サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. ショスタコーヴィチ:『革命』、チャイコフスキー:『1812年』 西本智実 / ロシア・ボリショイ交響楽団

ショスタコーヴィチ:『革命』、チャイコフスキー:『1812年』 西本智実 / ロシア・ボリショイ交響楽団

  • 発売日:2003/03/26
  • レーベル:キングレコード
  • カタログNo.:KICC398
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

ショスタコーヴィチ:『革命』、チャイコフスキー:『1812年』 西本智実 / ロシア・ボリショイ交響楽団【CD】

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

西本智実の最新録音!2002年1月、ロシア・ボリショイ交響楽団“ミレニウム”の首席指揮者就任以来、来日公演の成功などにより人気急上昇中の注目の指揮者、西本智実の4番目のア...

もっと見る

ショスタコーヴィチ:『革命』、チャイコフスキー:『1812年』 西本智実 / ロシア・ボリショイ交響楽団【CD】

2,880(税込)

ポイント :26pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. 交響曲第5番 ニ短調 「革命」 作品47 第1楽章: モデラート - アレグロ・ノン・トロッポ
  2. 交響曲第5番 ニ短調 「革命」 作品47 第2楽章: アレグロ
  3. 交響曲第5番 ニ短調 「革命」 作品47 第3楽章: ラルゴ
  4. 交響曲第5番 ニ短調 「革命」 作品47 第4楽章: アレグロ・ノン・トロッポ
  5. 祝典序曲 「1812年」 作品49

その他のバージョン

SACD Sym, 5, : 西本智実 / Russian Bolshoi So +tchaikovsky: 1812 (Hyb) 国内盤 発売日 : 2013/03/13 購入できません

商品説明

西本智実の最新録音!

2002年1月、ロシア・ボリショイ交響楽団“ミレニウム”の首席指揮者就任以来、来日公演の成功などにより人気急上昇中の注目の指揮者、西本智実の4番目のアルバム。
 合唱が付いた『1812年』と、ショスタコーヴィチの交響曲第5番『革命』という組み合わせです。
 ちなみに『1812年』で用いられる合唱は約50名、冒頭と最後に使われるというパターンで、別働隊(バンダ)は12名の規模となっています。
 録音は2003年1月29日から2月1日にかけ、モスクワ音楽院大ホールにて、24bit/192KHz仕様の機材を用いておこなわれ、オーディオ・マニアをも唸らせる大迫力音響が見事に捉えられているのがポイント。


【収録曲】
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 Op.47『革命』
チャイコフスキー:大序曲『1812年』


【演奏】
西本智実 指揮 ロシア・ボリショイ交響楽団


【プロフィール】
大阪に生まれる。
1994年大阪音楽大学作曲科卒業。在学中からザ・カレッジ・オペラハウス、関西歌劇団の副指揮者を務め、1996年ロシア国立サンクト・ペテルブルグ音楽院へ留学。
フェドートフと、ゲルギエフの師でもあるイリヤ・ムーシンに学ぶ。
同時にキーロフ・マリインスキー劇場で研鑚を積む。
1998年京都市交響楽団を指揮し日本デビュー。以後、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、オペラハウス管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団など国内の主要オーケストラを指揮して好評を得る。
1999年期待される若手音楽家に贈られる「出光音楽賞」を受賞。またサンクト・ペテルブルグ・ フィル(旧レニングラード・フィル)のメンバーによる室内管弦楽団を指揮した『オール・モーツァルト・プログラム』による演奏会は絶賛を博し、「高い芸術性と技術及びロシア国民からの強い 支持があって「ロシア聖スタニスラフ勲章」を受章。2000年大阪市「咲くやこの花賞」受賞。
2002年ABC音楽賞本賞、2002年(財)大阪21世紀協会特別賞受賞。
2002年ロシア・ ボリショイ交響楽団“ミレニウム”の首席指揮者に就任、同年9月には来日公演を実現。
大きな話題となるとともに、その力量は高く評価された。 また、オペラ・バレエの指揮者としても活躍をしているが、中でも2002年キーロフ・マリインスキー劇場との提携制作による関西歌劇団公演にてチャイコフスキーの「エフゲニ・オネーギン」の音楽監督兼指揮者を務め大成功に導いた。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。