サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 様々な楽器とピアノのためのソナタ集 メルニコフ、I.ファウスト、ズヴァールト、ルーディン、コスト、ベルヴァルツ

様々な楽器とピアノのためのソナタ集 メルニコフ、I.ファウスト、ズヴァールト、ルーディン、コスト、ベルヴァルツ

  • 発売日:2015/02/19
  • レーベル:Harmonia Mundi
  • カタログNo.:HMC905271
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

様々な楽器とピアノのためのソナタ集 メルニコフ、I.ファウスト、ズヴァールト、ルーディン、コスト、ベルヴァルツ【CD】

ヒンデミット(1895-1963)

もっと見る

様々な楽器とピアノのためのソナタ集 メルニコフ、I.ファウスト、ズヴァールト、ルーディン、コスト、ベルヴァルツ【CD】

2,905(税込)

ポイント :26pt

CDをカートに入れる

その他のバージョン

CD Sonatas: Melnikov(P) I.faust(Vn) Berwaerts(Tp) Van Der Zwart(A-hr) Costes(Tb) Rudin(Vc) 国内盤 発売日 : 2015/10/30 購入できません

商品説明


ヒンデミット:様々な楽器とピアノのためのソナタ集
アレクサンドル・メルニコフ、イザベル・ファウスト、ほか


充実著しいメルニコフが、ヒンデミットの室内ソナタ作品を録音しました。自身楽器演奏に長けていたヒンデミットは、管弦楽を構成する様々な楽器とピアノのために30のソナタを書きました。どの作品も、メロディと伴奏、というかたちではなく、対等な対位法で書かれた、両者に高度な技術と集中が要求されるものばかり。近年ますます雄弁になり、闊達さも冴えてきているメルニコフのピアノに全篇を通して耳が釘付けです。各楽器奏者に迎えたゲストも、イサベル・ファウストを始めとする豪華な顔ぶれ。注目の1枚です。
 ヒンデミットを積極的に取り上げ録音したピアニストには、グレン・グールドがいます。対位法の父ともいえるバッハの作品をあれだけ弾き込み、録音も数多く残したグールドは、ヒンデミットのことを現代のすぐれたフーガ作曲家と賞賛していました。そんなグールドのヒンデミット演奏は、まるでバッハ作品を聴いているような感覚になることもあるものでした。
 このメルニコフの演奏は、線的で流れるような美しさに満ちています。特にヴァイオリン・ソナタでは、終始柔らかな表情。一方で、空威張りする軍人を模したトロンボーンとピアノのためのソナタは、迫力の和音が連続するピアノとソロ楽器が織りなす緊迫の世界を見事に構築ヒンデミットの魅力を様々に引き出しています。
 メルニコフは、ショスタコーヴィチの難物『24のプレリュードとフーガ』の名録音をものしています。この作品は、ニコラーエワが演奏するバッハに強烈な印象を受けたショスタコーヴィチが作曲したもの。ショスタコーヴィチは、若いころから、バッハやベートーヴェン、ブラームスを熱心に研究しただけでなく、ヒンデミット作品も熱心に勉強していました。旧ソ連の音楽家にとって、ヒンデミットは西側の重要な作曲家の一人でした。ショスタコーヴィチや指揮者ムラヴィンスキー、さらにはピアニストのリヒテルら、ソ連の音楽家はヒンデミットを尊敬していました。ヒンデミットもショスタコーヴィチも、当時の社会状況による創作活動への大きな影響があったこと、また、ショスタコーヴィチの最後の作品(亡くなる5日前に完成)がヴィオラ・ソナタであり、ヴィオラはヒンデミットにとっても特別な楽器であり、彼の作品は現代のヴィオラ必須レパートリーとなっているなど、この二人の作曲家には不思議な共通点があります。グールドが現代の究極の対位法作品として我々に投げかけたのがヒンデミットであり、ショスタコーヴィチを究めたメルニコフもヒンデミットにたどりついた、というのはなんとも興味深いといえるでしょう。
 2013年はヒンデミット没後50年でF.P.ツィンマーマンや五嶋みどりらもヒンデミットを録音、話題となりました。ショスタコーヴィチ作品で、ニコラーエワをも超える気魄の演奏を聴かせたメルニコフ。グールドとはまた違ったアプローチの新時代のヒンデミットの登場です!(キングインターナショナル)

【収録情報】
ヒンデミット:様々な楽器とピアノのためのソナタ集
● アルトホルンとピアノのためのソナタ (1943)
● チェロとピアノのためのソナタ (1948)
● トロンボーンとピアノのためのソナタ (1941)
● ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ホ調 (1935)
● トランペットとピアノのためのソナタ (1939)

 アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)
 イサベル・ファウスト(ヴァイオリン)
 トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト(アルトホルン)
 アレクサンデル・ルーディン(チェロ)
 ジェラール・コスト(トロンボーン)
 イェルン・ベルヴァルツ(トランペット)

 録音時期:2013年9月、12月
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 ジャケット絵画:カジミール・マレーヴィチ「新しい人物のプロトタイプ」

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。