サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

Live In Cologne 1961

  • 発売日:2015/04/21
  • レーベル:Jazzline
  • カタログNo.:N77017
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Live In Cologne 1961【CD】

Cannonball Adderley

キャノンボール・アダレイ 1961年ケルン未発表発掘音源!同時期のヨーロッパ・ツアーのパリ録音とは違う演奏曲目も貴重!+半年後のベニー・カーター・セクステット3 曲...

もっと見る

Live In Cologne 1961【CD】

2,905(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Lisa (6:47)
  2. Announcement Cannonball Adderley (3:24)
  3. This Here (9:47)
  4. New Dehli (9:02)
  5. Rose Room (5:15)
  6. Laura (5:06)
  7. It's Wonderful (4:51)

商品説明

キャノンボール・アダレイ 1961年ケルン未発表発掘音源!
同時期のヨーロッパ・ツアーのパリ録音とは違う演奏曲目も貴重!
+半年後のベニー・カーター・セクステット3 曲も未発表!


キャノンボール・アダレイが1959 年に結成した新しいクインテットは、弟ナット・アダレイ、ボビー・ティモンズ、サム・ジョーンズ、ルイス・ヘイズという素晴らしいメンバーで構成されていましたが、アート・ブレイキーのところから借り受けた形になっていたピアニストのティモンズがブレイキーの下へ戻ると、代わってバリー・ハリスが参加、さらに60年夏にはヴィクター・フェルドマンに交代します。このメンバーでリヴァーサイドに『アット・ザ・ライトハウス』を残した後、クインテットはJ. A.T. P. のツアーに加わって渡欧し、いくつかのライヴ・レコーディングを残しますが、その5 カ月後には再びヨーロッパを訪れました。そのときの演奏は、これまでTremaというレーベルからパリでのライヴ録音が出ていますが、今回ここに、パリの数日後のケルンでのパフォーマンスが3 曲発掘されました。それら3曲は、パリでも演奏したもののTrema 盤には収録されていなかったので貴重です。

さらに、ここにはキャノンボールたちのほぼ半年後に単身ケルンを訪れたベニー・カーターの未発表演奏も3 曲(+MC)収録されています。こちらは、カール・ドレヴォなど、クルト・エーデルハーゲン・オーケストラのピックアップ・メンバーたちとの共演で、インパルスに傑作『ファーザー・デフィニションズ』を録音した2 週間後という時期にカーターが残した演奏を堪能できます。


CANNONBALL ADDERLEY QUINTET (M1~4):
Cannonball Adderley (as)
Nat Adderley (cor)
Victor Feldman (p, vib on M4)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

BENNY CARTER SEXTET (M5~7):
Benny Carter (as)
Karl Drewo (ts)
Raymond Droz (tb)
Francis Coppierters (p)
Erich Peter (b)
Stuff Combe (ds)

アーティスト紹介

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。