サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第5番、亡き子を偲ぶ歌 テンシュテット&北ドイツ放送交響楽団、ファスベンダー(1980 ステレオ)(2CD)

交響曲第5番、亡き子を偲ぶ歌 テンシュテット&北ドイツ放送交響楽団、ファスベンダー(1980 ステレオ)(2CD)

  • 発売日:2015/02/26
  • レーベル:Profil *cl*
  • カタログNo.:PH13058
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

交響曲第5番、亡き子を偲ぶ歌 テンシュテット&北ドイツ放送交響楽団、ファスベンダー(1980 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

マーラー(1860-1911)

もっと見る

交響曲第5番、亡き子を偲ぶ歌 テンシュテット&北ドイツ放送交響楽団、ファスベンダー(1980 ステレオ)(2CD)【CD】 2枚組

5,173(税込)

ポイント :47pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

商品説明

緊急リリース!超弩級のシリーズがスタート!
テンシュテット指揮ハンブルク北ドイツ放送響
マーラーの第5交響曲1980年ライヴ


ギュンター・ヴァント・エディションやエディション・シュターツカペレ・ドレスデンなど、価値あるライヴ演奏の復刻を成し遂げた実績のある、Profilの社主ギュンター・ヘンスラー氏がまたしてもやってくれました。
 2015年春、レーベル創設11年目に突入したProfilの始動する大型企画は、クラウス・テンシュテットが北ドイツ放送響を指揮したライヴ・シリーズ。
 そのテンシュテットといえば、やはりマーラーということで、記念すべき第1弾にふさわしく、交響曲第5番と『亡き子をしのぶ歌』という最高のカップリングでのリリースとなります。
 『テンシュテット=マーラー』を不動のものとしたロンドン・フィルとの交響曲全集録音がスタートしたのは1977年のことですが、第1番に次いで、チクルス最初期の1978年にレコーディングされたのが第5番でした。第5番は巨匠得意のナンバーだけに録音も多く、同じくロンドン・フィルを指揮した、1984年来日公演時の大阪、1988年のロンドンと、もっとも相性の良かった手兵ならではの燃焼度の高いライヴ録音もよく知られていますが、テンシュテットが北ドイツ放送響の音楽監督に就任した翌年の1980年に、本拠ハンブルクのムジークハレ(現ライスハレ)でおこなったこのライヴには格別の意味があります。
 テンシュテットが1976年に南西ドイツ放送響を指揮した第4交響曲の例をみればあきらかなように、ここでは地元ドイツの楽団を得た強みがすみずみまで表れており、絶望的な暗さの葬送行進曲、激烈に荒れ狂う第2楽章までの第1部と、アダージェットに代表される甘美な調べや、輝かしい歓喜のフィナーレとの極端なコントラストを描く上で、恐るべき効果を生み出しています。
 マーラー歌いとして名高いファスベンダーをソリストに迎えた『亡き子をしのぶ歌』は、1980年キールでのライヴ録音。こちらもテンシュテットの個性が強烈に刻印された内容で、濃厚な情念表現を基調するアプローチのもと、ファスベンダーが陰影豊かな歌唱をじっくりと聴かせてくれます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調

 ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(現NDR交響楽団)
 クラウス・テンシュテット(指揮)

 録音時期:1980年5月19日
 録音場所:ハンブルク、ムジークハレ(現ライスハレ)
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

● マーラー:歌曲集『亡き子をしのぶ歌』

 ブリギッテ・ファスベンダー(メゾ・ソプラノ)
 ハンブルク北ドイツ放送交響楽団(現NDR交響楽団)
 クラウス・テンシュテット(指揮)

 録音時期:1980年11月11日
 録音場所:キール、キーラー・シュロス
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)

【交響曲第5番のトラックタイム】
◆北ドイツ放送響(1980年ライヴ)
ⅰ.13:34+ⅱ.15:13+ⅲ.18:00+ⅳ.10:54+ⅴ.15:22=73:03

◆ロンドン・フィル(1978年セッション)
ⅰ.13:44+ⅱ.15:10+ⅲ.18:05+ⅳ.11:50+ⅴ.16:15=75:04

◆・ロンドン・フィル(1984年ライヴ)
ⅰ.14:41+ⅱ.15:38+ⅲ.18:09+ⅳ.12:24+ⅴ.15:15=76:07

◆ロンドン・フィル(1988年ライヴ)
ⅰ.13:38+ⅱ.15:25+ⅲ.18:05+ⅳ.11:21+ⅴ.14:52=73:21

アーティスト紹介

マーラー(1860-1911)

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。