サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

Workpoints

  • 発売日:2005/05/10
  • レーベル:Cuneiform
  • カタログNo.:RUNE213
  • 組み枚数:2枚
  • 発売国:USA
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

Workpoints【CD】 2枚組

Graham Collier

英国ブリティッシュジャズ・シーンが誇るベーシスト、作編曲家、グラハム・コリア。彼ほど日本のジャズシーンでアンダーレイテッドなミュージシャンもいないだろう。“ブリティッシュ...

もっと見る

Workpoints【CD】 2枚組

4,741(税込)

ポイント :43pt

現在お取り扱いができません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

英国ブリティッシュジャズ・シーンが誇るベーシスト、作編曲家、グラハム・コリア。彼ほど日本のジャズシーンでアンダーレイテッドなミュージシャンもいないだろう。
“ブリティッシュジャズのチャールス・ミンガス”というのは、UKジャズファンからは叱られるかもしれない。“ブリティッシュジャズのグラハム・コリア”ですと。

本作は2000年以降、急速に評価を高め、ジャズクラブ・シーンからも別の意味で注目を浴びる「ブリティッシュ・ジャズ」の多くの作品群の延長線上に位置する「完全未発表ライヴ音源」を2つ収録したCD2枚組。そして、驚くのは当事の(68年3月、75年8月)状況を超えて、両時代の最良のアメリカのジャズを超えたクリエイティビティを持っていることだ。
1968年、コルトレーンの死後半年過ぎの状況におけるこのバンド「Workpoints」は、ギル・エヴァンスが70年代初頭にたどり着く境地を一定程度凌駕している。ケニー・ホイーラー、ハリー・ネケット、ヘンリー・ロウサーというトランペット陣、さらに、ジョン・サーマン(ba,ss,fl,p!)を初めとした英国有数の俊英が終結、密度の高いアンサンブルの切れ目から創造力溢れるソロを送って来る。

一方の1975年8月ベルギーで行われたライヴ録音は、Harry Becket(tp,frh)Art Themen(ts,ss)Ed Speight(g)Roger Dean(p,el-p)Graham Collier(b)John Webb(ds)のセクステットの演奏となる。

コリアはこのあとのデケイド、1984年に伝説のバンド、Loosetubesを結成、「ミンガス・ワークショップ」に匹敵するクリエイティブな俊英たちを輩出する。
1937年生まれのコリア、経済的な成功に関わらず、1960代から40年近くにわたって創造的な活動を続け、ブリティッシュ・ジャズシーンを牽引し続ける“真のクリエイター”の忘れがたい瞬間を記録した驚愕の発掘盤だ!

特にDisc 2におけるジョン・ウエッブの粗野といってもいいな暴れドラムをバックに飛翔するハリー・ベケットのオープ・トランペットには70年代中盤、マイルスが捨て去ったトランペットでのスリルを保持している。
さらに続くアート・シーメンも決定的な演奏をアルバム単位で残していないとはいえ、ブリティッシュ・ジャズのトップ・プレイヤーとしての実力を証明するソロを聞かせる。ロジャー・ディーン(p)との掛け合いも素晴らしくスリリング。アルバム単位で残された70年中盤最高の演奏のひとつだ。


Graham Collier (double bass); Ed Speight (guitar); Dave Aaron (flute, soprano saxophone, alto saxophone, tenor saxophone); John Surman (bass clarinet, soprano saxophone, baritone saxophone, piano); Karl Jenkins (oboe, soprano saxophone, baritone saxophone, piano); Art Themen (soprano saxophone, tenor saxophone); Harry Beckett, Henry Lowther, Kenny Wheeler (trumpet, flugelhorn); John Mumford (trombone, cowbells); Mike Gibbs (trombone); Roger Dean (piano, electric piano); Frank Ricotti (vibraphone, bongos); John Marshall, John Webb (drums). Recording information: Southampton, England (03/1968); Middleheim, Belgium (08/1975)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

ジャズ ランキング

ジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。