サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

Ten New Songs

  • 発売日:2001/10/09
  • レーベル:Columbia
  • カタログNo.:CK85953
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Ten New Songs【CD】

Leonard Cohen

渋舵いっぱーーい!詩人であり、小説家であり、ソングライターであり、歌い手でもあるレナード・コーエンの、実に9年振りとなる新録ALBUMがリリース。サラリと心地良い声の持ち...

もっと見る

Ten New Songs【CD】

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. In My Secret Life (04:55)
  2. Thousand Kisses Deep, A (06:29)
  3. That Don't Make It Junk (04:28)
  4. Here It Is (04:18)
  5. Love Itself (05:26)
  6. By the Rivers Dark (05:20)
  7. Alexandra Leaving (05:25)
  8. You Have Loved Enough (05:41)
  9. Boogie Street (06:04)
  10. Land of Plenty, The (04:35)

その他のバージョン

CD Ten New Songs AUS輸入盤 発売日 : 2001/10/12 購入できません
CD Ten New Songs UK輸入盤 発売日 : 2003/06/02 1~3日
CD Ten New Songs 国内盤 発売日 : 2001/12/19 購入できません

商品説明

渋舵いっぱーーい!詩人であり、小説家であり、ソングライターであり、歌い手でもあるレナード・コーエンの、実に9年振りとなる新録ALBUMがリリース。サラリと心地良い声の持ち主の女性ヴォーカルを迎え(多分ジャケの人)、コンテンポラリーな音をバックに、コーエンの低音の効いた太い声が映えまくった「THIS IS ロマンスグレイ!」なアルバム。「ぼくもいずれねんりんをかさねてこういうおきなになってしぶいこえをだしてたばことおさけがにあうあるばむつくってみたいなあ」とふと思ってしまいました。女性vo.との絡みが素敵なコンテンポラリーソングM1やTOM WAITSにも似た感じのM3がスバラシイ!

アーティスト紹介

Leonard Cohen

1934年生まれ、2016年11月10日死去。カナダ・モントリオール生まれのレナード・コーエンはユダヤ人の中流家庭に育ち、少年時代からギターに勤しむ。学生時代には英文学を専攻し、1956年に最初の詩集を出版している。63年の『Favorite Games』と66年の『Beautiful Losers』が傑作として認められ、詩人/小説家として・・・

1934年生まれ、2016年11月10日死去。

40年以上の長きにわたって、詩人/小説家/シンガー・ソングライターとして活躍してきたレナード・コーエンは不当に過小評価されているアーティストである。

しかし、それは日本においての話だ。特にイギリス、フランスでの人気はちょっとしたもので、アルバムを出せば必ずと言ってよいほどトップテンにチャート・インする。ポーランドでは毎年<レナード・コーエン・フェスティヴァル>なる催しが行われ、相当数の集客を誇っている。

若い音楽リスナー向けのエピソードを書くとしたら、ニルヴァーナのラスト・アルバム『イン・ユーテロ』収録のナンバー"ペニー・ロイヤル・ティー"に尽きるだろう。故カート・コバーンは同曲のなかでこう歌っている。

"棺の中でレナード・コーエンを聴かせてくれ/そうすれば永遠に嘆いていられる"

1934年、カナダ・モントリオール生まれのレナード・コーエンはユダヤ人の中流家庭に育ち、少年時代からギターに勤しむ。学生時代には英文学を専攻し、1956年に最初の詩集を出版している。63年の『Favorite Games』と66年の『Beautiful Losers』が傑作として認められ、詩人/小説家として高い評価を獲得し成功を収めた。

そんなレナード・コーエンがミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる切っ掛けとなったのはフォーク・シンガー、ジュディ・コリンズが歌った"スザンヌ"だった。レナード・コーエンのぺンによるこの曲は66年発表のアルバム『イン・マイ・ライフ』に収録されていた。シングルカットされた同曲はラジオでヘヴィ・ローテーションされる人気ナンバーとなる。このシングルがヒットしたことによりジュディ・コリンズレナード・コーエンにミュージシャンへの転向を強く奨めた。そうした経緯もあってレナード・コーエンは68年にコロンビアから『レナード・コーエンの唄』をリリース。ミュージシャンとしてのデビューを飾ったのであった。

デビュー作『レナード・コーエンの唄』、続く『ひとり、部屋に歌う』がいずれも高評価を受ける。それらに収録された作品は数多くのアーティストによってカヴァーされ、ミュージシャンとしても確固たる地位を獲得した。その後も寡作ながら地道に活動を続け、高水準の作品を生み出し続けている。

ジョニ・ミッチェルをはじめ、数々の女性と浮き名を流したレナード・コーエンだけあり、彼の作品には女性をテーマにしたものが多い。女性と神を崇拝している彼は、自身の曲の中で宗教とセックスの神秘について歌っているのだ。

こう書くとなんだか小難しい音楽のようにも思われてしまうかもしれないが、レナード・コーエンの作品はとてもポップで、親しみやすいものが多い。太くて低く、ボソボソとしたつぶやき系のヴォーカルに好き嫌いがハッキリと分かれるかもしれないが、彼の作品は眩暈がするほど美しい。前述した"スザンヌ"や、数多くのアーティストにカヴァーされた"電線の鳥"(Bird On A Wire)などはその最たる例だろう。

レナード・コーエンの溢れる才能を確認することが出来る作品は他にもいくつもある。特にジェニファー・ウォーンズが87年に発表したアルバム『フェイマス・ブルー・コート』は「レナード・コーエンを歌う」という副題の通り、全編レナード・コーエンの作品で占められている。このアルバムにはユースケ・サンタマリアと菅野美穂が主演したテレビ・ドラマ『アルジャーノンに花束を』の主題歌に起用された"ソング・オブ・バーナデット"が収録されている。ジュディ・コリンズにもレナード・コーエンの作品のみで構成された『シングス・レナード・コーエン』というアルバムがあるので、ぜひ聴き比べしてみて欲しい。

レナード・コーエンは同世代のアーティストだけでなく、オルタナティヴ世代のアーティストからもリスペクトを集めている。先に書いたニルヴァーナREMはその代表的なバンドだ。彼らの内省的な表現の端々にレナード・コーエンの影響を認めることができる。

トム・ウェイツにも通じるそのシブい声もレナード・コーエンの魅力のひとつだ。この太くて低い声でもって口説かれてオチない女性など果たして存在するのであろうか?

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。