サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

Pianism

  • 発売日:2002/11/21
  • レーベル:徳間ジャパン
  • カタログNo.:TKCA72451
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:日本
  • フォーマット:CD

CD

Pianism【CD】

三柴理

『稀代の職人ピアニスト、 三柴 理が丹誠込めて創り上げた逸品』新作のタイトルが“Pianism”に決まったと聞いたとき、私は思わず嬉しくなってしまった。三柴理氏にとってま...

もっと見る

Pianism【CD】

2,700(税込)

ポイント :25pt

CDをカートに入れる

ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. overture
  2. 大江戸捜査網 テーマ
  3. 森の妖精
  4. 上半身girl
  5. ふたり
  6. 沈める寺
  7. サンフランシスコ

商品説明

『稀代の職人ピアニスト、 三柴 理が丹誠込めて創り上げた逸品』
新作のタイトルが“Pianism”に決まったと聞いたとき、私は思わず嬉しくなってしまった。

三柴理氏にとってまさに最愛の楽器であるピアノを主題とした作品集は今や伝説とも言える『ピアノのなせる業と神髄』(1996)以来のものだし、今作がデビュー15年の節目を飾る1枚ということを考えると、これ以上のタイトルはありえないだろう。

しかも、今回は全曲においてウィーンが生んだアコースティックピアノの至宝、ベーゼンドルファーを使用し、人工的な残響処理も排した録音方法を採っているという。
期待は高まるばかりだ。

そして届けられたアルバム。まさにピアニスト/作曲家としての円熟ぶりが伝わってくるような仕上がりに、待った甲斐があったなと、また嬉しくなってしまうのだ。
おなじみ「大江戸捜査網」、高度な技巧が冴えわたる初期の作品「上半身girl」、ピアノ・コンチェルト的な「overture」など、どの曲も実に深い。さらに、三柴氏の解釈によるクラシックの有名曲が聴ける「沈める寺」は、楽曲にまつわる伝承通りの鐘の音が聞こえてくるような重厚さに圧倒される。

この曲はドビュッシーの前奏曲集から選ばれたものだが、例えば、もっとポピュラーな(なんていったら愛好家の皆さんに怒られるけど)ベートーヴェンの3大ソナタなら、ショパンのプレリュードなら、どんなふうに弾きこなすのだろう?と新たな興味も湧いてくる。

一方で打ち込みのリズムを取り入れた「ふたり」、ロマンティッな「森の妖精」などに見られるメロディの美しさも、とても三柴氏らしい。
さらに、ラストを飾る「サンフランシスコ」は、ご存じ筋肉少女帯の名曲を横関敦氏の強烈なギターを迎え、インストゥルメンタルとして再演したもの。

エディこと三柴江戸蔵として1980年代末、シーンに現れたときの衝撃が蘇るようだ。
聴き終えたとき思わず、包丁一本サラシに……じゃないが「ベーゼン1台サラシに巻いた(巻けないけど)紋羽織姿の三柴理」を思い浮かべてしまった。

超絶的な技巧をその手に、クラシック、リラクゼーション、歌謡曲、ヘヴィメタル、パンクまでさまざまなフィールドを渡り歩き、しかもそのすべてにおいて真っ向勝負できる希有なピアニスト。
『Pianism』は、そんな腕の立つ仕事人の如き三柴理が丹誠込めて創り上げた味わい深い逸品なのだ。



三好聡/リットーミュージック

アーティスト紹介

三柴理

キャリア

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。