サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

Van Halen

  • 発売日:2000/09/19
  • レーベル:Warner Brothers
  • カタログNo.:2.47737
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Van Halen【CD】

Van Halen

ヴァン・ヘイレンの衝撃のデビュー・アルバム。当時、新人としては異例の150万枚というセールスを記録。そうしたセールス面での成績は、デイヴ・リー・ロス時代に限れ...

もっと見る

Van Halen【CD】

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

曲目

ディスク1
  1. Runnin' With The Devil
  2. Eruption
  3. You Really Got Me
  4. Ain't Talkin' Bout Love
  5. I'm The One
  6. Jamie's Cryin'
  7. Atomic Punk
  8. Feel Your Love Tonight
  9. Little Dreamer
  10. Ice Cream Man
  11. On Fire

商品説明

ヴァン・ヘイレンの衝撃のデビュー・アルバム。当時、新人としては異例の150万枚というセールスを記録。そうしたセールス面での成績は、デイヴ・リー・ロス時代に限れば’83年リリースの全米大ヒット・アルバム、『1984』に軍配が上がるが、やはり当時のハード・ロック・シーンへの影響度(もちろんエディ・ヴァン・ヘイレンの超絶テクニカル・ギターが主軸)やリスナーへの出会い頭的ショックを考えた場合、このファースト(邦題『炎の導火線』)をまず、ここで取り上げることにした。

1.RUNNIN’ WITH THE DEVIL
邦題「悪魔のハイウェイ」が示す通り、クルマのクラクションを引き伸ばしたようなフレーズで記念すべきデビュー作は始まる。エディ・ヴァン・ヘイレンのセンスが光るバッキングには当然耳が行く。ハーモニクス的なオブリガートなども交え、引き摺るような曲調は更に進んでいき、そして短めのギター・ソロだ。
2.ERUPTION
イントロからして驚かせる驚異のテクニックを誇るエディのギター。ここでのタッピング~ライト・ハンド奏法は中世の雰囲気まで感じさせる。このロック・ギターの常識を打ち破った奏法がのちのギタリストに与えた影響は計り知れない。
3.YOU REALLY GOT ME
最近では某自動車会社のCF曲として使われ、再び注目を浴びることとなった、ご存知キンクスのカヴァー、「ユー・リアリー・ガット・ミー」。オリジナル、そしてこのヴァージョンと、共に永遠に記憶に残る名演だ。これに影響を受けた(?)か、キンクスも後のライヴで負けないほどハードなヴァージョンでプレイした。
4.AIN’T TALKIN’BOUT LOVE
イントロが激かっこいい超名曲。ここでのデイヴ・リー・ロスのヴォーカルが異常に生き生きして聞こえるのは、私だけでしょうか?エディのギターは勿論かっこいい。やや抒情的なフレーズとパワフルさの両方を持ったサウンドだ。
5.I’M THE ONE
アップ・テンポのハードなロックンロール・ナンバー。どの曲でもそうだが、非常にドライヴ感、ライヴ感を大事にしたサウンドに仕上がっている。特にこの曲のノリ方はスゴイ。リズム隊も頑張っているが、何故か、エディのギターが全体を引っ張ってるような気がするというと、二人に失礼でしょうか。
6.JAMIE’S CRYIN’
ちょっと変わったグルーヴを持った曲調。当時流行ったレゲエあたりのリズムを意識しているのだろうか?この曲でもエディのセンス溢れるバッキングが堪能できる。今の耳で聴いても発見の多い演奏だ。
7.ATOMIC PUNK
掻き鳴らされる印象的な不可思議イントロ・ギターに始まり、曲はアップテンポなハード・ロックへ。やはりアンサンブルのノリがスゴイ。ゴリゴリしたベースも活躍。危機感迫る曲調に合わせるデイヴ・リー・ロスのヴォーカルが頑張ってる。
8.FEEL YOUR LOVE TONIGHT
キャッチーなリフから始まる、ヴァン・ヘイレン一流のハードなロックンロール。天然ショウビズ男、デイヴにはやはりこうした曲調がよく似合う。『1984』で爆発するヴァンヘイレンのキャッチーさを象徴したようなナンバー。コーラスも雰囲気。
9.LITTLE DREAMER
重めのリフに耳を奪われるヘヴィ・ナンバー。延々とシンプルなバッキングに徹していたエディのギターが時に爆発。しかし、飽くまでブルースの如く仕上げるところがシブイ。
10.ICE CREAM MAN
アコーステイック・ギターとデイヴのヴォーカルだけのアンプラグド状態(!?)から、いきなりの大ロックンロール大会。彼らのルーツというか、LAに育った者のショウビズ魂というか、そういうものを感じずにはいられない。エディのギター、すご。
11.ON FIRE
ラストはヴァン・ヘイレンならではの、メタリックな爽快さを持った曲でシメ。もう何度言ったか知れないが、エディの超絶ギターはもう、ここへ来て暴れ放題!

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。