サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ロック
  5. Yoshimi Battles The Pink Robots

Yoshimi Battles The Pink Robots

  • 発売日:2002/07/13
  • レーベル:Warner Bros./wea
  • カタログNo.:9362.48141
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD

CD

Yoshimi Battles The Pink Robots【CD】

Flaming Lips

キタ———————!『ザイリーカ』でのCD4枚を同時に再生すると一つの作品が出来上がる...

もっと見る

Yoshimi Battles The Pink Robots【CD】

税込 1,430 13pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Fight Test (04:14)
  2. One More Robot / Sympathy 3000-21 (04:59)
  3. Yoshimi Battles The Pink Robots (Part 1) (04:45)
  4. Yoshimi Battles The Pink Robots (Part 2) (02:57)
  5. In The Morning Of The Magicians (06:18)
  6. Ego Trippin' At The Gates Of Hell (04:34)
  7. Are You A Hypnotist? (04:44)
  8. It's Summertime (04:20)
  9. Do You Realize? (03:32)
  10. All We Have Is Now (03:53)
  11. Approaching Pavonis Mons By Ballon (Utopia Planitia) (03:09)
  12. It's Summertime
  13. All We Have Is Now
  14. Approaching Pavonis Mons By Ballon (Utopia Planitia)

その他のバージョン

CD Yoshimi Battles The Pink Robots AUS輸入盤 発売日 : 発売日不明 購入できません
CD Yoshimi Battles The Pink Robots (+dva) US輸入盤 発売日 : 2003/11/18 購入できません
DVD Yoshimi Battles The Pink Robots 国内盤 発売日 : 2004/03/17 購入できません
DVD Yoshimi Battles The Pink Robots US輸入盤 発売日 : 2004/02/21 購入できません
CD Yoshimi Battles The Pink Robots 国内盤 発売日 : 2012/04/25 購入できません
CD Yoshimi Battles The Pink Robots 国内盤 発売日 : 2002/07/10 購入できません

商品説明

キタ———————!『ザイリーカ』でのCD4枚を同時に再生すると一つの作品が出来上がる、というとんでもない実験を経て『ソフト・ブレティン』でポップスの桃源郷とでも言うべき境地にまで到達してしまったフレーミング・リップスの待望すぎる新作やっとこさ到着!以前から伝えられていた通り、ボアのヨシミ嬢からインスパイアされなおかつ彼女をフィーチャーした作品。サイケデリックはいつものことだけど、いつになくスペイシーでなM1を聴いた時点では「んん?ちと地味か?」と思いつつも、M2でその勘ぐりは浅はかだったと思い知る事に!エレクトロニカとここ数年のUSメジャー・ヒップホップとポスト・ロックが出会ったしまったかのような、ビートを持つこの曲ったら!トロけるよな極甘メロ&新フォーマットにいきなり昇天…。そしていよいよヨシミ嬢の登場となるM3。これもムームあたりのフォークトロニカとも聴こえなくない新境地。全体的な印象としては打ち込みが増えたなぁ…と。でもこれは否定的な受け取り方ではなく、むしろウェインの甘味なヴォーカルにはかなりマッチしてると言えるのでは、と思う。もう一つ感じたのはコーネリアスの『ポイント』に近い感触を覚えたという事(ライヴで共演もしてるせいか?)。出ドコロは180度違えど、こんなところで鉢合わせしてしまうなんてなんだか嬉しいかも!

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。