サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『エト・ルクス(そして光)』 ネーヴェル&ウェルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団

『エト・ルクス(そして光)』 ネーヴェル&ウェルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団

  • 発売日:2015/04/21
  • レーベル:Ecm
  • カタログNo.:4811585
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

『エト・ルクス(そして光)』 ネーヴェル&ウェルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団【CD】

リーム、ヴォルフガング(1952-)

もっと見る

『エト・ルクス(そして光)』 ネーヴェル&ウェルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団【CD】

2,808(税込)

ポイント :26pt

CDをカートに入れる

商品説明


ヴォルフガング・リーム:『エト・ルクス(そして光)』
ネーヴェル&ウエルガス・アンサンブル、ミンゲット四重奏団


ドイツの作曲家ヴォルフガング・リーム[1952- ]による美しい部分が印象深い作品『エト・ルクス』が、増員ヴァージョンで登場します。
 もともとこの作品はカウンターテノール1名、テノール2名、バス1名の声楽4名と、弦楽四重奏のために書かれていますが、今回のヴァージョンでは、ソプラノ2名、テノール4名、バス2名の声楽8名と、弦楽四重奏で演奏されています。
 声楽パートの人数が2倍になり、上声部がより高い声質にシフトしたため、ルネッサンスっぽい部分の響きの透明度や力強い部分の迫力はさらに増しているものと思われます。
 2009年に書かれたこの『エト・ルクス』は、レクィエムを踏まえ、「そして絶えざる光で照らしたまえ」というラテン語テキストの断片を用いて構成された作品で、そのため今回はベルギーのルネッサンス専門の声楽グループであるウエルガス・アンサンブルが起用されたのかもしれません。弦楽四重奏はドイツのミンゲット四重奏団が受け持っており、この組み合わせでバッハ・フェスティヴァルなどで『エト・ルクス』のコンサートもおこなっています。
 ちなみにミンゲット四重奏団は、芸術は大衆に愛されるものであるべき、と唱えた18世紀スペインの哲学者パブロ・ミンゲットの名を冠したカルテットで、リームの弦楽四重奏作品の全曲録音プロジェクトを手掛けるほか、ルジツカやイェルク・ヴィトマンの弦楽四重奏全曲演奏もおこない、さらにゲルハーヘルなど声楽との共演も重ねるなど多方面で活躍するアンサンブルです。
 パウル・ファン・ネーヴェルは、バーゼル・スコラ・カントルムで学んだベルギーの指揮者。調査・研究も含めてルネッサンス・ポリフォニーの権威としても有名な存在で、手兵のウエルガス・アンサンブルを指揮してこれまで見事な成果を上げてきました。
 8人の声楽と弦楽四重奏によるルネッサンス風現代作品、ECMならではの心地よいサウンドが期待できそうです。(HMV)

【収録情報】
● リーム:『エト・ルクス(Et Lux)』


 ウエルガス・アンサンブル
 ミンゲット四重奏団
 パウル・ファン・ネーヴェル(指揮)

 録音時期:2014年2月9-10日
 録音場所:アントワープ、Augustinus Muziekcentrum
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。