サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

Love Theme

  • 発売日:2015/04/01
  • レーベル:Ewe Records/kyodo Pr
  • カタログNo.:EWER1004
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Love Theme【CD】

桑原あい トリオ・プロジェクト

ai kuwabara trio projectの4枚目のアルバムは音楽史と音楽そのものへの敬意と愛に溢れた、これまで誰も聴いたことのないような、全曲1発録りによるカヴァ...

もっと見る

Love Theme【CD】

2,700(税込)

ポイント :25pt

CDをカートに入れる

曲目

ディスク1
  1. Amapola~Deborah's Theme (from “Once Upon A Time In America")
  2. Here, There and Everywhare
  3. Finale (Tango Apasionade)
  4. In Your Own Sweet Way
  5. Nomad
  6. Barry Lyndon (Love Theme from “Barry Lyndon")
  7. 21st Century Schizoid Man
  8. Peace
  9. Grandfather's Waltz
  10. A Journey To Readham

商品説明

ai kuwabara trio projectの4枚目のアルバムは音楽史と音楽そのものへの敬意と愛に溢れた、これまで誰も聴いたことのないような、全曲1発録りによるカヴァー・アルバム。

名作映画「Once Upon A Time In America」より、モリコーネによる名曲「Deborah's Theme」のイントロに「Amapola」を加えた11分に及ぶ桑原あいの感動的な大名演で幕を開ける。心地よくバウンスするリズムの上でエレキベースが旋律をなぞるさわやかなビートルズ「Here There and Everywhere」、ウッドベースのアルコが唸り泣き嗚咽する、美しく力強いピアソラの「Finale」、レイドバックした桑原のピアノソロが気持ちいい! マイルスの名演で知られる「In Your Own Sweet Way」、ミドルテンポの前のめりなスイングがかっこいいグラント・グリーンの演奏で有名な「Nomad」、映像美で知られるキューブリックの映画「バリーリンドン~ラブ・テーマ~」を実際の映画からインスパイアされ桑原が見事にアレンジ、18世紀のアイルランドの美しい風景と戦争に煙った空気感、そして人生の栄枯を聴かせる「Barry Lyndon」、若きパッションと技術が大爆発!!キングクリムゾンのプログレッシブな難曲を張り詰めたテンションのまま突っ走る「21st Century Schizoid Man」、一転ホレス・シルヴァーの美しいバラッド、ベース~ピアノのソロリレーと、ドラム石若駿のブラシワークがさすがな「Peace」、今作の大きな聴き所のひとつが、こちらゲッツ=エヴァンスの演奏で知られるメロディがとても美しい名曲を桑原あいがフーガ調にアレンジ、ピアノとアコベのデュオでクラシカルに聴かせる「Grandfather's Waltz」、そしてエレベもアコベも全員参加で奏でるスクエアプッシャー、ラストのリフレインから、いきいきとした音楽を奏でる喜び、音楽が鳴り続けてゆく喜びが聴こえてくる「A Journey To Reedham」。選曲も演奏もアレンジも、そこに詰まった思いも全部含めて、こんなカヴァー・アルバム聴いたことないっ!という傑作ができました!

アーティスト紹介

桑原あい トリオ・プロジェクト

1991 年生まれ。2010 年、洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでにピアノを蟻正行義、山下葉子、財満和音の各氏に師事。幼い頃から活躍し、ヤマハエレクトーンコンクール全日本大会金賞を含む入賞多数。2004 年、雑誌「AERA」に天才エレクトーン少女として掲載される。
中学生後半よりピアノに転向。高校卒業後、2010 年4 月にファーストライヴを行い、企画・演出・作曲のすべてを自身で手がけ好評を得る。2011 年5 月から8 月にかけ、ヤングアメリカンズ・ドイツ公演のピアニストとしてドイツに滞在し演奏活動を行う。2011 年10 月から11 月にかけて、大泉洋『大泉ワンマンショー』のピアニストとして全国ツアーに参加。ファッションブランド「mastermind JAPAN」初のオフィシャルCD 参加や、Def Techベストアルバム参加など、レコーディングワークも多数行う。
2012 年5 月にすべて自主制作された1stアルバム『from here to there』にボーナストラックを加え、同年11 月にewe から改めてリリースし、全国デビューを果たした。2013 年4 月にリリースした2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』は、タワーレコードジャズチャート1 位を獲得し、JAZZ JAPAN AWARD2013 アルバム・オブ・ザ・イヤー:ニュー・スター部門を受賞。同年、サッポロシティジャズ札幌公演・東京公演共に出演。第12回東京ジャズフェスティバル(東京国際フォーラム・ホールA)出演。初の海外ツアーとなる、アメリカ
西海岸4都市ツアーを成功させる。第26 回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門<<ブライテスト・ホープ賞>>受賞。
2014年4月、3枚目のアルバム「the Window」をリリース。10月ブルーノート東京、名古屋公演を行う。2014年モントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティション・イン・かわさき優勝。
2015年4月初のカバーアルバム「Love Theme」リリース、7月本国スイスのモントルージャズフェスティバルソロピアノコンペティション出場。12 月サントリーホール・ブルーローズにてコンサートを開催。2016年には初の全国8ヶ所のソロピアノツアーを実施。ファイナルは東京オペラシティリサイタルホール。同年9月LA にてクインシージョーンズプロダクションプレゼンツ桑原あい単独公演を成功させ、10月ニューヨークは名門シアーサウンドにてウィル・リー、スティーヴ・ガッドという名手を迎えたトリオで5thアルバムを録音する。12月2年連続となるサントリーホール・ブルーローズにてウィズストリングス公演を行う。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。