サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 『古代ギリシャの音楽』 グレゴリオ・パニアグワ&アトリウム・ムジケー

『古代ギリシャの音楽』 グレゴリオ・パニアグワ&アトリウム・ムジケー

  • 発売日:2000/07/25
  • レーベル:Harmonia Mundi
  • カタログNo.:HMA1951015
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:France
  • フォーマット:CD

CD

『古代ギリシャの音楽』 グレゴリオ・パニアグワ&アトリウム・ムジケー【CD】

驚異の超優秀録音で知られる伝説のアルバム!ずば抜けた優秀録音と独特の音響世界とで知られるハルモニアムンディ・フランスの大ベスト...

もっと見る

『古代ギリシャの音楽』 グレゴリオ・パニアグワ&アトリウム・ムジケー【CD】

1,663(税込)

ポイント :15pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

その他のバージョン

CD 古代ギリシャの音楽 グレゴリオ・パニアグヮ指揮アトリウム・ムジケー古楽合奏団 国内盤 発売日 : 2004/05/26 購入できません
CD 古代ギリシャの音楽: Paniagua 国内盤 発売日 : 1995/12/06 購入できません

商品説明

驚異の超優秀録音で知られる伝説のアルバム!

ずば抜けた優秀録音と独特の音響世界とで知られるハルモニアムンディ・フランスの大ベストセラー、もはや説明不要という名盤中の名盤「古代ギリシャの音楽」。アナログ盤初出時に、今は亡きオーディオ評論家長岡鉄男氏も絶賛していたあの録音です。(輸入元情報)

【当時の批評】
「SN比がよく、残響がすごく長く豊かで美しく、しかも直接音は鮮明で力強い。音像の輪郭は自然、定位も自然で、音場は3次元的に深く広い。はるか彼方に雀の声がきこえる。雀の声はアルバムを通して絶えず入っている。
Dレンジは圧倒的に広く、こんなに力感のある、厚みのある音はきいたことがない。ぞっとするほどの生々しさがある。こんな録音は通常の方法では不可能である。筆者の想像では、録音場所は、人里離れた修道院の、天井の高い礼拝堂、時間は早朝、マイクは2本、2トラックデッキ直結、リミッター、ドルビー、ミキシング等いっさいなし、というのを基本にしていると思う。とにかくすばらしい録音である。」 オーディオ評論家 長岡鉄男~1980年ステレオ誌11月号より抜粋

【収録情報】
● 序奏
● 「オレステース」のスタシモン
● コントラポリノポリスの器楽曲断片
● デルポイのアポロン讃歌 第1
● テクメッサの嘆き
● パピルス・ウィーン29825
● 太陽神への讃歌
● ミューズ(ムーサ)への讃歌
● ネメシスへの讃歌
● パピルス・ミシガン
● アエナオイ・ネフェライ(不断に流れる雲)
● セイキロスの墓碑銘
● パイアン,ベレルマンの無名氏
● ピュティア祝勝歌 第1
● パピルス・オクシュリンコス
● オクシュリンコスのキリスト教賛美歌
● ホメロスの讃歌
● パピルス・ゼノン・カイロ断片
● テレンティウス「義母」第861行
● 「道徳詩」第1歌 第11~12行(ミーニュ版教父全集37,523:f)
● デルポイのアポロン讃歌 第2
● パピルス・オスロ1413 A/B - 終奏


 アトリウム・ムジケー古楽合奏団
 グレゴリオ・パニアグワ(指揮)

 録音時期:1978年6月
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【主な使用楽器】
1.エピゴネイオン:40弦をもつ、古代ギリシャ最大の撥弦楽器。ひざの上に横向きに乗せ指ではじいて演奏する。
2.ディスコス:中央に穴のあいた金属板でできており、ひもで吊ったところをハンマーで打って音を出す。
3.マガディス:プサルデリオン属、リディア起源の撥弦楽器。10組の複弦をもち、指で弾奏される。
4.ロプトロン:木の輪に羊の皮を張り渡した、小型の軽快な太鼓。
5.プサルテリオン ここではプレクトロン(義甲)を用いず、指のみで弾くハープ形の弦楽器を広くさす。
6.クレセル:ガラガラ。柄のついた容器に堅い発音体を入れ、振って鳴らす。
7.テュンパノン:打楽器。両側に皮膜を張った円筒形の本体をもつ。ふつうディオニュソス祭祀のときに女性によって演奏された。
8.エケイオン:デーメーテールの祭祀で用いられる、シンバルの一種。
9.キタラ:古代ギリシャを代表する撥弦楽器。アマチュアの弾くリラにくらべ、キタラは職業音楽家の楽器とされ、共鳴胴も幅広く、音色もいっそう充実している。7弦が基本。調和、節度というアポロン的理想を表現する楽器とされる。
10.キュンバ:シンバル。ディオニュソスの祭祀で用いられる。
11.プラギアウロス:リビア起源の横笛。薄い皮膜を張った指穴を一つもつのが特徴。
12.キュンバリオン:小型のシンバル。
13.アウロス:もっとも代表的な管楽器。ふつう2本の管が一体を成し、それぞれにダブル・リードと4~15の指穴をもつ。鋭い音色によって、熱狂的なディオニュソスの世界を表現する。ディスクでは各種のアウロスが使い分けられている。
14.プサルティンクス キタラの一種。
15.キタリス:リラやフォルミンクスに似た、原始的な撥弦楽器。
16.セイストロン:シストルム。柄のついた馬蹄形の金属枠を振り、そこにはめこまれた金属片を打ち鳴らす。古代エジプトに由来し、多くの種類がある。
17.クロタラ:一種のカスタネット。内部をくり抜いた貝か木・金属の2片より成る。
18.トリゴノン:三角形の撥弦楽器。指またはプレクトロンで演奏される。
19.シリンクス:パンの笛。長さの異なる閉管の縦笛を高さの順に並べたもの。
20.フォティンクス:エジプトに起源をもつ、木製の横笛。
21.パンドゥーラ:3本の弦をもつ、長柄のリュート。トリコルドンとも呼ばれる。
22.サンビュケ:シリアまたはエジプトに起源をもつ、小ハープ形の弦楽器。弦は短く、音は弱い。
23.サルピンクス:まっすぐな管をもつトランペット。オリエント起源といわれる。
24.バルビトン:細長い形をした、リラの変種。リラより低い音を出し、プレクトロンで弾かれる。
25.モナウロス:1管のみのアウロス。
26.カノン:ピタゴラスが発明したといわれる、単弦の楽器。音程比の測定に利用された。モノコルド。
27.アスカウレス:バッグパイプ。
28.フォルミンクス:吟遊詩人によって演奏された、原始的なリラ。最古の弦楽器といわれる。
29.エリュモス:ニつの異なった長さをもつ、プリュギア地方のアウロス。左側の長い管が、角笛風に湾曲している。
30.クシュロフォノン:木琴。アプリア地方の飾りつぼに、梯子状の形が描かれている。
31.フュサリス:アウロスの一種。
32.ヒュドラウロス:水力オルガン。クテシボイスまたはアルキメデスの発明といわれる。パンの笛に水圧で風を送ったもの。
33.リラ(リュラ):キタラの単純化された楽器。演奏もずっと容易である。ふつう4弦か7弦。
34.ナブラス:プサルテリオン属の12弦の楽器。フェニキア起源。指で弾奏される。
35.ペクティス:マガディスによく似た、3弦の楽器。
36.カラモス:葦の茎で作ったアウロス。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。