サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. 韓国・アジア
  5. Tembang-tembang Manis: 魅惑のクロンチョン

Tembang-tembang Manis: 魅惑のクロンチョン

  • 発売日:2015/03/29
  • レーベル:ライス
  • カタログNo.:GNR23136
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Japan (国内盤仕様)
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Tembang-tembang Manis: 魅惑のクロンチョン【CD】

Ttm

故きインドネシア音楽を温ね、新しきクロンチョンを知る オーセンティックと、21世紀らしい先進性さを併せ持つユニット!  “インドネシアの国民音楽”として長年親しまれてきた...

もっと見る

Tembang-tembang Manis: 魅惑のクロンチョン【CD】

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

曲目

ディスク1
  1. Kr. Hanya Satu
  2. Gambang Semarang
  3. Kr. Irama Malam
  4. Zaman Edan
  5. Kr. Gita Jiwa Nusantara
  6. Kr. Gelisahku
  7. Lgm. Nguda Rasa
  8. Keroncong Goyang
  9. Stb. Kecewa
  10. Lenggang Surabaya
  11. Melati Di Tapal Batas
  12. Ilange Woting Ati (Hilangnya Seorang Gadis)

商品説明

故きインドネシア音楽を温ね、新しきクロンチョンを知る
オーセンティックと、21世紀らしい先進性さを併せ持つユニット!

 “インドネシアの国民音楽”として長年親しまれてきたクロンチョン。16世紀に誕生したとされるそれは“世界最古のポピュラー・ミュージック”とも呼ばれ、その優雅な旋律と細波のようなストリング・バンドによる伴奏は、南国インドネシアの大らかな国民性と大きくイメージが重なります。そんなクロンチョンの歴史に関しては、ライス・レコードから発売されている『クロンチョン歴史物語』(ISR-3006)や、ディスコロヒアの『インドネシア音楽歴史物語』(DISCOLOGIA-001)で紹介され、大きな反響を頂いてきましたが、いずれも現在のクロンチョン・シーンに言及するものでありませんでした。そんな中、まさにいまの第一線で活躍するクロンチョン歌手たちによるユニット“TTM”による素晴らしい作品を是非紹介させてください。
 TTMは三人の女性歌手、Tuti Maryati(トゥティ・マルヤティ/1956年生)、Tetty Supangat(テティ・スパンガット/1967年生)、Mamiek Prasitoresmi(マミエック・プラシトレスミ/1956年生)の名前の頭文字を取って名付けられたクロンチョン・ヴォーカル・ユニット。それぞれソロとして活躍してきた彼女たちがTTMを結成したのは、デビュー作“TTM”を発表した2009年でした。そして2011年発表の“TTM vol.2”がAMI(Indonesia Music Awards)という賞レースにおいて“ベスト・ランガム・ソング”と“ベスト・クロンチョン・デュオorグループ”の2部門を制覇し、その名を広く知らしめました。
 そんなTTMの特徴のひとつが、先進性のあるアレンジ。伴奏こそ伝統的なクロンチョン楽団が担当していますが、従来のクロンチョンではまず聴くことができないヴォーカル・ハーモニゼイションを曲によって取り入れるなど、かなり革新的なアレンジを試みていて、本作でもそんなスタイルをしっかりと踏襲しています。そしてグサンやイスマイル・マルズキといった偉大な作曲家が作った有名曲のほか、70年代に活躍したロックバンド“フリーダム・オヴ・ラプソディア”のヒット曲や、トゥティの旦那さんで本作のアレンジも手掛けているJ・サルウォノによる新曲なども披露。既成概念に囚われない新しい形のクロンチョンをここで創造してくれました。
 ともあれ、現在ここまでしっかりとしたコンセプトを持った伝統クロンチョンを聴けるのは本作だけ。そして本作で“インドネシア音楽の粋”を是非感じ取ってください。

(メーカー・インフォメーションより)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。