サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

I Don't Prefer No Blues

  • 発売日:2015/04/28
  • レーベル:Hostess Entertainmen
  • カタログNo.:BLM0510
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

I Don't Prefer No Blues【CD】

Leo Bud Welch

82歳にして現役のブルース・マン、レオ・ウェルチの最新作が<Big Legal Mess>から登場!北ミシシッピのゴスペル・ミュージシャン、レオ・ウェルチの世界デビュー盤...

もっと見る

I Don't Prefer No Blues【CD】

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Poor Boy
  2. Girl In The Holler
  3. I Don't Know Her Name
  4. Goin' Down Slow
  5. Cadillac Baby
  6. Too Much Wine
  7. I Woke Up
  8. So Many Turnrows
  9. Pray On
  10. Sweet Black Angel

商品説明

82歳にして現役のブルース・マン、レオ・ウェルチの最新作が<Big Legal Mess>から登場!北ミシシッピのゴスペル・ミュージシャン、レオ・ウェルチの世界デビュー盤がユース・ラグーン擁する<Big Legal Mess>からリリースされる。齢82にしてなおステージ上で回り踊り、トレードマークの輝きに覆われたピンクのギターをかき鳴らし、10代さながらのステージングを見せるレオ・ウェルチ。昨年初のCDデビューとなった彼が書いたゴスペル・ソング集となる『Sabougla Voices』をリリース。セカンド・アルバムとなる今作はガレージ・ブルース作品となっている。ブルースのもとに生まれてきたと語る彼がタイトルに冠した『IDon't Prefer No Blues』は彼が教会に行った時、ブルース・アルバムを作っていると聞いた説教師が口にした言葉から名付けられた。その際レオは説教師に「君はブルースのことを何も知らないんだ。ブルースは何でもない、曲を通して人の人生を表現する手段なんだ。」と言ったそう。かつてウェルチはかの有名なB.B.キングのオーディションを受けるオファーを受けたが、会場であるメンフィスまでの渡航費がなく機会を逃したという逸話がある。その後、樵や農業をして生活をしながらも音楽は彼の人生の一部であり続けた。そんなレオが遂に世界デビューを果たす。この3月に彼は83歳の誕生日をフランスで迎えることを計画しており、それに伴ってカオール・ミュージック・アカデミーにてワークショップを行う予定。

(メーカー/インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。