サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第8番 コンドラシン&フランス国立放送管弦楽団(1969 ステレオ)(シングルレイヤー)

交響曲第8番 コンドラシン&フランス国立放送管弦楽団(1969 ステレオ)(シングルレイヤー)

  • 発売日:2015/05/14
  • レーベル:Altus *cl*
  • カタログNo.:ALTSA309
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:International
  • フォーマット:SACD
  • 国内送料無料

SACD

交響曲第8番 コンドラシン&フランス国立放送管弦楽団(1969 ステレオ)(シングルレイヤー)【SACD】

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

もっと見る

交響曲第8番 コンドラシン&フランス国立放送管弦楽団(1969 ステレオ)(シングルレイヤー)【SACD】

5,281(税込)

ポイント :48pt

SACDをカートに入れる

その他のバージョン

商品説明


INA(フランス国立視聴覚研究所)シリーズコンドラシン&フランス国立放送管弦楽団、3タイトル!

ソ連の指揮者キリル・コンドラシンがフランス国立管弦楽団に客演した際のライヴ録音がアルトゥス・レーベルから3タイトル登場します。今回もフランス国立視聴覚研究所、ina所蔵のマスターを使用してのCD化ということで音質面でも期待できそうです。

フランス国立管とコンドラシンの火花散る演奏。
手兵モスクワ・フィルとの演奏を凌駕するほどのスリリング!


こんなものが残っていたとは驚きの音源が日の目を見ました。コンドラシンとフランス国立放送管のショスタコーヴィチの交響曲第8番。コンドラシンによる同曲録音は3種が残されていますが、いずれも彼の手兵モスクワ・フィルによるもので、演奏は物凄いものの1961年のメロディア盤は音が悪すぎ、1967年4月20日Altus盤の東京ライヴは日本ツアー最終日でオケに疲れが見えており、1969年9月29日のPraga盤のプラハ・ライヴも音が万全とは言えませんでした。それゆえ、当1969年2月5日シャンゼリゼ劇場ライヴはファン狂喜の出現と申せましょう。
 ショスタコーヴィチの交響曲第8番は、独ソ戦さなかの1943年、ソ連軍が攻勢に転じつつある時期に作曲されました。希望の光の見え出した時に作曲されながら、高揚感や喜びの感情は薄く、勝利を願いながらその先にあるであろう不安におびえるマーラー風の屈折感に満ちています。旧ソ連きってのマーラー指揮者だったコンドラシンが絶妙に表現。とは言っても内省的演奏ではなく、ムラヴィンスキーと比べ高カロリーで暴力的な激しさに満ちています。テンポや解釈はPraga盤と似ていますが、ニュアンスや臨場感は比べ物にならないほどの凄さ。ついにコンドラシンの8番の凄さをあますところなく記録した録音の登場となります。(キングインターナショナル)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第8番ハ短調Op.65

 フランス国立放送管弦楽団
 キリル・コンドラシン(指揮)

 録音時期:1969年2月5日
 録音場所:シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(アナログ/ライヴ)
 SACD Single Layer

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。