サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. Music
  4. クラシック
  5. 交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&スウェーデン放送響

交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&スウェーデン放送響

  • 発売日:2005/03/26
  • レーベル:Daphne *cl*
  • カタログNo.:DAPHNE1023
  • 組み枚数:1枚
  • 発売国:Sweden
  • フォーマット:CD
  • 国内送料無料

CD

交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&スウェーデン放送響【CD】

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

ついに復活! 優秀なライヴ録音!スヴェトラーノフの『レニングラード』1993年、スウェーデン放送響とのライヴ!名高いライヴ録音が待望の復活です。以前、ヴァンガード・レーベ...

もっと見る

交響曲第7番『レニングラード』 スヴェトラーノフ&スウェーデン放送響【CD】

3,337(税込)

ポイント :30pt

CDをカートに入れる

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ついに復活! 優秀なライヴ録音!
スヴェトラーノフの『レニングラード』

1993年、スウェーデン放送響とのライヴ!
名高いライヴ録音が待望の復活です。以前、ヴァンガード・レーベルからリリースされた際には、90年代のスヴェトラーノフならではの貫禄たっぷりの巨大演奏に圧倒された人が続出して大きな評判となったのですが、ほどなく廃盤となってしまったため、最近のオークションなどでは、出品される度に数万円(!)の高値が付けられる事態まで招いているという注目度抜群の演奏です。
 今回は、音源所有国スウェーデンのレーベル、ダフネ(Daphne)からのリリースで、北欧にありがちな高めのレギュラー価格、しかも商品供給力があまり強いとはいえないマイナー・レーベルながら、通常のルートに載ったことは何よりの朗報といえるでしょう。
 演奏は当時の評判通りの素晴らしいもので、まずスウェーデン放送響の健闘ぶりに驚かされます。北欧のオケというと、どうしてもスッキリ小味なサウンドを思い浮かべがちですが、ここでの彼らは、まるでスヴェトラーノフ指揮するロシア国立響のように強大なトゥッティと凄みのある低音を響かせてくれているのです。スウェーデン放送の録音技術が優秀なことも幸いし、終楽章コーダにおける壮絶な大太鼓や、最後の“スヴェトラーノフ・クレッシェンド”にはまさにド肝を抜かされます(スヴェトラーノフ本人のうなり声もけっこう聞こえてくるのがご愛嬌)。その凄まじい音響を見事に捉えきった録音の良さも重要なポイントで、全曲の白眉といえるこの箇所をなおさらに引き立てます。
 まさにスヴェトラーノフならではの名演ですが、それもスヴェトラーノフがこのオーケストラを気に入り、頻繁に指揮して楽員の心を掴んでいたからでしょう。

 スヴェトラーノフにはほかに『レニングラード』の録音が3種類(1968・1978・1995)ありますが、全体の設計の見事さと録音の優秀さという点では、このスウェーデン放送響盤が最も優れているものと考えられます。

・ショスタコーヴィチ:交響曲第7番『レニングラード』
 スウェーデン放送交響楽団
 エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)

 1993年9月、ストックホルム、ベルワルド・ホールでのライヴ録音(デジタル)

特典・視聴・HMVユーザーレビュー

特典・視聴・HMVユーザーレビューを見る

  • リンク先はHMVのサイトとなります。

クラシック ランキング

クラシックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

※ 一部の商品はHMVより販売業務の委託を受けています。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。