サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 歌劇『シリアのハドリアヌス帝』全曲 ビオンディ&エウローパ・ガランテ、プリナ、インヴェルニッツィ、他(2014 ステレオ)(3CD)

歌劇『シリアのハドリアヌス帝』全曲 ビオンディ&エウローパ・ガランテ、プリナ、インヴェルニッツィ、他(2014 ステレオ)(3CD)

  • 発売日:2015/01/07
  • レーベル:Fra Bernardo
  • カタログNo.:FB1409491
  • 組み枚数:3枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

歌劇『シリアのハドリアヌス帝』全曲 ビオンディ&エウローパ・ガランテ、プリナ、インヴェルニッツィ、他(2014 ステレオ)(3CD)【CD】 3枚組

ヴェラチーニ、フランチェスコ・マリア(1690-1768)

もっと見る

歌劇『シリアのハドリアヌス帝』全曲 ビオンディ&エウローパ・ガランテ、プリナ、インヴェルニッツィ、他(2014 ステレオ)(3CD)【CD】 3枚組

6,037(税込)

ポイント :55pt

CDをカートに入れる

商品説明


ビオンディ&エウローパ・ガランテ
ヴェラチーニの歌劇『シリアのハドリアヌス帝』


メタスタージオの人気台本にヴェラチーニが作曲したオペラ『シリアのハドリアヌス帝』の復活上演のライヴ録音が登場。この曲の楽譜は、不完全なものがマンチェスターのウィリアム・ワトソン・ライブラリーに保存されていたものを、ドイツの音楽学者、ホルガー・シュミット=ハレンベルクが修復、2013年12月にクラクフで初演され、2014年1月にはウィーンのコンツェルトハウス大ホールでも演奏。ここでの上演はライヴ録音され、その音源が今回リリースされるものとなります。演奏会形式で開かれたコンサートのため、音質は非常に聴きやすいものとなっています。

【シリアのハドリアヌス帝】
イタリア人台本作家、メタスタージオが1732年に書いた『シリアのアドリアーノ』は、約一世紀ほどの間に、長短合わせて59もの音楽が書かれたことでも知られる超の付く人気台本でした。
 題材は、映画『テルマエロマエ』や、パンテオン、サンタンジェロ城建設でもおなじみのローマ皇帝、ハドリアヌスをめぐる、領地シリアでの男女間のもめごとを描いたもので、帝国主義全盛のヨーロッパで広く受け入れられるよう、異民族に対する寛容について描いているようにも見えます。
 この台本に最初に作曲・上演したのカルダーラ[1732 ウィーン]で、次いでジャコメッリ[1733 ヴェネツィア]が続き、若きペルゴレージ[1734 ナポリ]も登場、そしてヴェラチーニが1735年に、ロンドンでヘンデルのオペラ・カンパニーに挑む形でこの作品を上演、カストラートのファリネッリとセネジーノ、ソプラノのフランチェスカ・クッツォーニ、バスのアントニオ・モンタニャーナという豪華キャストで大当たりとなり、ヘンデルとライバル関係にあった「貴族オペラ」で計10回の舞台という成功を収めています。
 以後、ガルッピやヨハン・クリスチャン・バッハ、ミスリヴェチェク、アンフォッシ、ケルビーニなど多くの作曲家がこの題材に取り組んでいます。
 ちなみにこのオペラは台本上の主役はハドリアヌス帝ですが、音楽的な魅力は、敵のパルティア王オスロアの腹心で、パルティア王女エミレーナと恋仲であるファルナスペの方が勝っているようで、ロンドンでも大物カストラート、ファリネッリがファルナスペ、アルトの人気カストラート、セネジーノがハドリアヌスを歌っていました。

【ビオンディの演奏】
ファビオ・ビオンディは、バロック・ヴァイオリンの名手で、指揮者としても数々の実績を重ねる人物、珍しいオペラの紹介にも熱心で、これまでにもヴィヴァルディの『メッセニアの神託』、『バヤゼット』、カヴァッリの『ディドーネ』などの録音がありました。
 今回は自身の古楽器アンサンブルであるエウローパ・ガランテを弾き振りし、メゾ・ソプラノ、アン・ハレンベリのファルナスペ役、コントラルト、ソニア・プリナのハドリアヌス役、メゾ・ソプラノ、ロミーナ・バッソのサビーナ役、ロベルタ・インヴェルニッツィのエミレーナ役、ウーゴ・グアリアルドのオスロア役、ルチア・チリッロのイダルマ役を巧みにサポート。ちなみにファルナスペ役のハレンベリ以外はイタリアン人キャストです。(HMV)

【収録情報】
● ヴェラチーニ:歌劇『シリアのハドリアヌス帝』全曲

 ソニア・プリナ(ハドリアヌス/アルト)
 アン・ハレンベリ(ファルナスペ/メゾ・ソプラノ)
 ロミーナ・バッソ(サビーナ/メゾ・ソプラノ)
 ロベルタ・インヴェルニッツィ(エミレーナ/ソプラノ)
 ウーゴ・グアリアルド(オスロア/バス)
 ルチア・チリッロ(イダルマ/メゾ・ソプラノ)
 エウローパ・ガランテ
 ファビオ・ビオンディ(ヴァイオリン、指揮)

 録音時期:2014年1月17-19日
 録音場所:ウィーン、コンツェルトハウス大ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。