サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

Birdman

  • 発売日:2015/01/20
  • レーベル:Ada
  • カタログNo.:9903.99618
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Birdman【CD】

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ脚本・監督、マイケル・キートン主演の新作コメディ映画『Birdman』。スコアを担当するのは、最新リーダー作『Three Times...

もっと見る

Birdman【CD】

2,484(税込)

ポイント :23pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Get Ready
  2. Dirty Walk
  3. Just Chatting
  4. Waiting For What?
  5. Semi Comfortable in 3
  6. Strut Part 1
  7. Doors And Distance
  8. Night Chatter
  9. Almost Human
  10. Schizo
  11. Internal War
  12. Kinda Messy
  13. Strut Part 2
  14. Claustrophobia
  15. Fire Trail
  16. The Anxious Battle For Sanity
  17. Symphony No.9 in D - 1st Movement: Andante Comodo - Gustav Mahler
  18. Symphony No.5 OP.64 in E Minor: Andante Cantabile - Pyotr Ilyich Tchaikovsky
  19. Ich Bin Der Welt Abhanden Gekommen - Gustav Mahler
  20. Passacaille (Tres Large) - Maurice Ravel
  21. Prologue: Chorus of Exiled Palestinians - John Adams
  22. Symphony No.2 in E Minor, Op 27 - II Allegro Molto - Sergei Rachmaninov

その他のバージョン

CD Birdman US輸入盤 発売日 : 2014/10/14 1~3日
CD バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 国内盤 発売日 : 2015/04/22 1~3日

商品説明

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ脚本・監督、マイケル・キートン主演の新作コメディ映画『Birdman』。スコアを担当するのは、最新リーダー作『Three Times Three』も高評のトップ・ドラマー、アントニオ・サンチェス。独創的なドラム・ソロのほか、パーカッションを用いた楽曲なども収録。ファンは要チェックです!

映画のサウンドトラックを手掛けるのは、パット・メセニー・ユニティ・グループなどでの活躍で広く知られるジャズ・ドラマー、アントニオ・サンチェス。ちなみに、イニャリトゥ監督は、彼と10年ほど前、パット・メセニーのロサンゼルス公演で出会ったという。

ドラムというリズム楽器がメインに据えられたスコア自体、かなり異色と思われるが、イニャリトゥ監督は、この映画が、一回の長回しで撮影されたもののように観る者に思わせるようにしようと考えたが、その映像に内なるリズムを与えるのにドラムが最適ではないかと思ったそう。ちなみに、2013年に次作の映画のスコアはドラム中心にしたいと話をされたとき、アントニオ・サンチェスは二つ返事で快諾したという。

サウンドトラックの制作は、まずイニャリトゥ監督が場面の説明を口頭で行い、それに基づいてアントニオ・サンチェスが即興でデモとなるビートなどを造り出したという。そうやって出来た多種多様なビートを監督に渡し、彼がそれを映画のラフカットにはめていったそう。そこから、アントニオがLAに彼らを訪ねてラフカットを見せてもらい、さらにそこから映像を見ながら、修正や変更を行っていったとのこと。

また本サウンドトラックの中には、アントニオ・サンチェスによるスコアの他、6つのクラシック楽曲が収録されている。これは映画の中で、マイケル・キートン演じる主人公が舞台の音楽として選んだものだそう。ヴェネツィア国際映画祭、第40回ロサンゼルス映画批評家協会賞など数々の著名な映画賞で受賞、ノミネートをされている『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。映画史上類を見ない、ドラムを全面にフィーチャーした異色のサウンドトラックもまた、映画同様に注目に値する作品である。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。