サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大人の自由研究 ポイント5倍キャンペーン(~8/31)

Hoopla

  • 発売日:1999/08/03
  • レーベル:Tvt (tee Vee Toons)
  • カタログNo.:1970
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Hoopla【CD】

Speech

最近の音楽はどうもガチャガチャして落ち着かないと覆う人には、これを聴いてもらいたい。アレステッドが解散し、'96年に発表したソロ・アルバムでも幅広い年齢層に受けた。今作で...

もっと見る

Hoopla【CD】

2,689(税込)

ポイント :24pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Do You Know How 2 Get to Hwy 85? (Skit)
  2. Clocks in Sync With Mine (05:36)
  3. Hey Song (04:50)
  4. I Think Yin Is Having a Baby, But I Don't Know (Skit)
  5. Our Image (05:55)
  6. Movin' On (03:52)
  7. Which Radio Station Has the Guts (Skit)
  8. Mountain of Lonely (06:04)
  9. Are You Still With Me (Skit)
  10. Slave of It All (05:52)
  11. Leave a Message... Bye Bye (Skit)
  12. Sumtimes I Do (05:11)
  13. Yeah Yeah (05:14)
  14. Real Love (05:27)
  15. Shut Down Our Mind Machine (01:03)
  16. Fist Goes On (04:58)
  17. Redemption Song (06:14)
  18. If Life Is a River (04:27)
  19. Hey Song [Another Perspective][Mix] (04:17)

その他のバージョン

CD Hoopla 国内盤 発売日 : 1998/02/25 購入できません
CD Hoopla GER輸入盤 発売日 : 1999/09/27 購入できません

商品説明

最近の音楽はどうもガチャガチャして落ち着かないと覆う人には、これを聴いてもらいたい。アレステッドが解散し、'96年に発表したソロ・アルバムでも幅広い年齢層に受けた。今作でもシンプルな音、彼の全く気張らない語り、そしてライムの中の彼の哲学が聴き手の気持ちをEasyにさせてくれる。

アーティスト紹介

Speech

Arrested Devlopmentの中心的存在として活躍したSpeechは、短い期間に栄枯盛衰を経験し、ソロ活動へ。移り変わりの激しいヒップホップ・シーンを、スピリチュアルな歌詞とソングライティング能力でかろうじて潜り抜けてきた。ソロとしては「Speech」、「Hoopla」、「Spiritual People」、「Down South Productions」をリリース。日本での人気は根強い。

昨年、待望の再結成が実現し、ミニ・アルバム「Da Feelin'」に続くフル・アルバム「The Heroes Of The Harvest」で、2001年という記念すべき年に完全復活を果たしたスピーチ率いるヒップ・ホップ集団、アレステッド・ディヴェロップメント

ジョージア州アトランタで、ラッパー兼ヴォーカリストのスピーチを中心に、楽器からダンスまでこなすラサ・ドン、ダンサー兼ヴォーカルのイーシー、スピリチュアル・アドヴァイザーのババ・オジェ等6人で結成されたA.D.は、ギャングスタ・ラップが猛威を振るっていた当時のシーンで、生楽器を多用したスムースなサウンドと根源的でポジティヴな歌詞が”オルタナティヴ・ヒップホップ”としてメディアに大きく取り上げられた。’92年4月、その衝撃的なデビュー・アルバム「3 Years 5 Months And 2In The Life Of...(テネシー~遠い記憶)」(その意味はA.D.が結成してからレコード会社と契約を交わす日までに費やした日数らしい)から、後にソロ・デビューを果たすディオンヌ・ファリスをフィーチャーした1stシングル「Tennessee」がR&BチャートでいきなりNo.1を獲得(ポップ・チャート最高6位)、続く2ndシングル「People Everyday」も同2位というビッグ・ヒットとなり、アルバムも全世界で700万枚以上のセールスを記録するという、ヒップホップ史上類を見ない大成功を収める事となる。翌年のグラミー賞でもベスト・ニュー・アーティスト、ベスト・ラップ・パフォーマンスの2部門で受賞、同じくアメリカン・ミュージック・アワードでも同様の賞を獲得、一躍”時代の寵児”となった。

同年、スパイク・リー監督、デンゼル・ワシントン主演の映画「マルコムX」のエンディング・テーマ「Revolition」を手掛けて話題となったA.D.は同じくその年に、ヒップホップ・アーティストでは初となるMTVのアンプラグド盤をリリース。主流となっていたサンプリングを敢えて排除し、彼等の持ち味でもあるバンド・スタイルで見事な音表現を実現させた本アルバムは、その後のシーンに多大なる影響を与える事になる。’93年当時にはメンバーもさらに増え、こちらも後にソロ・デビューするローネイやナディラもステージに加わっていた。

翌’94年には、スワヒリ語で”蜜蜂の巣のような文化”を意味する2ndアルバム「Zingalamaduni~踊る大地」を発表。彼等のルーツでもある人間としての信念や民族の尊厳、女性の秘めた力といった精神性がより明確に表現されたアルバムで、そのメッセージ性とメロディアスなラップ・スタイルの融合は、彼等の最大の魅力として確実に浸透していった。シングル「Ease My Mind」を随えたワールド・ツアーで同年11月、始めて日本の土も踏み、その知名度は確固たるものとなるが、グループは翌’95年には活動を休止、突然の解散という道を辿る事となる。

ソロの道を歩み始めたスピーチは、まず、マーヴィン・ゲイの没後10周年に企画されたトリビュート・アルバム「Inner City Blues」に、マーヴィンの永遠の名曲のカヴァー「What's Going On」を取り上げ、これをサンプリングした「Like Marvin Gaye Says」である意味、グループの柵から解放されたそのソウル・マンぶりに新たな方向性を見出したかのようだった。時を置かずして’96年始めにはソロ第1弾となるアルバム「Speech」を発表する。生楽器とサンプリングの絶妙なバランスが生み出したこの傑作は、A.D.解散の衝撃を埋めるに充分なものだった。

それから2年後の’98年、スピーチはソロ第2弾となる「1998 Hoopla」を発表。ワン・ヒット・ワンダーだったロック・バンド、チノン・ブロンズのカヴァー「The Hey Song」を取り上げ、ポップ・ロック・ファンにも注目されるきっかけとなった。勿論、ファンキーかつフォーキーなスピーチ・サウンドは、包容力ある彼のヴォーカルと相俟って、R&B/ヒップホップ・ファンのさらなる支持も獲得。シングルでは「Movin' On」が日本でも大ヒットとなった。

そしてニュー・ミレニアムを迎えた昨年、3rdアルバムとなる「Spiritual People」を発表。本国では今だ陽の目を見ないこのアルバムは、そのポップ性も要因となって、日本では爆発的なセールスを記録。ラッパー、シンガー、そしてメロディ・メイカーとしてスピーチは確固たる地位を築くに至った。

ソロとしての成功も手中にしたスピーチが当時語っていたように、”僕たちが分裂してしまったのは、あの頃はまだみんな子供だったから、有名になってしまった事から明日が見えなくなってしまい、例えば近い未来=21世紀、僕らがどうあるべきか...なんて事はまるで見えていなかった”と....。そんな思いが自ずからアレステッド・ディヴェロップメント再結成への情熱に傾けられたのであろう。21世紀の完全復活を目指し、昨年9月、ミニ・アルバム「Da Feelin'」で遂にA.D.はオリジナル・メンバー4人で再スタートを切り、今年待望のフル・アルバム「The Heroes Of The Harvest」を日本先行でリリース。ファンの期待を遥かに超えた傑作、そう断言しても決して過言ではない。もう彼等には迷いはない。その固い絆がある限り。

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。