サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 音響詩『ウアゾナーテ』 シュプレッヒボーラー

音響詩『ウアゾナーテ』 シュプレッヒボーラー

  • 発売日:2015/02/04
  • レーベル:Wergo
  • カタログNo.:WER6316
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Germany
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

音響詩『ウアゾナーテ』 シュプレッヒボーラー【CD】

Schwitters , Kurt (1887-1948)

もっと見る

音響詩『ウアゾナーテ』 シュプレッヒボーラー【CD】

2,797(税込)

ポイント :25pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

商品説明


これぞダダ。
シュヴィッタース、新録音の登場!


ダダイズムの旗手、シュヴィッタースの新録音の登場。1トラック目に収録されている「Kaa gee dee」という詩では、「カー・ゲー・デー」という言葉が三人の演者によって、さまざまな音声、時にささやくような声でひたすら繰り返されます。このような、語りと音楽の境にあるシュヴィッタースの作品は、第一次世界大戦中のヨーロッパに起こった、芸術は至高なもの、という既成概念を打ち崩そうとするダダの芸術として高く評価されています。
 そんなダダの極みのひとつが、『原ソナタ(ウアゾナーテ)』。原ソナタ、などと言うと難しそうですが、聞いてみると、ひとつの言葉を繰り返したり、さらにそのスペルを突如大きな声で発したりと、無秩序の世界。しかし、言葉(音)がさまざまな方向から押し寄せる感覚は非常に独特で、音というものへの感覚、音についての考えが根底から覆されてしまうような衝撃に満ちています。
 シュヴィッタースは、「文字というものは音をもたない。それらは、音を生み出す可能性を秘めているに過ぎないのであり、その音は、話し手によって価値が決められる」と述べていますが、この彼の言葉は、そのまま楽譜と演奏者の関係に置き換えることもできるでしょう。我々を、音楽の原点に立ち戻させるようなシュヴィッタースの作品を、シュプレッヒボーラーの面々が、時にユーモラスに、時にシリアスに、文字を空間に放って独自の世界を描いていきます。心地よい言葉の羅列に浸れる1枚。オーディオ的にも優れています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● シュヴィッタース:音響詩『ウアゾナーテ(原ソナタ)』 (1922-32) および他の音詩集

 シュプレッヒボーラー(言語的=音楽的語り芸術トリオ)

 録音時期:2014年1月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。