サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. ロック
  5. Wouldn't You Miss Me - Best Of

Wouldn't You Miss Me - Best Of

  • 発売日:2001/04/16
  • レーベル:Emi
  • カタログNo.:5323202
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Europe
  • フォーマット:CD

CD

Wouldn't You Miss Me - Best Of【CD】

Syd Barrett

ピンク・フロイドの初期中心人物であったシド・バレット。以前から精神不安定の状態にあったバレットは1969年ピンク・フロイドのツアー中に失踪。その一年後に突如復帰しソロ・ア...

もっと見る

Wouldn't You Miss Me - Best Of【CD】

1,512(税込)

ポイント :14pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Octopus (03:48)
  2. Late Night (03:14)
  3. Terrapin (05:03)
  4. Swan Lee (03:14)
  5. Wolfpack (03:45)
  6. Golden Hair (01:59)
  7. Here I Go (03:11)
  8. Long Gone (02:49)
  9. No Good Trying (03:25)
  10. Opel (06:26)
  11. Baby Lemonade (04:10)
  12. Gigolo Aunt (05:45)
  13. Dominoes (04:06)
  14. Wouldn't You Miss Me (03:00)
  15. Wined and Dined (02:56)
  16. Effervescing Elephant (01:53)
  17. Waving My Arms in the Air (02:07)
  18. I Never Lied to You (01:49)
  19. Love Song (03:02)
  20. Two of a Kind (02:35)
  21. Bob Dylan Blues - (previously unreleased) (03:14)
  22. Golden Hair - (TRUE instrumental) (01:50)

商品説明

ピンク・フロイドの初期中心人物であったシド・バレット。以前から精神不安定の状態にあったバレットは1969年ピンク・フロイドのツアー中に失踪。その一年後に突如復帰しソロ・アルバム『帽子が笑う・・・不気味に(The Madcap Laughs)』を発表。また同年に二作目の『その名はバレット(Barrett)を発表した。なおその後シド・バレットはパンク以降の70年代後半~80年代前半にかけてジュリアン・コープなどのネオサイケ勢やソフト・ボーイズのロビン・ヒッチコックといったところからリスペクトされ、大きな再評価を受けた。本CDはそんなシド・バレットの楽曲を集めたベスト盤。内向的で独自の美意識に彩られた狂気のラヴ・オング、あるいは後のロウファイ~宅録勢にも通じるストレンジなポップがぎっしり詰まっている。

アーティスト紹介

Syd Barrett

UKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築き上げたバンド、ピンク・フロイドの中心的存在として、幻想的で叙情的な作品を書き上げたシド・バレット。繊細すぎるその神経ゆえに彼の音楽人生は短くも散っていった。 UKプログレッシヴ・ロックの黄金期を築き上げたバンド、ピンク・フロイドの中心的存在として、幻想的で叙情的な作品を書き上げたシド・バレット。繊細すぎるその神経ゆえに彼の音楽人生は短くも散っていった。

シド・バレット、本名ロジャー・キース・バレットは1946年1月6日イギリスのケンブリッジで誕生する。あまり楽器に興味のなかったシド・バレットは15歳で初めてギター手にする。その後始めてのいくつかのバンドを経験したシド・バレットは、1964年の暮れにピンク・フロイドの母体であるシグマ(メンバーはロジャー・ウォータース(g後にb)、ニック・メイソン(ds)、リック・ライト(key)の3人にクライヴ・メトカーフ(b)、キース・ノーブル(vo)ジュリエット・ゲイル(vo))にロジャー・ウォータースに誘われボブ・クローズ(g)とともに参加することとなる。彼らが参加したことにより5人編成でピンク・フロイド・サウンドと名乗るようになり、クラブやパブに出演するようになる。当初はブルースやR&Bのカヴァーが主体だったが、やがてコード進行のみ決めて即興演奏を始めるようになり、新しいサウンドを模索し始める。こうした方向性に合わなかったボブ・クローズが脱退、4人編成となったバンドはバンド名をピンク・フロイドと短くし活動する。

実質バンドのリーダーとなったシド・バレットは徐々に作曲をするようになり才能が開花していく。UFOクラブでのライトショーやフィルムを使ったサイケデリックなステージが話題となり、’67年2月にEMIと契約、3月にはデビュー・シングル”アーノルド・レイン”をリリースした。この曲は歌詞が猥褻であることからBBCで放送禁止となるが、全英チャートで20位とまずまずのヒットを記録、6月リリースの2枚目のシングル”シー・エミリー・プレイ”は全英6位のヒットとなり、8月にはデビュー・アルバム『夜明けの口笛吹き』(Piper At The Gates Of Dawn)がリリースされた。全英6位まで上がるヒット作となったこのアルバムは、ほぼシド・バレットの手によって書かれたもので、この頃のピンク・フロイドは完全にシド・バレットのワンマン・バンドとなっていたという。

このアルバムをリリース後、一気に有名になってしまったバンドは初のアメリカ・ツアーを行うなどし生活が今までとは180℃変わってしまった。この生活環境に耐えられなくなり、精神のバランスを崩してしまったシド・バレットは次第にドラッグへ救いを求めるようになった。やがてドラッグへの依存が高くなり、失踪をしたり虚空を眺めたりなどの奇行が目立つようになったシド・バレットは’68年3月正式にピンク・フロイドを脱退する発表をしている。

バンド脱退直後の’68年、突然ソロ・アルバムの制作に取り掛かりレコーディングを始めた。このアルバムには制作中に見に行ったピンク・フロイドのライヴがきっかけでロジャー・ウォータースデイヴ・ギルモアも参加している。そうしてレコーディングされたソロ・アルバム『帽子が笑う不気味に』(Madcap Laugh)は’69年リリースされた。狂気との狭間で苦しみながら作られたこのアルバムは普通では考えつかない独特な音世界、からみつくような唯一無二の毒声に痛いぐらいに鋭い感性が光っていた。

’70年、早くもセカンド・アルバム『その名はバレット』(Barrett)を発表。精神への異常もさらに増していっている中でのアルバムは前作以上に不気味なサイケさを持っているが、前作同様にロジャー・ウォータースデイヴ・ギルモアがサポートをしている。ちなみに二人は後に、シド・バレットの精神状態はかなりのところまできていて奇行ぶりが凄すぎる為ついていくことができなかったと語っている。

この2枚のアルバムをリリース後シドはシーンから姿を消し故郷のケンブリッジに戻っている。その後の彼の生活については病死説、自殺説など様々な憶測が飛びかったが、はっきりしたことは分かっていない。そして2006年、奇しくもピンク・フロイドのDVD作品『P.U.L.S.E.』が発売された7月月上旬に帰らぬ人となった。



ディスコグラフィー

『夜明けの口笛吹き』
シド・バレット在籍時ピンク・フロイドの唯一のオリジナル・アルバム。サイケ風のスペーシーなエフェクトとビートの立ちっぷりが聴きモノ。なかにも殆どパンクと呼べるような曲も。

『帽子が笑う不気味に』
70年発表のソロ・デビュー作。狂気との狭間で苦しみながら作られたこのアルバムは普通では考えつかない独特な音世界、からみつくような唯一無二の毒声に痛いぐらいに鋭い感性が光っていた。

『その名はバレット』
自身の手による水彩画が印象的なソロ第2作にして最後のアルバム。このころの彼は精神的に崩壊寸前であったという。“Baby Lemonade”など名曲も多い。

『Pink Floyd And Syd Barrett Story』
シド・バレットの活動の歴史に焦点を当て、ファンの間で語られた伝説の全てをロジャー・ウォーターズ、デヴィッド・ギルモアらバンドメンバーが自ら明らかにしたドキュメンタリー作品。

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。