楽はバッハの自作のパロディの技法を用いて作られたと考えることができます。たとえば、『マタイ受難曲』の有名なアルトのアリア「主よ、憐れみたまえ(Erbarme dich)」は、この葬送音楽では「Erhalte mich(私を忘れないでください)」というテキストに置き換えられており、完全に入れ替え可能なものとなっています。このようにテキストを既存の楽曲にあてはめながら、この復元・録音の実現となりました。
 ブックレットのトラック表には、『マタイ受難曲』のほか、『侯妃よ、さらに一条の光を』BWV198、ロ短調ミサ曲など、元になった楽曲との対照表もついています(欧文)。
 演奏陣も、俊英アンサンブル・ピグマリオン、さらに歌唱陣もフランスの新しい歌姫ドヴィエイルや、ダミアン・ギヨンらと充実の布陣で、つやがあって引き締まった素晴らしい演奏を展開しています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● J.S.バッハ:レオポルト侯のための葬送音楽 BWV.244a
 (モーガン・ジュルダンとラファエル・ピションによる復元)

 サビーヌ・ドヴィエイル(ソプラノ)
 ダミアン・ギヨン(アルト)
 トーマス・ホッブス(テノール)
 クリスティアン・イムラー(バス)
 アンサンブル・ピグマリオン
 ラファエル・ピション(指揮)

 録音時期:2014年5月
 録音場所:ヴェルサイユ宮殿内王立礼拝堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【ラファエル・ピション】
カウンターテナー歌手としてサヴァール、レオンハルト、コープマンらと共演したことがあり、また、ピアノ、ヴァイオリンも学び、その後、ピエール・カオの下で指揮も学んだという逸材。バロックから現代作品の初演までを手掛け、2006年、アンサンブル・ピグマリオンを設立。ラモーのオペラ録音、そして、バッハのミサ・ブレヴィスの録音(アルファ)でも話題となりました。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。