サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 歌劇『トゥリーモニシャ』全曲 シュラー&ヒューストン・グランド・オペラ、バルスロップ、ホワイト、他(1975 ステレオ)(2SACD)

歌劇『トゥリーモニシャ』全曲 シュラー&ヒューストン・グランド・オペラ、バルスロップ、ホワイト、他(1975 ステレオ)(2SACD)

  • 発売日:2015/04/17
  • レーベル:Pentatone Classics
  • カタログNo.:PTC5186221
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:Holland
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

歌劇『トゥリーモニシャ』全曲 シュラー&ヒューストン・グランド・オペラ、バルスロップ、ホワイト、他(1975 ステレオ)(2SACD)【SACD】 2枚組

ジョプリン、スコット(1868-1917)

もっと見る

歌劇『トゥリーモニシャ』全曲 シュラー&ヒューストン・グランド・オペラ、バルスロップ、ホワイト、他(1975 ステレオ)(2SACD)【SACD】 2枚組

4,633(税込)

ポイント :42pt

SACDをカートに入れる

その他のバージョン

商品説明

ピューリッツァー賞受賞作品
ジョプリンの『トゥリーモニシャ』が
SACDハイブリッドで登場!


SACDハイブリッド盤。このディスクには「ラグタイム王」と呼ばれた作曲家スコット・ジョプリンによるラグタイム・オペラ『トゥリーモニシャ』が収録されております。ジョプリンはシカゴのラグタイムのピアニスト、オーティス・ソーンダースに出会ったことで自分の作品を楽譜に書くようになり、その後演奏者としてだけでなく作曲家として、ラグタイムを土台にした作品を残しました。その音楽は、クラシック音楽の側からも高く評価されております。
 この『トゥリーモニシャ』は、終曲の美しくゆったりとした作品でジョプリンの傑作の一つに数えられます。この作品は長い間埋もれていましたが、1970年にピアノ・スコアが発見され、1972年にアンダーソンのオーケストレーションで復活蘇演され評判となりました。その後、1975年にはガンサー・シュラー指揮、ヒューストン・グランド・オペラで上演され、この演奏会は話題となりました。
 リマスタリングはPentatoneレーベルが誇るオランダのポリヒムニア・インターナショナルが担当しており、万全のリマスタリングと言えます。また、約50ページのブックレットには英語歌詞とDGのオリジナル・ジャケットが掲載されております。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ジョプリン:歌劇『トゥリーモニシャ』全曲

 カルメン・バルスロップ(S トゥリーモニシャ)
 ベティ・アレン(Ms モニシャ)
 カーティス・レイアム(Bs レムス)
 ウィラード・ホワイト(Bs-Br ネッド)
 コーラ・ジョンソン(ルーシー)
 ケネス・ヒックス(アンディ)
 レイモンド・ベウズモア(シモン)、他
 ヒューストン・グランド・オペラ
 ガンサー・シュラー(指揮)

 録音時期:1975年10月
 録音場所:ニューヨーク、RCAスタジオ
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 A&Rプロデューサー:トーマス・モーリー
 バランス・エンジニア:ゲルト・ヴェストホイザー
 レコーディング・エンジニア&エディティング: ギュンター・ヘルマンス
 リマスタリング:ポリヒムニア・インターナショナル
 リマスタリング:2014年8月、バールン、オランダ

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

【PENTATONE - Remastered DG quadraphonic recordings】
「RQR (Remastered Quad Recordings) series」では、これまで、フィリップスのカタログ音源(4チャンネルステレオ quadraphonic recordings)をライセンス使用して、DSDマスタリングを施して復刻してきましたが、この度、1970年代のドイツ・グラモフォン音源のDSDマスタリング復刻を開始致しました。今回もリマスタリングはオランダのポリヒムニア・インターナショナル(1998年にフィリップス・クラシックスの技術チームが独立して立ち上げた会社)が担当しており、万全のメンバーで行われました。名盤中の名盤が高音質のSACDで再リリースされるという大歓迎のシリーズと言えましょう。(キングインターナショナル)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。